韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  束になっても敵わないトヨタは「純利益で中国メーカーを秒殺」

束になっても敵わないトヨタは「純利益で中国メーカーを秒殺」

トヨタ自動車と中国メーカーの競争力はどれほどの差があるのだろうか。これはどのような指標を用いるかによって結果は違ってくるだろうが、中国メディアの今日頭条が24日付で掲載した記事は、トヨタ1社の純利益だけで「中国に存在する中国自主ブランドを秒殺できる」と主張し、それだけ圧倒的な差があると論じた。

中国自動車市場は世界最大であるため、多くの外資メーカーが進出しているが、中国自主ブランドのメーカーも非常に数多く存在する。民族系ブランドなどとも呼ばれる中国自主ブランドメーカーは100社以上もあるとされている。

また、2016年に中国自動車市場で販売された自動車台数は約2802万台に達した。日本での新車販売台数は約497万台だったため、中国市場は日本の5.64倍もの規模に達する。中国自主ブランドにとっては自国に世界最大の市場があるというのは大きなアドバンテージであるはずだが、実際は純利益でトヨタ1社に敵わないのが現状だとしている。

記事は、2017年3月期のトヨタの純利益は約1兆7000億円ほどと伝えつつ、中国主要メーカーのうち、純利益が多い上汽集団や東風集団、長城汽車、長安汽車などが「束になっても全く敵わない」と紹介。

さらに、トヨタの純利益は合弁メーカーを除いた中国主要メーカーの純利益の総和を超えていると指摘。世界のトップであるトヨタとの差を考えた時、中国メーカーが歩まなければならない道のりははるかに長いと論じた。近年、中国自主ブランド車のクオリティが向上していると言われており、実際に中国国内での販売台数も伸びている。だが、中国ではトヨタ車は「長年乗っても壊れない」、「トラブルが少なく、煩わしさがない」などと高い評価を得ており、その差はそう簡単には縮まらないと言えるだろう。
http://news.searchina.net/id/1634669?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
2006年から2016年までの11年間、世界販売台数でフォルクスワーゲンにトップの座を明け渡したのは11年と16年だけとなる。中国メディアは企業も急成長を目指すのではなく、しっかり着実に成長していくべきだという考え方が重要と伝えている。トヨタが成功を収めた要因の1つにトヨタ生産方式を指摘したうえで、さらに次世代車両技術「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を構築し、より良い自動車を製造するための努力を惜しまない姿勢こそ、中国企業が学ぶべき点であると他伝えている。

それよりは国の体質を変えるほうが先だろうと思うが…。あえて言えば、企業における教育訓練は社員のレベルを上昇させるうえで不可欠である。同時にプロジェクト組織を実施してほしいものであるが…。「出来ることを行う」のではなく「すべきことを行う」という考え方であるとも指摘している。これは重要だろう。ただその前に緻密な戦略があり、それは社員一人一人の行動目標となる。更に上記で述べた社員教育を経て、一人一人の行動目標の達成こそが、企業利益を高め付加価値を高めるわけで、結果人事考課や年収に反映するわけであるから、中国企業もそういう部分をしっかりと勉強する事である。

単に生産方式だけやトヨタのかんばん方式だけまねても意味はない。
重要なのはそこに行きつくための努力と、社員の底上げにある事を理解することである。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年04月28日 12:22 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL