韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本人の高収入職業トップ10・・・中国人が意外に感じたのは?

日本人の高収入職業トップ10・・・中国人が意外に感じたのは?

中国メディア・今日頭条は13日、日本の高収入職業ベスト10を紹介する記事を掲載した。あくまで参考程度のランキングではあるが、中国の一部ネットユーザーは「あの職業が入っていない」との疑問を抱いたようだ。

記事は、さまざまな職業の平均給料について月収換算で10位から紹介。10位はJリーグ選手で175万円だった。9位は新聞社の主筆で183万円、8位はプロゴルファーで204万円、7位は棋士で334万円、6位がライトノベル作家で505万円、5位が作家で616万円となっている。4位とされたのは、なんと天皇陛下。そもそも天皇陛下は職業ではなく給料も出ないが、日本国内のサイトが皇室の予算などから算出した675万円という推定額を示している。そして3位はユーチューバーで747万円、2位は騎手で1175万円、栄えある1位は野球選手で1395万円と紹介された。

プロ野球選手の平均年俸は4000万円弱と言われており、これを月収に換算すると333万円となる。2位の騎手についても、中央競馬騎手の平均年収が1000万円程度とされており、このことからも記事が示した数値と順位はあまり、いや、かなり当てにならないことが分かる。ただ、一流のプロスポーツ選手が高い収入を得ているという点は間違いないだろう。

記事を読んだネットユーザーからは「この職業が入っていない」というコメントが複数寄せられている。政治家、力士のほか、最も多く見られたのは「AV女優」だった。「AV産業は、日本経済の屋台骨となる重要な支柱産業である」という認識が一部の中国ネットユーザの中にはあるようだ。
http://news.searchina.net/id/1633716?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
ユーチューバーと呼ばれるのは、『YouTubeパートナープログラム』による収入だけで、生活ができる人のことを言うが、個人的にはこちらの方が気になる。ユーチューバーの代表格にして、日本でのパイオニア的存在で、2016年の年収が1億~2億円と言われる。キッズライン♡Kid's Lineの2016年の推定年収は、5,000万円~1億7,000万円、チャンネル開設から4年で累計再生回数は20億回を超えるという。グーグルがユーチューブの広告費を数十分の一に変更したのが、つい数年前ですから、それでも稼ぐ人は稼ぐという事でしょう。チャンネル開設から2016年12月までの期間での収入ということであれば、ダントツ1位がピコ太郎氏だそうで、チャンネル開設は、2016年8月23日で動画数も20以下にもかかわらず、たった4か月でのYoutubeでの推定収入は約8,000万円と言われる。

16億5000万ドルで「YouTube」を買収したGoogle。一方で、YouTubeのライバルともいえる映像サービス「Google Video」も自身で運営している。買収理由として、Google VideoがしようとしていることとYouTubeがしようとしていることは重なる部分がある。両者とも技術的なことや法律的な部分などを研究し、チャレンジしている。同じこと新しい事を実施する人たちが両方の会社にいるが、方向が同じならばということの様だ。しかし日本でも、ブロガーや動画あるいは写真投稿などなどで活躍する人たちは多いが、一握りとはいえ高収入を得ている人も多いという事だ。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年04月15日 11:25 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL