韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  5月の大型連休、中小企業には「絵に描いた餅」

5月の大型連休、中小企業には「絵に描いた餅」

5月初めの飛び石連休期間中、大半の大手企業の事務職労働者は最長で11日間の「大型連休」を享受できる。一方、多くの中小企業は、事務職と生産職とを問わず、カレンダーの「赤い日」でも職場で過ごすことになるものとみられる。

23日、中小企業中央会が先週、中小企業250社を調査して発表した「2017年の臨時休業計画」によると、5月2日と4日、8日のうち、一日以上休務を計画している企業は、半分ぐらいの54%にとどまった。中小企業の30.4%は、休務計画がまったくなく、15.6%はまだ休務計画を決めていない。5月初めには、メーデー(5月1日)、釈迦誕生日(3日)、子供の日(5日)、両親の日(8日)がある。祝日の間に挟まれた日に休務が与えられれば、労働者らは、4月29日から大統領選挙日(9日)までに最長で11日間を休むことができる。

休務予定のない中小企業は、「納品期日の遵守」(33.3%)、「稼働停止による生産量・売上高の打撃」(29.2%)などを理由に挙げている。休日どころか祝日さえ休めない中小企業も多かった。中小企業の34.1%は、5月1日に勤務すると答え、3日は23.7%、5日は11.1%がいつものように働いくと答えた。大統領選挙日で、臨時公休日となった9日に休むと答えた中小企業は49.6%で、半分に及ばなかった。一方、国内主要大手企業各社は、5月の飛び石連休期間に十分な休息とリフレッシュの機会を持つように、役員や従業員らに共同年次休暇と推奨休務を積極的に勧めている雰囲気だ。


暁星(ヒョソン)とハンファケミカルは、5月2日と4日に全社員が共同で年次休暇を出して業務を休むことにした。エスオイルは、5月4日に共同年次休暇を実施する。LG電子とハンファテックウィンは来月2日と4日に、LGディスプレーは来月2日と4日、8日を勧奨休務日に指定した。ポスコは4日を勧奨休務日に定め、休暇を奨励している。三星(サムスン)電子と三星ディスプレイは、役員や従業員らが自律的に年次休暇を出して、休ませる予定となている。

現代(ヒョンデ)自動車グループと斗山(トゥサン)グループ、現代重工業グループも、会社全体の休日はないが、従業員らが年次休暇を使うように勧めている。SKイノベーションとSKハイニックスも、別途の共同年次休暇無しに個人的に年次休暇を活用させる計画だ。ただ、大企業も生産現場の雰囲気は違う。特に半導体・ディスプレイ工場のように365日、24時間稼動しなければならないところは、連休も役員や従業員らが交代で継続して勤務しなければならない。暁星など共同年次休暇を使う企業も、いつものように交代生産を続ける。このため、生産職は、共同年次休暇を別途実施したり、一時休務はできない。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/905609/1

【管理人 補足記事&コメント】
如何にも半導体企業や自動車企業など業績維持の企業は忙しいと言いたげだが、今年いっぱいのお楽しみともいえる。一方中小企業は関連する企業を除いて、大半の企業は仕事がないわけで、340万社ある企業の半分近くはいつでも連休状態と言える。とはいえ、韓国経済崩壊とささやかれ、つい最近では崩壊説は現実となりそうだとは言いつつも、そう簡単に崩壊とならないのが韓国経済である。むしろ国の崩壊のほうが先に感じるが…。ただ今日明日の話ではない。

日本では韓国そのものに興味が薄いわけで、一部では根強いのだが、グーグル検索情報などでは、朴槿恵逮捕以後は、急激に冷めている状態と言える。しかし個人的に言えば本当の関心はこれからとなる。いずれ関心度は否が応でも高まることになる。いつになるのは断定はできないが…、私自身としては来年後半には、この仕事は忙しくなるのではと考えている。それまでは幅広いコンテンツを考えてしのぎたいですね~。コンテンツと言えば、日本の広告費と言う見方で考えると、日本も期の終わりとなる3月で広告費の使い切りを実施するのが無くなり、そのまま厳しい状態で今期に移行し、広告単価としては、この5年間で最低となる。

ただグーグルの広告利益はふえているわけで、あくまで日本単独で考えた場合である。各社販管費の削減に必至と言うわけだ。逆に数年前から不動産低迷で、広告頼みな部分がある事から、不動産業は広告活用は必至だが、他社は販管費抑えとなり、アベノミクス云々などというニュース報道と裏腹に、非常に厳しい実態と言える。広告における販管費の記事ニュースはないですからね~。TVニュースなどでもぜひ報じてほしいですが…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月24日 10:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp