韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  朝鮮半島に来ると言っていたカールビンソン号、実際は反対方向に移動していた

朝鮮半島に来ると言っていたカールビンソン号、実際は反対方向に移動していた

核実験などを強行している北朝鮮に対する「武力示威」を名分に朝鮮半島への方向に航路を変えたとされていた米国の航空母艦カールビンソン号が、この間正反対の方向であるインド洋でオーストラリアと連合訓練をしていたことが明らかになった。シリアに対する米軍の空襲とあいまって北朝鮮に対する軍事行動の可能性を煽り立て、朝鮮半島の緊張を限りなく引き上げたカールビンソン号の航路変更が“嘘”であることが明らかになり、相当な波紋が予想される。

ニューヨークタイムズなど米国のマスコミは18日(現地時間)一斉に、米海軍が公開した訓練写真を根拠に、カールビンソン号が先週末の15日にインドネシアのスマトラ島とジャワ島の間のスンダ海峡を航行していたと報じた。8日にシンガポールを出発したカールビンソン号は、当初朝鮮半島側に北上すると知らされたが、実際には反対の南側に動き、15日のカールビンソン号の位置は朝鮮半島から3000マイル(4830キロメートル)離れたインド洋だったと新聞は伝えた。カールビンソン号はインド洋海上で当初予定されたオーストラリア海軍との連合訓練を正常に行った。朝鮮半島の緊急状況のためにオーストラリアとの連合訓練を急遽取り消したと発表されたが、これは偽りであったことが明らかになった。

米国防総省のダナ・ホワイト首席報道官は「今は(カールビンソン号が)西太平洋を北側方向に動いている」と明らかにした。米国防総省当局者もAFP通信に対して、カールビンソン号がこの日オーストラリア北西海上にあるという事実を確認した後「今後24時間以内に東海(日本名:日本海)に向けて北上する計画」と話した。韓国政府関係者は「カールビンソン号は4月末に朝鮮半島付近に到着すると予想される」として「朝鮮半島水域に直接入ってくれば北朝鮮を刺激する恐れがあるため公海上にとどまる可能性が高い」と伝えた。

これに先立って米太平洋司令部報道官は8日、カールビンソン号の航路変更が「この地域の最高の脅威」と関連しているとし、北朝鮮が「無謀で無責任で不安定なミサイル試験計画と核兵器能力を追求している」と明らかにした。金日成(キム・イルソン)主席の誕生日である北朝鮮「太陽節」(15日)を控えて、北朝鮮の核実験や長距離弾道ミサイル発射の可能性を念頭に置いた米軍の「武力示威」であるかのように見せかけたわけだ。

その後もドナルド・トランプ米大統領と外交安保の高位関係者たちまで乗り出して、これを既成事実化し武力示威が米国の独自の対北朝鮮軍事行動の可能性にまで飛び火するなど、10日間にわたり朝鮮半島は「カールビンソン発の危機」により相当な混乱を経た。 これと関連して韓国国防部当局者は「カールビンソン号がオーストラリアと連合訓練をしているという事実を知っていたか」というハンギョレの質問に「同盟次元で共有している」と明らかにし、あらかじめ認知していたことを事実上認めた。韓国国防部が朝鮮半島の危機感が増幅され、偶発的衝突の可能性が高くなっている状況を知っていながら、これをほう助したという批判は避けられないと見られる。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27114.html

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は今回の「カール・ビンソン騒動」について、米メディアはホワイトハウスと米国防総省の意思疎通に問題があったと見ている。カール・ビンソンの正確な動きや韓半島展開時期がホワイトハウスに正しく伝わっておらず、軍内部でも混乱があったと報じている。平壌中心部で金委員長が故金日成主席の生誕105年を祝う軍事パレードに臨んでいた時、カール・ビンソンはオーストラリア海軍との演習のためインド洋に向かって南下していたわけで、米太平洋軍司令部のデーブ・ベンハム報道官は19日、空母打撃群は豪州との演習期間を短縮し、今は「慎重な対応」として西太平洋に向かっているところだと話している。

トランプ大統領がいくら行動的だとは言え、朝鮮半島で戦争が起きれば、日本並びに在日在韓米軍はひとたまりもないわけで、連日、日本のTVニュースでは大報道である。発生時のマニュアル公開や、コメンテーターの説明やらで、異常にあおりたてたことになるが、冷静な判断で対応するべきである。北朝鮮外交をしないで、なぜ先制攻撃なのか…。北朝鮮における軍事状況はかなり正確にとらえられてはいる。 また北朝鮮とて国がなくなるリスクで戦争はすぐ始めないだろう。アメリカが挑発するほどに北朝鮮も当然挑発行為に出るわけだが、むしろ韓国大統領が決まり、韓国大統領と大統領府の占拠などはあり得るわけで、軍事力を持っての攻撃合戦は、今は私はないと考えている。



関連記事
最新コメント

お勧め記事

ブログパーツ
[ 2017年04月20日 11:38 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL