韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  米原潜「ミシガン」がきょう釜山港・・・カールビンソンは27日ごろ韓半島近海

米原潜「ミシガン」がきょう釜山港・・・カールビンソンは27日ごろ韓半島近海

米国の原子力空母「カールビンソン」(CVN70)が韓半島(朝鮮半島)に向けて北上する中、およそ150発の巡航ミサイルで武装した米海軍第7艦隊の原子力潜水艦「ミシガン」(SSGN727)も、25日に釜山港入りするという。韓国軍関係者が24日に明らかにした。

北朝鮮が人民軍創設85周年記念日(25日)の前後に挑発を行う兆しを見せる中、トランプ政権が北朝鮮を圧迫するため、強硬な「砲艦外交」を展開していると解釈されている。米国のドナルド・トランプ大統領は今月12日、メディアのインタビューで「金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長は大きなミスを犯している。われわれは、空母(カールビンソン)よりはるかに強力な潜水艦を持っている」と語っていた。

1982年に就役した原潜ミシガンは全長170.6メートル、排水量1万8000トンで、米海軍が保有する潜水艦の中では最大の「オハイオ級」に属する。原潜ミシガンには、最大射程1600キロのトマホーク巡航ミサイル154発が搭載されている。核・ミサイル基地をはじめ、北朝鮮の主な軍事施設を破壊できる火力を備えている。最大速力は時速48キロで、最長3-4カ月にわたり浮上することなく水中作戦が可能だ。

また原潜ミシガンには、およそ60人の特殊戦要員も搭乗するといわれている。これらの要員を敵陣に潜入させる特殊な潜水艇も積んでいる。原潜ミシガンが韓半島に展開するのは、2015年6月以来のこと。ミシガンは釜山港で船体の点検を受けた後、韓半島付近で独自の訓練に乗り出すものとみられる。

一方、今月23日にフィリピン近海に差し掛かって北上を続けている空母カールビンソンの機動部隊は、27日ごろ韓半島近海にやって来る。同機動部隊が到着したら、韓国海軍と合同演習を実施する予定だ。韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は24日、定例のブリーフィングで記者から「カールビンソンと韓国海軍の演習計画はあるか」という質問を受けると「現在協議中」と答えて演習について話し合っていることを明らかにした。なお、この演習に原潜ミシガンも合流するのかどうかは未定。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/25/2017042500708.html

【管理人 補足記事&コメント】
一方聯合ニュースは、韓国の防衛事業庁が24日、韓国首都圏を狙う北朝鮮軍の長距離砲を無力化する能力を備えた「対砲兵探知レーダー II」を韓国の技術で開発したと発表したと報じている。来年から戦力化するという。このレーダーは総額約540億ウォン(約53億円)の事業費と5年5カ月の歳月をかけて開発された。有事の際に北朝鮮軍が韓国に向けて長距離砲を撃った場合、飛んでくる砲弾を探知すると同時に飛行軌道を逆追跡して長距離砲の位置を突き止め、その情報を韓国側の砲兵部隊に自動で知らせる。部隊はこれを基に、北朝鮮軍の挑発拠点をほぼリアルタイムで破壊できるという。

このレーダーの探知距離は60キロ以上と、韓国軍が運用中のスウェーデン製レーダー(同約40キロ)をしのぐ。国産化率が95%に達するため、故障しても修理を含めた軍需支援をスムーズに行えることも利点だというが、何台保有する計画でいるのか…。開発はしたが計画倒れでは問題だろう。またレーダーとはいえ破壊されたら終わりなわけで、北朝鮮ならば地上戦に持ち込むだろうから、そちらの対応も考慮すべきでは…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月25日 11:25 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
対砲兵探知レーダーII..
 北鮮が南鮮を攻撃するのに主
に用いる兵器は、 KN-09 とか言
う 「300ミリ多連装自走ロケット砲 」
だと聞きます。 射程距離は最低
でも60kmはあり、 毎分数十発を
発射出来る、 2013年の実験では
射程も 150km位まで延伸してい
るらしい。 発射する飛翔体にし
ても、 元々は単なるロケット弾でし
たが、 最近は誘導弾(ミサイル)も発
射出来るように改良されている
模様です。

 そして、 何と言っても南鮮の
首都ソウルはあまりに近い、精密な
照準やら誘導は実は必要でなく
、 めくら撃ちでも的(マト)がでか
いですから、 相当な打撃を受け
る、 しかも毎分数十発です、 北
鮮は既にそれを38度線付近に大
量に集中配備している。

 最初の一連射で勝負がつくの
では?

 それに敵は〝自走砲〟一連射
したらさっさと動く。

 発射地点を特定して反撃する
為のレーダー装置が準備中、つう事
ですが、 前述のように、 勝負が
着いた後で反撃しても何にもな
らない、 しかも、 配備するのは
来年です。

  ソウルが陥落したら、 南鮮の政
治・経済は...、 イチコロでしょう?
と、 愚生は考えますがね。

 愚生が司令官やら参謀やらと
いった立場なら、 先制攻撃しか
ないと判断しますが..さて?
[ 2017/04/25 22:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL