韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国のIT企業は、なぜ日本進出を夢見るのか

韓国のIT企業は、なぜ日本進出を夢見るのか

韓国の政府機関には、韓国企業の日本進出をサポートする拠点を東京に置くものがある。その中で、IT分野で中心的なサポートを行っているのが、「大韓貿易投資振興公社(KOTRA)東京IT支援センター」と「韓国コンテンツ振興院(KOCCA)日本ビジネスセンター」である。KOTRA東京IT支援センターは、2001年に前身のiPark Tokyoとして発足、2008年からはKOTRAが運営を続けている。

主な支援内容は、韓国ITベンチャーのための東京でのオフィス提供、企業交流のための展示会(韓国IT Expo、KOREA ICT PLAZA)や、セミナー・交流会(Korea IT Cafe)の開催、そして、日本企業に向けた韓国ITビジネスの情報提供などだ。KOTRAの在外国IT支援センターは、東京、米国(シリコンバレー)、中国(北京)の3カ所にしかない。東京、シリコンバレー、北京は、韓国IT産業のグローバル化を推進する戦略拠点であり、韓国のIT輸出の三大拠点であるという理由からだ。

一方、KOCCA日本ビジネスセンターもオープンは2001年で、韓国のITコンテンツメーカーの進出支援窓口として活動している。日本のコンテンツ市場動向のレポートの発行、各種デジタルコンテンツの輸出に関する、対日ビジネスのサポートとコンサルティング、日韓両国のコンテンツビジネス活性化のためのイベント開催、日韓コンテンツ企業のネットワーキングイベント開催などを行い、特に、日韓共同制作のコンテンツを第三国に輸出するなどのパートナシップ構築にも積極的に取り組んでいる。

あるいは、こうした機関のように日本に拠点を置かないまでも、韓国企業のコンテンツを日本に売り込むための商談会を定期的に開催し、日本までの渡航費や参加費などを援助する政府機関や自治体、各種協会は、実は数えきれないほど多い。実際、韓国のIT企業は、ベンチャーを中心にこうした機関のサービスを積極的に活用している。彼らが日本のITマーケットを魅力的に感じているのは、大きくは次の二つの理由からだ。

 韓国は、国民番号のIT管理を始めとするサイバーセキュリティへの対応など、IT化によって生じる各種の課題を日本に先駆けて多く経験し、成功事例や失敗事例もたくさん持っていて、そこから日本で起こっている問題に最良のソリューションを提供できる。日本企業が必要としているソリューションで、欧米企業にないソリューションをすぐに提供できるという点が一つ。 もう一つは、自社のサービスや技術が、日本で通用すれば世界でも通用するという点だ。 日本企業には独自の商慣行や安全基準が根強く残っていて、システム開発にも細かな注文が多い。品質管理が徹底しており、色々なテストに合格しなければならない。あるいは、24時間体制でサポートをしなくてはならないなど、グローバルスタンダード以上の要求水準が立ちはだかる。
http://diamond.jp/articles/-/125902

【管理人 補足記事&コメント】
東洋経済記事だが、「駐日韓国文化院」は東京・新宿区にある個性的なデザインのビルだ。ここでは、韓国語教室や韓国映画上映会、韓国の伝統文化を紹介する講演など、毎日、何かしらのイベントを開催し、ほとんどが無料だ。KOCCA日本ビジネスセンターは、日本が世界有数のコンテンツ大国であるという判断によってここに拠点を置き、日韓のコンテンツビジネス活性化を支援する。

KOTRA東京IT支援センターは、韓国のITの専門家や機関、有望なITベンチャー企業が海外進出を目指す際、それぞれにオーダーメードのローカライズサポートを行っている。東京IT支援センターの“卒業生”には、遠隔サポートソリューションのアールサポートなどがいる。同社は、NTTドコモの「スマートフォンあんしん遠隔サポート®」に採用された技術を開発した。こうしたポテンシャルを持つ多くの韓国企業が、今も同センターを訪れるという。さらには韓国経済の低下で、深刻な就職難に疲れた韓国の若い世代が日本への進出を夢見ている。

結局日本を訪れる理由の一つに仕事探しと、日本で学べる環境下がある事。また日本の上記団体を含め韓国企業の下支えにも貢献している。しかしそれも限界にあるのも事実。日本政府として取り組みを見直す必要がある。まずは自国企業の雇用安定であるから、有能な海外人材の獲得と活用は別次元と考える必要がある。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月26日 12:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
日韓ビジネス最前線
記事が言いたいことは3つある。整理すると、
・韓流コンテンツを日本に売り込もう。
・日本のビジネス系IT産業へ進出しよう
・日本は人不足だから韓国の若者は出稼ぎに行こう

で、波及効果というのがあって、
・ソウルに日本語学校が増加
・日本人の日本語教師の募集がある
[ 2017/04/26 14:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL