韓国経済.com

韓国経済ニュースを詳しく説明するサイトです。韓国経済崩壊ニュースや、TVでは報じられない韓国経済ニュースもご紹介いたします。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本のどこが「資源が乏しい国」なのか・・・メタンハイドレート商業化へ

日本のどこが「資源が乏しい国」なのか・・・メタンハイドレート商業化へ

日本は天然資源が乏しい国と認識されてきたが、日本を取り囲む海の底には非常に膨大な規模の資源が存在することがわかっている。レアアースのほか、メタンハイドレートの埋蔵も確認されているが、低コストで採掘するための商業開発はまだハードルが高いとされている。

だが、中国メディアの中国高新技術産業導報が10日付で掲載した記事は、日本が海底に存在するメタンハイドレートの商業開発に向けて「ラストスパートをかけている」と伝えている。メタンハイドレートは、低温かつ高圧の状態で水分子がメタン分子を包み込む形で組成された固体結晶であり、見た目は氷のようだが火をつけると燃えるため「燃える氷」とも呼ばれる。

記事は日本の排他的経済水域(EEZ)の海底に、日本国内の100年分のLNG消費量と同じ量のメタンハイドレートが存在していると紹介、またメタンハイドレートの商業開発に向けて約50社の日本企業が連携し、海底掘削技術の開発スピードを加速させるための専門組織を立ち上げることになったと説明した。


スポンサードリンク


また、日本政府は2001年から2018年までの長期開発計画を制定したが、現在はその計画の最終段階にあり、商業開発に向けて基礎技術を固めるために「ラストスパートをかけている」と指摘、メタンハイドレートの2回目の海洋産出試験を行い、1カ月間連続で安定した生産ができるようであれば、今後の研究開発を民間企業に引き継がせる計画でいることを紹介した。

約50社の日本企業が連携して立ち上げる専門組織には日本政府も協力し、2023年以降のメタンハイドレート商業化を目指している。この計画が順調に進むようであれば、最短で6年後には日本は安定した新しいエネルギー源を手にすることになる。
http://news.searchina.net/id/1633723?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
日本周辺の海底に眠るエネルギー資源として、メタンハイドレートへの注目が高まっているのは事実。政府のメタンハイドレート開発 PJ はすでに第 2 フェーズを迎え、2018(平成 30)年には商業化に向けた準備を終える予定になっている。 しかしメタンハイドレートはその埋蔵量も部分的に推定されている段階で、産出技術の確立もまだ途上にある。ましてやコストについてはさまざまな仮定条件に基づいて試算するしかないため、その評価もポジティブなものからネガティブなものまで極端に差がある。

日本近海に豊富にあると言われる メタンハイドレートであるが、そもそもどのくらいあるのか、端的にいえば日本のエネルギー需要をどの程度賄えるのか、実はまだっきりしたことは分かっていない。マスコミ等でも「100 年分」「いや地中から噴出しているから無尽蔵」とさまざまな見解が述べられているが、現段階で資源量調査がなされ、ある程度埋蔵量の目安がはっきりしているのは東部南海トラフ海域の原始埋蔵量(単純に “地下に埋まっている量” で、技術的に採掘可能な量とは異なる)が 1.1 兆㎥ということである。これをLNG に換算すると約 8.4 億 t となる。

とはいえ、まだまだ高いハードルがあるわけで、現在、メタンハイドレート について積極的な開発を進めているのは日本くらいで、将来化石燃料の供給が逼迫してくれば多くの国が自国海域に眠るメタンハイドレート資源に目をつけてくるのではと考えるが…。そうなった時に頼れるのは日本の採掘技術ということになれば、メタンハイドレートという資源だけではなく、採掘技術というもう一つの強みも持つことが可能となるが…。



お勧め記事

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月16日 11:03 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(5)
このアドバンテージはデカイ
メタンハイドレートの採掘には非常に高い技術的ハードルがあり、日本が世界に先駆けてこの技術を獲得し商業生産に目処をつけることが出来れば、巨大なアドバンテージを手に入れることになる。
[ 2017/04/16 13:59 ] [ 編集 ]
埋蔵量は未知数とは云うものの..
メタハイを資源として利用出来る、
そんな技術を、 早いトコ 「モノ」 に
して欲しいですなぁ。

エネルギー資源もだけど、マンガンノジュ
ールなんつう鉱物資源も有るみた
いやし、 そんなんが、 じぇ~ん
ぶ採掘可能になって、 商業ベース
にのったら、 これまで海外に支
出ていた資金が国内に残る、 う
まく行けば逆に外貨を稼げるカモ
知れない、 いやぁ~、 ワクワクして
しまいます。 今んトコ 「捕らぬ狸
のナンチャラ」 っすけど。 ホンマ、 これ
らの技術を確立でけたら、 プラン
ト輸出やらロイヤリティーやら、 ガバガ
バ儲かりまっせ? 出ていた金
が逆に入って来るんやから。

 いったい、 石炭、 石油、 天然
ガスなんかの輸入に、今はどの位
掛かっているのやら、 馬鹿だか
ら知らんすけど。 そのカネで次世
代のエネルギー減を開発するとか、
例えば核融合(核分裂じゃなく)
発電とか、 モノにして欲しいと思
います、 それに海水には色々な
モンが溶け込んでるなんて云うし
、 エネルギーが潤沢なら水問題なん
かも、 海水淡水化で何とかなり
そう。

 まっ、 注意すべきなのは、 支
那や南鮮やロシアやアメリカに、油揚げ
さらわれないようにする事カナ?

 地熱やバイオエネルギーも、 何とか
して、 これに水素利用技術や、
二次電池のゴツイのが加われば、
日本は左団扇じゃあ~りません
か! ワテクシは馬鹿やから単純に
夢見てしまうので在ります。

 へいへい、 精進いたしマス。


[ 2017/04/16 14:21 ] [ 編集 ]
調子こかさせていただきます!
   [ ポリンキーの節で ]

 ♪ メタハイ メタハイ
   海底資源の秘密はね
   メタハイ メタハイ
   採掘技術のヒミツはね
   教えてあげないよ
   ジャン
[ 2017/04/16 14:31 ] [ 編集 ]
新しく起こることを最初に経験するということは、貴重な経験を得るチャンスでもある。
たとえば少子高齢化。
世界で最初に少子高齢化を迎える日本は、少子高齢化対策の貴重なノウハウを最初に手に入れることになる。
後から少子高齢化を迎える国に対して、大きなアドバンテージを得たと言える。
日本はこれから、技術やノウハウの輸出で食べていける。
考え方次第だが、日本の未来を悲観する必要はない。
[ 2017/04/16 17:50 ] [ 編集 ]
でも、アメ公から脅迫されたら、技術なんて、、、
お人好しの日本は無償提供してしまうかもしれないんだよなぁ! ┐(´-`)┌
[ 2017/04/17 15:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp