韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国大統領選終盤でまた飛び出した「一本化」問題

韓国大統領選終盤でまた飛び出した「一本化」問題

第19代韓国大統領選挙の投票日を2週間後に控え、中道と保守の間で候補者一本化に向けた議論が再び高まりつつある。保守系の「正しい政党」は24日に議員総会を開き、同じ保守系の旧与党「自由韓国党」はもちろん中道系の「国民の党」まで念頭に置いた連携に向け激しい議論を交わした。またあくまで一部ではあるが、安哲秀(アン・チョルス)候補が所属する国民の党でも一本化を支持する声があるのも事実だ。これは最近になって安氏の支持率が低下傾向にあること、また中道系と保守系の有権者の中にはいまだに支持する候補を決められないケースが多くある状況などをにらんだ動きのようだ。

候補者一本化は原則的に各党がまず候補者と公約を定め、その上で国民に支持を訴えるという選挙本来のあるべき姿からは外れている。もちろん政策に共通点があれば、複数の政党が連携するのはいくらでも可能だ。そのため保守政党の間であれば候補者が一本化されるケースは決して珍しいことではない。しかしいずれも保守系の自由韓国党と正しい政党の場合、中道系の国民の党とは最も重要な安全保障政策でその考え方にかなりの違いがある。もし一致点があるとすれば、それは進歩系(革新系)「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補の当選だけは何としても阻止したいという一点だけだ。故・盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領を今なお熱烈に支持するいわゆる「親盧」、そして文氏を支持する「親文」らによる非常に排他的で憎悪に満ちた覇権主義に反対することは、それなりの大義名分にはなるかもしれない。

しかしこれだけの理由で候補者を一本化することに有権者の理解が得られるだろうか。少なくとも米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備問題、北朝鮮政権と南北関係に関する認識、さらには北朝鮮に対する制裁など、安全保障における重要政策で意見の一致がなければ、この一本化は非常に無理があると言わざるを得ないだろう。
http://www.chosunonline.com

【管理人 補足記事&コメント】
韓国の朴槿恵前大統領の失職に伴う大統領選(5月9日投開票)に向け保守陣営が候補の一本化を議論しており、行方が注目されていた。朴政権の与党だった「自由韓国党」(旧セヌリ党)とセヌリ党から分裂した「正しい政党」の保守両党は、候補の討論会で連日のように一本化に言及している。進歩(革新)系の最大野党「共に民主党」の文在寅前代表をはじめとする野党の有力候補に支持率で大きく後れを取る中、逆転を狙うには保守だけでなく中道勢力とも力を合わせて「一騎打ち」の構図を作るしかないとのムードが広がっている事が理由にある。

2012年12月の大統領選は、野党陣営が候補を一本化したにもかかわらず敗れた初のケースである。当時、民主統合党の文在寅氏と無所属の安哲秀氏は一本化の議論で対立を露呈し、安氏が突然身を引く形で一本化が実現した。だが、過去の候補一本化と違い候補同士の合意によるものではなかったことから、十分な効果を得られず文氏は朴槿恵氏に敗れた。今回は大統領選までの日も少ない。これではまたろくでもない連中が大統領になる日も近そうだが…。個人的には新たな大統領が決まり何が変わるのかと問いたいが…。結果何も変わらず、また自国民は騒ぎ立てるだけとなるのではないか…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月26日 10:55 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
南鮮人は本当に鶏頭なんすかね?
 いくら保守系の朴槿恵に、 スキ
ャンダル が有ったからと言っても
、 それじゃあと言って、 革新系
の候補が力を持つようになる。

 朝鮮戦争からこっち、 過去何
十年にも渡って苦しめられて来
た敵国になびく政党、 政治家に
支持が集まる、 この南鮮人の心
象が愚生には理解不能です。

 南鮮全体が従北になびき、 宥
和政策を採る、 やがてそれが発
展して、 南北統一が成ったとし
て、 その時、 トップに立つのは間
違いなく『金王朝』だと、 愚生
などは考えますがねぇ..

 金王朝なら、 暗殺を含めた謀
略でも何でも やってのける で
しょう。 その時、 鍛え抜かれた
金王朝の 特殊部隊 が要所要所
に配置され、 国民を監視すれば
、 南鮮なんか手も足も出ますま
い。

 すぐ隣で『金王朝』の『人権
状況』を目の当たりにしながら
、 どうして、 その事に想い至ら
ないのか、 従北になびく危険に
、 ほんの少しでも近付くような
選択は、 愚生なら考えられませ
んが、 それだけ南鮮の病状が深
刻だと云う事なんでしょうね。

 従北と云う現象も、 一つの他
力本願なのカナ?

 こんな報道も、 あるにはあり
ましたが?

    ↓↓↓↓↓

──────────────
韓国 400年前から"滅びの道"
進む指導者
「楽観DNA」 朝鮮日報
次の大統領に戒め苦言
「北に騙された
『失われた20年』忘れるな」
産経ニュース [2017.04.26 07:30]
http://www.sankei.com/west/news/170426/wst1704260006-n1.html
──────────────

 やっぱ、 革新思想は、 結局は
『独裁』を招く。 北鮮の王朝型
ではなくても、 支那のような、
一党独裁型がある。

 翻って我が日本に於いても、
社会主義やら共産主義と言う、リ
ベラルを〝装った〟独裁を招く為
の〝道具〟に、 決して気を許し
てはならいと、 阿呆な愚生でも
、 改めて思い至りました。
[ 2017/04/26 13:55 ] [ 編集 ]
政治局面
潘基文はトンズラ、黄教安の不出馬となり、中道・保守の
有権者層が草刈場になっているということ。

文在寅が大統領になったら政治課題が一つもまとまらない
のではないか。対米はダメだし、対中関係を改善する力量も
なさそうだ。難局をどう切り開くのか。
[ 2017/04/26 14:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL