韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代起亜車、「中国適合型SUV」でTHAADを乗り越える

現代起亜車、「中国適合型SUV」でTHAADを乗り越える

現代・起亜(ヒョンデ・キア)自動車が、2017の上海国際モーターショーで、中国消費者を狙った戦略型スポーツユーティリティ車両(SUV)などの新車を公開した。中国市場での販売不振と高高度ミサイル防衛システム(THAAD)の対立を新車効果で克服しようという計算だ。

19日(現地時間)、現代自動車は、上海コンベンションセンターで中国現地戦略型SUVである新型ix35と中国型ソナタ(LFc)の部分変更モデル「オールニューソナタ」を公開した。新型ix35(現地名「シンイダイix35」)は、「家族中心の実用的SUV」というコンセプトで開発され、ゆったりとした室内空間が特徴である。前面には現代自を象徴するカスケーディンググリルを採用、1.4リットルガソリンターボ(T-GDI)エンジン、2.0リットルのガソリンエンジンを搭載した。オールニューソナタ(現地名は「全新ソナタ」)は、国内で発売されたソナタニューライズの中国型モデルである。中国消費者の好みに合わせて、グリルなどのデザインを一部変更した。

起亜自は、中国戦略小型モデル「K2」の小型SUVバージョンである「K2クロス」と小型エントリーセダン「ぺガス」(現地名は「煥馳」)を、同日公開した。第2四半期(4〜6月)に現地発売予定であるK2クロスは、最近急成長しているSUV市場を攻略するためのモデルであり、個性の強いデザインと様々な安全設備が強みといえる。ぺガスは、中国の若者層を狙ったモデルで、実用的な室内空間とトレンディなデザインが特徴となっている。

現代・起亜自は先月、中国での販売台数(7万2032台)が2015年の同期より52.2%減少するなど、不振を免れずにいる。現代自の関係者は、「新車効果と現地マーケティングをもって中国消費者を積極的に攻略して、再び販売台数を引き上げる計画だ」と語った。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/902191/1

【管理人 補足記事&コメント】
中国汽車工業協会は11日、3月の自動車生産・販売台数を発表した。生産・販売ともに前月比で2桁増の高い伸びを示し、前年同月比ではプラスを維持したものの伸びが鈍化した。1-3月の累計では生産・販売ともに安定した伸びを示しており、特に商用車が前年同月比で顕著に伸びたと伝えている。3月の自動車生産は前年同月比3%増の260.4万台、自動車販売は前年同月比4%増の254.3万台。1-3月の累計では生産が前年同月比8%増の713.3万台、販売が前年同月比7%増の700.2万台となった。

一方乗用車の3月の生産は、前月比18.4%増で、前年同月比1.8%増の218.8万台、販売は前月比28.4%増、前年同月比1.7%増の209.6万台。そのうち排気量1.6L以下の小型車は前年同月比0.1%減の145.1万台となり、乗用車販売全体の69.2%を占めた。またSUVは1-3月期において、21%に迫る伸びとなっている。韓国は1-3月期で前年同時期と比較し-25.87%低下、日系は22.98%の伸びとなっている。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月21日 11:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL