韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国で高学歴失業者が急増…初めて大卒失業者50万人突破

韓国で高学歴失業者が急増…初めて大卒失業者50万人突破

大卒以上の失業者が四半期別集計で史上初めて50万人を超えた。就職や求職活動をしない高学歴非経済活動人口も初めて350万人を超えた。

23日、統計庁の雇用動向資料によれば、今年第1四半期の失業者は一年前より1.2%増加した116万7000人と集計された。このうち半分近い54万3000人(46.5%)が大学卒業以上の学力を有する人であると集計された。高卒失業者はこれより9万2000人少ない45万1000人だった。大卒失業者数は、2012年第2四半期に初めて高卒失業者数を上回り、その後抜きつ抜かれつしていたが、昨年第1四半期からは5四半期連続で高卒失業者数を上回った。今年第1四半期の大卒者失業率は、昨年同期より0.3%増加した4.4%で、小学校卒以下の失業率(5.3%)に次いで高かった。

大卒者の求職難は失業者数のみならず、求職活動をまったくしない非経済活動人口の増加でも確認される。第1四半期の大卒以上非経済活動人口は352万8000人と調査され、史上初めて350万人を超えた。全体の非経済活動人口(1655万2000人)の21.3%だ。非経済活動人口には、最近一カ月間に求職活動をしなかった高等試験受験生、就活のために勉強中の学生も含まれる。


「高学歴失業者」が増える背景には、大卒者が望むそれなりに質の良い働き口が十分に確保できないことに伴う結果と見られる。経済協力開発機構(OECD)統計によれば、2014年基準で韓国の25~64歳人口のうち大卒以上の高等教育履修者の比率は45.0%で、OECD加盟国のうち4番目に高く、特に25~34歳人口に占める高等教育履修者の比率は68%で、OECDで最も高かった。

だが、統計庁が発表した「韓国の社会動向2016」報告書によれば、管理職、専門職、技術職の働き口は21.6%に過ぎず、ドイツ(43.5%)、フィンランド(45.2%)などの半分にも至らず、OECD加盟国家のうち最下位水準であることが分かった。大企業と中小企業間の賃金格差が拡大するなど、労働市場の両極化も高学歴失業者が増える原因として挙げられる。2015年基準で大企業に対する中小企業の勤労者の賃金は62.0%で、関連統計が始まった2008年以来最も大きな格差を記録した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27148.html

【管理人 補足記事&コメント】
OECD の発表による韓国の若年雇用率は、2013年に39.7%、失業率は3.1%となっている。国家平均は、雇用率65.2%、失業率7.9%と OECD の発表より雇用率はかなり低く失業率は高い。OECD 加入国である34ヶ国のなかでは27位に該当する数値となる。韓国における若年雇用に関する状況は、先進諸国で起こっている若年雇用問題と同様で、韓国の経済状況による若年雇用の減少とともに非正規労働が増え、若年の経済貧困につながっている。そして、韓国の若年雇用の独特な問題として、高学歴による雇用のミスマッチがある。

若者の基準は、国によって多少差はあるが一般的な基準として UN 国際労働機構(ILO)やOECD による若者の基準は15歳から24歳までと設定されている。韓国における若者の定義を韓国の「青年雇用促進特別法」では、「青年とは、就職を望む人で、大統領令で定める年齢に該当する人をいう」と明記されている。2012年 8 月 2 日施行の大統領令で定めた年齢は、「15歳以上29歳以下の人」と明記されている。韓国で若年の基準が「15歳~29歳」となっている理由には、韓国特有の事情として兵役の義務がある。

2012年 OECD の平均雇用率が39.1%であるのに比べて、日本は37.8%、フランスが29.4%、韓国が23.9%(韓国統計庁の発表は42.1%)と OECD の平均より低い国となっている。アメリカが55.5%、ドイツが47.9%と OECD の平均雇用率より高い。とまじめなデーターとして掲載するとこのようになる。現実の率業率はこの3倍であるから、いまはまだ大手企業の低迷などリストラがあるとはいえ、40%のゾンビ企業への政府補填は実施したままであるから、中小企業倒産連鎖にはなっていない。ただ首の皮一枚である。日本企業の下支えがあるとはいえ、日本企業にもゾンビ企業の実態があるわけで、次第に韓国の下支えから遠のくのではないか…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月24日 09:39 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp