韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン新型スマホ「ギャラクシーS8」の赤い画面、調査着手

サムスン新型スマホ「ギャラクシーS8」の赤い画面、調査着手

サムスン電子の新型高級スマートフォン「ギャラクシーS8」の位一部製品の画面が赤みがかっているとして、消費者から苦情があることについて、同社は本体の不良ではなく、初期設定の問題だとしながらも、設定に問題が生じた原因を調べるため、部品メーカーや生産ラインの調査に乗り出した。

サムスン電子と情報技術(IT)専門家は19日、赤い画面について、ディスプレーに使用された有機発光ダイオード(OLED)パネルの欠陥ではないとの見方を示した。サムスン関係者は「問題が指摘された製品も設定を変更すれば、色合いを調節できるため、不良ではない」とし、なぜこうした現象が起きたのかについて精密な調査を進めていると説明した。

韓国科学技術院(KAIST)のチェ・ギョンチョル電気・電子工学科教授は「OLEDの不良ならば、色合いに偏りがあったり、まだらになったりするはずだが、今回の赤い画面は全体的に赤みがかっている。工場からの出荷過程で初期の画面設定に関するチェックがしっかり行われなかったからではないか」と推定した。


一部からはOLED画面を制御する半導体チップや色合いの基準を整えるソフトウエアに問題があるとの分析もある。複数の業者から納品された非メモリー半導体の性能や設定が均一ではない場合、色合いに違いが出る可能性がある。蔚山科学技術院新素材工学部のソン・ミョンフン教授は「サムスン電子がギャラクシーS8に新しい発光素子を採用したため、色合いを調節するソフトウエアの最適化が不足していた可能性もある」と指摘した。

サムスン電子は18日からウェブサイト、通信キャリアの代理店を通じ、ギャラクシーS8の色合いの調節方法を告知している。しかし、一部消費者はインターネット上で「一部製品でのみ赤い画面が生じること自体が不良だ」といった書き込みを行い、不満が収まっていない。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/20/2017042000592.html

【管理人 補足記事&コメント】
Galaxy S8シリーズは、Samsungが社運をかけて投入した最新のフラッグシップ機で、2017年秋にも登場すると予測されている次期iPhoneに対抗するモデル。エッジ部が湾曲したベゼルレスデザインや虹彩認証といった高機能の数々を投入してきた。売りの1つであるOLED(有機ELディスプレイ)に不具合があるとなると良からぬ影響を受けることになる。Samsungについては、2016年に「Galaxy Note7」のバッテリーの爆発・発火が連発した件や、2017年2月に同グループの事実上のトップであった李在鎔サムスン電子副会長が政権との癒着の疑いで逮捕された一件などが記憶に新しい。

今回のディスプレイの件に関しては安全性の問題はまず無いだろう。巨額の損失を計上して以来初めて登場するフラッグシップモデルということで嫌が応にも注目を集めるモデルの不具合ということになると、悪影響は避けられないが…。サムスン電子の新型高級スマートフォン「ギャラクシーS8」の位一部製品の画面が赤みがかっているとして、消費者から苦情があることについて、同社は本体の不良ではなく、初期設定の問題だとしながらも、設定に問題が生じた原因を調べるため、部品メーカーや生産ラインの調査に乗り出したという。

蔚山科学技術院新素材工学部のソン・ミョンフン教授は「サムスン電子がギャラクシーS8に新しい発光素子を採用したため、色合いを調節するソフトウエアの最適化が不足していた可能性もある」と指摘している。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月20日 11:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp