韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  販売激増の日系車、激減の韓国車、売れ行きに「天と地ほどの差」

販売激増の日系車、激減の韓国車、売れ行きに「天と地ほどの差」

世界最大の自動車市場である中国において、日系車は近年好調な販売を記録している。2016年はトヨタやホンダ、マツダ、日産が中国市場で過去最高の販売台数を記録したほか、17年も引き続き好調を維持しており、日系大手各社の新車販売台数は17年1−3月も前年同期比でプラスを保っている。

日系車の好調な販売とは対照的に、韓国車が中国で苦戦を強いられているという。中国メディアの今日頭条が16日付で掲載した記事は「日系車の販売激増と韓国車の激減」と題し、3月の中国自動車市場における日系車と韓国車の売れ行きに「天と地ほどの差」が生じたと紹介している。記事は広汽トヨタの3月の新車販売台数が前年同月比13.4%増、一汽トヨタは同116%増、東風ホンダは同31.6%増、広汽ホンダは同3.8%増、東風日産は同12.4%増と非常に好調だったことを紹介。しかし、日系車の好調ぶりとは対照的に現代自動車は同44.3%減、起亜自動車は同66.8%減だったと紹介し、韓国系車は3月の中国自動車市場で「断崖式」に滑り落ちたと説明した。

記事は、一汽トヨタについてカローラとRAV4が好調であったこと、また、東風ホンダのCIVIC(シビック)は前年同月比292.1%増とまさに「激増」したこと、広汽ホンダの新型アコードも前年同月比71%増だったことなどを紹介、日系メーカーにはそれぞれ消費者の心を強く捉えることができる魅力的な車種が存在していることがわかる。

では、韓国車の販売が急激に落ち込んだ原因は何だろうか。記事は、韓国と中国の高高度ミサイル防衛システム「THAAD(サード)」配備をめぐる問題について言及したが、これは韓国車の販売急減に火を着けた「導火線」に過ぎず、むしろ爆弾の本体は、消費者が選びにくい商品ラインナップ、中国市場における競争力の相対的な低下など複数の問題が顕在化した結果ではないかと論じた。

一方で日系車の販売台数が大幅に増加した原因には「明確な商品ラインナップ」、「安定したクオリティ」、「新しい技術」などがあると指摘した。尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題が勃発した際、日系車も中国市場で非常に厳しい状況に追い込まれたが、それでもその実力によって危機を乗り越え、現在の好調さを掴むことに成功した。同じように韓国車の真の実力はこれから試されることになるだろう。
http://news.searchina.net/id/1633925?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
レコードチャイナのほうが現代自の情報を明確に報じているが…。記事では中国の状況なので、アメリカの情報を掲載すると、オートデータが3日に発表した3月の米国新車販売台数(速報値)は、前年同月比1.6%減の155万5,859台となった。3月の季節調整済み年率換算(SAAR)は1,662万台/年だった。1-3月の米国市場の累計販売は403万3,045台で前年同期比1.5%減となっている。乗用車の販売比率は2017年3月は39.3%で、2016年3月の43.3%から大きく低下した。全需は高水準ではあるが伸びが止まり、乗用車からライトトラックへ需要のシフトが続いている。

1-3月新車販売台数で、GMが69万台、Fordが61万台、トヨタが53万台、日産が41万台、ホンダが36万台、スバルが14万台となる。一方、現代自は17万台に届かず、起亜自は13万台に届かず。現代自と起亜自を合わせてもホンダに追いつけない。起亜自は昨年と比較してマイナス12%である。しかしトヨタを含めて日本勢もマイナス傾向となっている。トランプ大統領による日本企業への圧力が加わった形だ。一方、スバルはプラス9%と好調だ。この数値を見てもアメリカにおいても韓国自動車企業は必至な状態である。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月19日 13:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
フーガ さん
 支那で日系車が売れまくって
るのは良いとして、 支那の経済
状況自体は赤信号なんでは?

 支那は、 度々のカンフル剤投与で
、 なんとか体裁を保ってはいま
すが、 シャドーバンキングは放置だし
、 産業構造の転換も上手く行っ
てない、 13億人も人口がある支
那で、 それに倍する鬼城がある
と聞きます。 愚生のような素人
が考えたって、 んなモン元が取れ
るワケがない。 カンフル剤=経済対策
だって実態は、 本来ならとうに
淘汰されて然るべき国営企業に
流れてる。

 習近平が今年秋の全人代を睨
んで、 自身が再選されて、 権力
を安定させる為に、 何とか経済
の体裁を保つカンフル剤を投与し続
けてる。

  「上に政策あれば下に対策あ
り」 利に聡いのが支那人です、
不動産は流石にそろそろ 「あか
んアル」 と診て、 また、 人民元も
信用ならない、 今のうちに値打
ちのある 「物」 に変えておきた
い。 そんなこんなで、 高級車や
貴金属、 ビットコイン、海外不動産、
そんなモンを買い漁ってる。

 そうなると南鮮車なんか下取
り価格もアテにならず、 かと言っ
て長持ちもしない、 そこで買え
る範囲で値打ちがあると思える
日本車が売れてる。 そんなトコな
んじゃないのカナ?

 支那当局も外準守るのに必死
で、 海外送金なんか実質的に管
理下に置かれてる、 現地工場で
作った車が売れても、 はたして
喜んでいいんだかわるいんだか
、 そんな現象に愚生には見える
んですが?
[ 2017/04/19 14:17 ] [ 編集 ]
小型車が
2016年の中国新車販売台数は 2800万台で、対前年13%の伸び。
なので、台数を13%以上伸ばさないとシェアを落とす。
実績は、日本車が 379万台で、+16%、韓国車は179万台で+6.7%。
韓国メーカも頑張ったが、彼らが考えた以上に市場が伸びたということ。

中国の景気下降もあるが、市場の伸びは小型車だから、小型車(1.6L以下)
の品揃えがないと厳しいでしょう。
売れた日本車は
>トヨタについてカローラとRAV4
>ホンダのCIVIC
[ 2017/04/19 14:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL