韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日系車は鋼板が薄い? この誤解は根も葉もない噂

日系車は鋼板が薄い? この誤解は根も葉もない噂

米国道路安全保険協会(IIHS)が2016年末に発表した安全性の高い車種リストでは、米国で販売されている2017年モデルの乗用車のうち38車種が最高安全評価「Top Safety Pick +(トップセーフティピック プラス)」に選出され、うち日本車は24車種も選出された。これは日本車の安全性の高さを示す事例の1つだが、中国では今なお日系車のボディーは鋼板が薄いゆえに安全性に問題があるとする誤解が存在している。しかし、中国メディアの今日頭条が15日付で掲載した記事は、日系車と欧州車のボディー各部の鋼板の厚さを測定したデータを掲載し、日系車に対する誤解はやはり「根拠のない、根も葉もない噂にすぎない」と指摘した。

記事は日系車23車種のボンネット、ルーフ、ドア、フェンダー、トランクの鋼板の厚さを測定したデータを掲載、結果は大部分の日系車ボディの厚さ平均は1.0mmから1.1mmだったと紹介、また欧州系車23車種については1.2mmから1.3mmだったと説明した。このデータは欧州車は日系車よりもボディ鋼板がわずかに厚いことを示しているが、この程度の差は「衝突事故が発生した時の安全性に違いを生じさせることはない」と指摘、ボディーの鋼板は所詮、自動車の「皮」に過ぎないとし、むしろ安全性はフレームなど自動車の「骨格」によって決まるという見方を示した。また一部の日系車の鋼板の厚さは欧州車を超えていたことを指摘し、すべての日系車の鋼板が薄いわけではないと説明している。
http://news.searchina.net/id/1633975?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
中国国内には日系車をめぐるデマとして「ボディの鋼板が薄いため、安全性に劣る」と言うものが存在する。日系車の鋼板は薄いため、安全性でドイツ車に劣るといったデマは、かなり前から存在していた。サーチナでは、消費者が自動車を購入しようとした場合、事前に信頼性の高い情報を収集するのが通常だとし、近年は中国でも日系車の設計思想や安全性能の高さを正当に評価する報道も増えていることから、情報収集の過程で正しい知識を得ることになると考えられると報じている。

自動車に対して正しい知識があれば、「日系車の安全性の高さ」も理解できるはずで、デマを吹聴することはなくなる。そのため、「日系車の安全性に問題があると吹聴する中国人は、そもそも自動車を買うお金がない中国人だ」というコメントは一理あると言えるとも伝えている。米高速道路安全保険協会(IIHS)が2015年12月に発表した報告によれば、安全性の最高評価基準「トップセーフティーピックプラス」に選ばれた全48車種のうち、約6割を日本車が占めている。日本車の安全性がいかに高いかを明確に示す結果と言える。

例えばドアにしても、日本車はコスト削減のために薄っぺらな金属パネルを使っている…等々と言われていた時期もあった。しかし、側面衝突のテストにおいても、世界で最も厳しいといわれる欧州の衝突試験「ユーロNCAP」をはじめ、様々な国の衝突実験で日本車の多くは最高評価を獲得している。衝突安全性の概念があまりなかった1980年代は、重く分厚い鉄板を使っている車は頑丈で安全性が高い、と信じられていた。鉄の塊のようなスタイルのボルボや大きくて派手なアメリカ車などが安全とされていた時代である。

しかしその後、「衝突時に車内の乗員を保護するには安全性を考慮した軽くて壊れやすい(=エネルギーを吸収する)ボディのほうが安全」という考え方が定着し始めると、衝突安全性に優れた車作りが行われるようになった。車のボディを軽くするには高レベルな技術が必要となる。軽量化と衝突安全性を考慮した設計はもちろん、使用する高張力鋼板などにも高い技術力が必要となる。日本の自動車メーカーはボディの軽量化に関しても、世界トップの技術を持っていると言える。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年04月20日 13:52 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL