韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国が開発した宇宙船、火星に行けるだろうか

韓国が開発した宇宙船、火星に行けるだろうか

「韓国宇宙船、いよいよ火星へ行く」
果たして、いつかは新聞でこのような見出しを目にすることができるだろうか。当面は夢のような話だ。だが、韓国でも宇宙産業への挑戦は活発だ。 今年、韓国政府の宇宙開発予算は6703億ウォン(約644億4500万円)で、最大の宇宙産業国である米国の60分の1水準だ。中国〔61億ドル(約6662億円)〕はもちろん、日本(36億ドル)に比べても非常に少ない。全世界の宇宙産業市場で韓国が占める割合は1%未満(2兆4876億ウォン)だ。このような悪条件によって宇宙産業の分野で韓国が一役買うことは容易ではない。それでもニッチ市場を狙えば希望があるというのが専門家らの話だ。代表的なのが政府主導で進めてきた「先進国追撃型宇宙開発」だ。また、2013年に立てた「宇宙技術産業化戦略」にしたがって宇宙開発事業に民間の参加を拡大している。

これは米国の成功事例を参考した結果だ。1990年代、冷戦の終焉以来、宇宙産業はロッキード・マーティンなどごく一部の企業だけが考えられる分野だった。政府がお金を出していくつかの企業だけが参加していることから産業的成長は遅かった。政策を変えて宇宙産業の門戸を開いたところ、状況が変わった。テスラの創業者であるイーロン・マスク氏の「スペースX」(2002年設立)やアマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏の「ブルーオリジン」(2000年設立)など、シリコンバレーの大物が宇宙分野に挑戦することができた背景にはこのような政策方向の変化が決定的だった。


スポンサードリンク
   


韓国もこのような変化を念頭において国策研究機関である韓国航空宇宙研究院とKAIST(韓国科学技術院)が開発した各種技術を民間に移転している。この中で中大型衛星は、韓国航空宇宙産業(KAI)が開発している。ロケットエンジンを含む発射体は、航空宇宙研究院を中心に大企業と中小企業が協業を通じて作り出している。発射体の胴体組み立てはKAIが、エンジンの組み立てはハンファテックウィンが引き受けている。この他に、エンジンに入るノズルなど主要部品の製作に韓国の様々な中小企業が参加している。
http://japanese.joins.com/article/342/228342.html?servcode=300§code=330

【管理人 補足記事&コメント】
いつ国が崩壊するのかわからない韓国が、夢物語の様な記事を掲載そても説得に欠ける。まして中央日報である。それよりも家計負債を問題視し対応策でも掲載するべきだろうと思うが…。一部の技術を仮に運用すれば、韓国技術で火星に云々と言う記事となりそうだ。ロケット技術すら低レベルな国である。しかも北朝鮮にミサイルで狙われた状態の韓国である。宇宙開発に欠ける資金はないわけで、現実的な内容の経済記事に期待したいが…。

中央日報は、韓国型発射体技術が完成される2020年ごろには韓国の中小企業と大企業が共に取り組む発射体技術を確保することになると伝えている。現在、韓国が先進国に最も近接している分野は衛星技術で、世界6~7位と評価されている。計13機の衛星を開発し、現在4機を運用している。航宇研とKAIが集中している500キロ級の中大型衛星は事実上、韓国が初めて韓国の宇宙技術を商業的に利用しているものだと胸を張る。その間、衛星を輸出した事例はあるが、いずれも実験室向けの小型科学衛星だったとした。

まずはロケットにおける基礎技術を習得する事である。2020年に韓国型発射体技術が完成するというが、それまでに崩壊しない事を祈りたいが…。一方で、莫大な投資が必要な宇宙産業に今挑戦するのが意味があることかという疑問も提起されている。しかし、今あきらめるには、宇宙産業は今後無限な可能性を持っているブルー・オーシャンだ。シリコンバレーの大物が「宇宙戦争」を展開するのも結局、お金になるからだとも伝えているが…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事

ブログパーツ
[ 2017年04月22日 11:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
たぶん、 ダメっしょ。
 んで、 大失敗して、 火星っつ
うよか、 火病に至る。
[ 2017/04/22 16:37 ] [ 編集 ]
いやいや、韓国の人の頭の中身は既に火星人なみだと思いますよ
[ 2017/04/22 20:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL