韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本“嫌韓”がこれほどだとは…侮蔑コメントの8割が“韓国”関連

日本“嫌韓”がこれほどだとは…侮蔑コメントの8割が“韓国”関連

日本のインターネットニュースのコメントのうち、侮蔑的なコメントの8割を韓国関連が占めているという調査結果が出た。
 ネットワーク社会論を研究する立教大学の木村忠正教授とインターネットポータル企業のヤフーが共同で調べたところ、韓国と中国に対する排外主義的なコメントが多かったという結果が出たと朝日新聞が28日伝えた。

木村教授とヤフーは、ヤフージャパンで2015年4月の1週間に配信された政治・社会分野の記事1万件と、そこに付けられたコメント数十万件を分析した。コメントにしばしば登場する単語を見ると、1位から3位までが日本、韓国、中国だった。韓国、朝鮮など韓国に関連した単語を含むコメントは全体の20%に達し、中国関連まで合わせれば25%に達した。このうちの多数は“嫌韓”や“嫌中”意識が濃厚なコメントだった。特に、侮蔑的コメントだけを見れば、全体の80%は韓国関連だった。

今回の分析で1週間に100回以上コメントをした人が全体の1%いたが、その1%が付けたコメントがコメント全体の20%を形成していた。一方、頻繁に投稿しない人のコメントにも嫌韓や嫌中の言葉が含まれていた。


朝日新聞は、日本の出版界で10年ほど前から相次いで出された嫌韓出版物は、2015年ごろには差別的言説への批判や意識が高まり下火になったが、ネット空間では排他的な言葉が依然として飛び交っていると伝えた。今回の研究を進めた木村教授は新聞に「日米欧に共通するのは、少数派や弱者に対するいらだちだ。底流には自分たちは多数派なのに、利益を享受していないという不満がある。ネットニュースへのコメントには、こうした社会心理が表れている」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/27202.html

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、「断交がベスト。なぜ譲歩ばかりしているのか。一部政治家の利権か。南朝鮮など相手にするな!」。 4日の長嶺安政駐韓日本大使の帰任を契機に韓国との対話を促すオンラインコラム(関連リンク)の意見欄に書き込まれたコメントだとし、 このように日本のオンラインニュースには嫌韓コメントが蔓延していると、朝日新聞が28日伝えたと報じている。

ヤフージャパンと立教大研究チームが2015年4月の1週間、オンラインニュースのうち政治・社会関連記事1万件を分析した結果、韓国人や中国人を誹謗するコメントが25%にのぼった。記事について書き込まれた全体のコメントは数十万件。韓国関連のコメントが最も多い20%を占めた。その多くに嫌韓の意識が色濃くみられたと、同紙は伝えたという。 侮蔑的なコメントだけを別に分析した結果、嫌韓コメントの比率は80%に上がった。主に旧日本軍慰安婦問題など歴史認識に関するコメントだった。コメントが多い記事の主なキーワードは歴史・民族・領土・日本皇室・民族主義(ナショナリズム)など。オンライン記事の相当数が日本の極右情緒を刺激するという点も関係があるとみられる。ある政治サイトの運営者は「記事に保守的な見出しをつければクリック数が増える傾向がある」と伝えた。

さらに「ネット右翼」と呼ばれる人たちが存在するという観測もあるとし、今回の分析結果でも1週間に100件以上コメントをした人は全体の1%だが、この人たちのコメントが全体の20%を占めたという。再び嫌韓サイトがにわかに脚光を浴びている。一つにはグーグルのアドセンス審査も影響していると個人的に感じている。嫌韓サイトにおけるコンテンツの低下で広告費の低下を招き、同時にユーチュブの広告費低下とともに、システム変更が始まったと私はみている。コンテンツ重視となり大手企業まで審査が及んでいる今である。軒並み大手企業がグーグルアドセンスの広告数を減少させて他の企業と並行している。

嫌韓ブログなどの監査が厳しくなったのは一昨年からで、特には昨年がピークに感じている。しかし広告企業を変えて、また人気が出始めている現状がある。逆にこのサイトは逆の影響を受けて、まともな記事は頭を押さえられた格好となっている。とは言えいずれまた持ち直すだろう。嫌韓ニュースと実は広告費との関係は常に関連があり、その時々の時代の流れに感じるが、今後は嫌韓と言うよりは、アジア全体のニュースの中に嫌韓と言う部分が歴史を通じた内容としてコンテンツ化に向かうと信じている。そういう意味ではこのサイトも今年は踏ん張りどころとなる。同様のサイトは数多いわけで、来年以降にはネットニュースの質は向上に向かうと感じている。韓国メディアも反日政策ネタという決まり記事ではなく、幅広く内容を見つめなおさないとネタ切れとなる…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月29日 10:36 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(4)
朝日新聞は相変わらず
 だって侮蔑的なコメントされるよ
うな振る舞いばっかしてるんだ
から、 あったりまえでしょう。

 嫌韓は、 マイノリティを迫害してる
っちゅうのとはチト違うと思う、
朝日の言うてるのは問題のスリカエ
、 何を偉そうに。

 それにしても朝日のコメントは、
ムカツキますなぁ~! いったい、
何処の国のメディアなんだか。

 靖国神社に爆弾仕掛けたのは
何人じゃ、 文化財を盗んで返さ
ないのは何人じゃ、 お寺や神社
に油かけて廻ってるのは何人じ
ゃ、 慰安婦像を建てまわり、 捏
造の物語をかたってるのは何人
じゃ、 他にもイロイロある!

 日本でなかったら、 侮蔑コメント
くらいじゃ済まないはず、 下手
すりゃ戦争になってる。

 怒って当然なんじゃ馬鹿たれ
! 朝鮮人に限っては、 マイノリティ
だから虐めるっつうのは当たら
ない、 身から出た錆じゃ!
[ 2017/04/29 12:14 ] [ 編集 ]
リアクション
「嫌韓」は「反日」のリアクションです。
「反日」は今でも大統領候補の人達がやっている。
何故かというと有権者にうけるから。

この調査は中韓に亀裂がはいったから、日本はどうだろうと、
サーベイを入れている。「ダメだからやめとけ」という
レポートでしょう。
この先生の報告は「新発見」ではなくて「ダメ押し」です。

終りの方で朝日新聞がでる、その意味は、ネットの強勢に
旧来のメディアは勝てない。朝日には世論誘導能力はもうない。
という意味でしょう。
[ 2017/04/29 23:39 ] [ 編集 ]
ちょっとかしい
いやー。嫌韓というが、人間なら誰でもそう思う。その人間の本能なのです。
その人間の本能の方向を否定し、矯正し、強制するメディアはそれこそ存在を
否定されるべきで言論統制どころか人間統制です。
それくらいわからんのか?!!!!!!!!!!!!
ぼけ!朝日、毎日、テレ朝、TBS!ぼけ!お前ら存在意義ないいじゃ!日本
から出ていけ!帰ってくるな!!!
[ 2017/04/30 09:30 ] [ 編集 ]
2ダーが本来の朝鮮の姿に戻れば、昔みたいに2ダーは名前だけの存在になり、日本では話題にならなくなる。
2ダーは国がどうなろうと、永遠に2ダーのまま。

日本が悪い
与えてやった
教えてやった
2ダーのおかげ
奪われた
殺された

それしか教えてられてないんだから、変わるに変われないし、変わりたくもないだろう。

それが2ダーの生きる道。
[ 2017/04/30 11:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp