韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  予想より早く訪れた韓米FTA危機…韓国通商当局は「非常事態」

予想より早く訪れた韓米FTA危機…韓国通商当局は「非常事態」

ドナルド・トランプ米大統領が韓米自由貿易協定(FTA)の「破棄」の可能性にまで言及したことで、韓国の通商当局は韓米FTAが現在の体制で維持されることは困難になったものと見て、当惑感のなかで対応策づくりに入った。マイク・ペンス副大統領とウィルバー・ロス商務長官ら米国政府最高位関係者らがこれまで韓米FTA再交渉を何度も口にしたが、「破棄」にまで言及したのは今回が初めてだ。韓米FTA協定文は、一方の当事国が他方の当事国に協定の破棄意思を書面で通知すれば、その日から180日後に破棄することができると規定している。トランプ米大統領の就任後、チュ・ヒョンファン産業通商資源部長官とウ・テヒ第2次官がワシントンを訪問し、米国側当局者と数回会ったが、韓米FTA破棄に関する話題を切り出した米当局者はいなかったと知られている。トランプのこの日の発言はそれだけ突出的だ。

韓国政府はしかし、米国が実際に協定の破棄を求めるよりは、ある程度「脅迫性」である可能性に重きを置いた。産業部高位関係者は「近いうちに再交渉に入る予定の北米自由貿易協定(NAFTA)においても、トランプ大統領がその前に『破棄』の脅しをかけたことがある」と話した。これと関連して、ロス商務長官は24日(現地時間)「米国の鉄鋼・造船・自動車産業の保護」を主唱している。韓米FTA「破棄」の脅威を口実に韓国産の鉄鋼・造船・自動車製品の輸入を規制する実利を得ようという意図があるのではないかという解釈も出ている。ひいては、大多数の品目の関税率がほぼゼロになった韓米FTAが終了すると、両国の貿易は世界貿易機構(WTO)の最恵国待遇譲許関税率を適用されることになる。この関税率は韓国4.0~9.0%、米国1.5~4.0%(一部品目8%)だ。つまり米国により不利になるため、協定の破棄まで進む可能性は低いと政府は観測する。

韓国の通商当局はトランプ政権発足後、米国側に「韓米FTAは両国の利益のバランスを合わせており、互恵的な成果を出している」としながら説得作業を続けてきた。それでも今月に入って米最高位級関係者がFTAの改正を相次いで言及し、もう「論理的説得だけでは解決が難しい事案」という方向に旋回する様相だ。

特にトランプが昨年の大統領選候補時代に韓米FTAについて「災い」としたのに続き、今回は「おぞましい」(horrible)という修飾語を付けて、再び強く非難することによって、改正交渉に突入することになる場合はその時期も当初の予想よりはるかに早くなるという分析が出ている。これまで韓国は米国がまずNAFTA再交渉に力を入れ、続いて日米両者自由貿易協定交渉に出た後、韓米FTA再交渉が始まるものと予想してきた。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/27201.html

【管理人 補足記事&コメント】
自由貿易協定 自由貿易協定(FTA)とは、2カ国以上の国・地域が関税、輸入割当など貿易制限的な措置を一定の期間内に撤廃・削減する協定である。 締結国・地域間の自由貿易および投資拡大を目的として関税/非関税障壁を取り払うわけで、日本は、FTAを基礎としながら、これに加えて、投資の促進、知的財産や競争政策等の分野での制度の調和、様々な分野での協力などのより幅広い分野を対象とし、経済上の連携を強化することを目的としたEPA(経済連携協定)協定を推進している。

外務省のHPをみると、FTAのメリットとして貿易の投資、自由化を進め、日本企業が海外に進出するための環境を整備し、両国の経済を活性化するとしている。また資源、エネルギー、食料等の安定的輸入の確保や輸入先の多角化につながる。経済的な関係を深めることで、政治的な関係も強化され、さまざまな国・地域との関係を強化することで、世界の中で日本が活動しやすい環境を作るとしている。

だが日本とてアメリカとのFTAとなると戦略的EPA/FTAでないと、アメリカの安い農作物が日本に大量に輸入されれば、日本の農業・酪農等などはひとたまりもないわけで、日本の農業を含めた自給自足の部分を、企業化し世界に輸出する生産方式が無ければ難しい。一方でEPAを活用した技術協力でともに利益を得る戦略を見直す必要がある。

一方、韓国からすれば外交が弱く、今までFTAは締結することに意義があると勘違いしているから、FTA締結で赤字となる。今の韓国は必至な状態と言える。今後アメリカとのFTAとなると、中国・アメリカそして日本貿易でなりたつ韓国と考えれば、中国から報復を受けて、アメリカから厳しい要求をたたきつけられれば、日本に歩み寄るしか道がなくなるのは見え見えであるから、韓国政府の動きには注視する必要がある。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月29日 10:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL