韓国経済.com

韓国経済ニュースを詳しく説明するサイトです。韓国経済崩壊ニュースや、TVでは報じていない韓国経済ニュースもご覧いただけます。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の経済成長は17年後半に息切れか?

中国の経済成長は17年後半に息切れか?

中国GDP成長率は足元こそ前年比6.9%増と堅調ながら、年後半には息切れして成長率が鈍るのではないか?――大和総研経済調査部の主席研究員、齋藤尚登氏は4月20日に「中国:2期連続の成長加速、年後半に息切れも」と題したレポート(全10ページ)を発表し、住宅やインフラ投資など固定資産投資の鈍化を背景に中国経済の先行きに「不透明感が高まっている」と警戒を示した。レポートの要旨は以下の通り。

◆国家統計局によると、2017年1月~3月の実質GDP成長率は前年同期比6.9%(以下、断りのない限り前年比もしくは前年同期比)と、0.1%ポイントずつとはいえ、2四半期連続で加速した。
◆1月~3月の小売売上は減速したが、同統計はモノに限定され、教育・医療、文化・娯楽、金融・保険といったサービスは含まれない。1月~3月の国民一人当たり消費支出統計では、教育・文化・娯楽消費支出などが大きく増加し、堅調な消費を支えている。

◆中国の景気は、消費を下支えに大きく下振れするリスクは限定的であるが、年後半には固定資産投資の鈍化を背景に、緩やかな減速が予想される。70都市の新築住宅価格上昇率は直近ピークである2016年11月、12月の10.8%から2017年3月は10.3%と、小幅ながらも鈍化した。


スポンサードリンク


3月中旬以降、各地方政府は一段と厳しい価格抑制策を相次いで発表しており、今後、価格の上昇ペースはさらに鈍化していこう。不動産開発投資は年後半には減速していく可能性が高い。インフラ投資に関連して、新規着工された固定資産投資プロジェクトの総投資計画額の推移を見ると、2016年前半に景気下支え策として国有部門のインフラ投資を中心にプロジェクトが一斉に認可されたが、足元ではその反動が出ているなど、先行きに不透明感が高まっている。
http://biz.searchina.net/id/1634085?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
中国の経済成長率は7~8%維持でないと失業者が増えるわけで、個人的には3~5%推移だろうと考えている。環境汚染問題が大きなカギとなる。今の現状は中国政府が、自国企業による製造実施で、輸入による赤字を解消し自国部品で製造出来る様に動いている。特には半導体輸入などは莫大な赤字なわけで、自分たちが製造するPCやスマホのメモリー関連含めて、自社製にしたい考えで進んでいる。

その一方で、中国を世界市場と考えるならば、FTAとEPAを組み合わせる日本の自由貿易手法の様に、世界企業から技術提携を受け入れ、互いに利益分担する方法をとらない限り、中国の経済未来は薄いだろう。と考えた場合でも、結局環境汚染は大きな壁となる。国土の30%を除き汚染されていると考えれば、異常事態である。単に大気汚染だけというわけではない。食品輸出でさらなる問題が発覚すれば、輸出停止となり、経済成長云々と言う状態ではない。大気汚染対応で日本が主導する世界銀行から融資を受けた状態である。数年は低迷ながらの推移となるだろう~。



お勧め記事

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月21日 12:36 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp