韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本、外交青書「釜山少女像きわめて遺憾」

日本、外交青書「釜山少女像きわめて遺憾」

日本政府が釜山少女像設置に対して「きわめて遺憾」とし、「独島(日本名:竹島)は日本の領土」という主張を一層強化した内容を盛り込んだ『外交青書』を閣議に報告した。

日本外務省が25日に閣議報告した2017年版『外交青書』には、「2016年末、釜山(日本)総領事館に面する歩道に慰安婦像(日本政府が少女像を呼ぶ名称)を設置したことはきわめて遺憾」とし「日本は色々な機会を通じて(2015年慰安婦問題に対する韓日)合意を着実に履行することを要求している」と書いた。また、慰安婦合意に対して「責任を持ってこれを履行するのは国際社会に対する責務」とも主張した。

今回の『外交清書』でも、日本は韓国を「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」と描写した。2014年まであった「基本的価値を共有する隣国」という表現は入れられなかった。日本政府のこうした姿勢は、韓国が価値を共有する“友人”というよりは、中国や北朝鮮核など共同の安保懸案があり協力しなければならない“ビジネス パートナー”という点を強調したものと分析される。

日本政府は独島に対しても「歴史的事実に照らしてみても国際法上でも明白な日本固有の領土」だとし、昨年の韓国国会議員などの独島訪問に対して「断固として容認できない」と発言の強度を高めた。


韓国外交部はこの日午後2時、駐韓日本大使館の鈴木秀生総括公使をソウル世宗路(セジョンノ)の政府庁舎に呼び、外交青書の内容に対して抗議した。25分程の面談でチョン・ビョンウォン東北アジア局長は、鈴木公使に対し強い遺憾の意を伝えた。政府はまた、外交部のチョ・ジュンヒョク報道官の論評で、日本の外交青書発表に対して「歴史的・地理的・国際法的に明白な韓国の固有領土である独島に対する不当な領有権主張を繰り返したことに対し強力に抗議し、これの即刻撤回を求める」と明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/27170.html

【管理人 補足記事&コメント】
外交青書とは、国際情勢の推移及び日本が行ってきた外交活動の概観をとりまとめたもので、昭和32年(1957年)9月の第1号以来、毎年発行されている。外務省では、国民に日本外交の歩みをとして、過去に発行されたすべての外交青書について、ホームページ上で公開している。

日本にとって韓国は、戦略的利益を共有する最も重要な隣国である。良好な日韓関係は、アジア太平洋地域の平和と安定にとって不可欠である。2015 年は日韓国交正常化 50 周年を迎え、活発な日韓交流が行われ、2016 年には日韓間の人の往来は過去最多となった。経済関係も緊密に推移している。政治面では、2015 年の日韓合意に基づき、「和解・癒やし財団」の事業開始や、秘密軍事情報を保護するための原則などを内容とした日韓秘密軍事情報保護協定の締結など日韓関係に前進が見られた。その一方で、2016 年 12 月 30 日の在釜山総領事館に面する歩道への慰安婦像の設置や、2017 年 1 月の韓国慶尚北道知事の竹島上陸、仏像盗難事件など日本として受け入れられない様々な問題が存在している。日韓間には困難な問題も存在するが、安全保障を含む幅広い分野において様々なレベルで意思疎通を図り、相互の信頼の下、日韓関係を未来志向の新時代へと発展させていくことが重要であると掲載している。

かなりの量となる文書である。この中で韓国の事を見つけること自体が大変である。大半の日本国民はこういう文書の発行など読んではいないだろう。ネット上での公開もよいが、時には日本政府の実施している内容くらいは配布するというのも、高齢化社会においては必要ではと思うが…。スマホアプリの配布も検討するべきだろうし、日本政府はもっと自分たちの実施したことを公に公開していると自負するよりは、自国民に如何に知ってもらえるかのほうが重要だろうと思うが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月26日 10:20 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp