韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  質低いサイト「順位下に」 グーグル検索の表示基準変更

質低いサイト「順位下に」 グーグル検索の表示基準変更

グーグルは、日本語版の検索結果の表示順を決める基準を3日から変更した。昨年末に閉鎖に追い込まれたDeNA(ディーエヌエー)のキュレーション(まとめ)サイトは、グーグルが公開していない基準を予測して自社の記事を上位に表示させており、今回の変更には質の低いサイトが上位になるのを防ぐ狙いがあるとみられる。

グーグル日本法人は今回の変更について、「より上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がる」と説明。「更新は日々加えている」としている。日本語版の変更を個別に発表するのは、2012年10月以来だ。

特定のページを検索結果の上位に表示させる手法は「検索エンジン最適化(SEO)」と呼ばれる。今回の変更について、大手企業十数社のSEOを手がける「so.la(ソラ)」の辻正浩代表は「情報が薄いキュレーションサイトや新興メディアの順位が下がった。これらの記事が多くの人の目にふれないようにする対応だ」と分析する。

検索結果の表示順は「200以上の要素からなる独自の情報処理」(グーグル広報)で決まる。ネット上のサイト数は300兆ページ超といわれ、検索結果の上位に出なければ人目に触れるのは難しい。検索の順位を上げて客を呼び込み、広告収入などを得るためにサイト運営会社が使うのがSEOだ。

検索されやすいキーワードを組み合わせて盛り込むこと、見出しを簡潔にすることなどが一般的なSEOとされる。一方、グーグルはこのような対策で検索結果が左右されないよう順位付けの手法を改良し続けており、今回の変更もその一環だ。
http://www.asahi.com/

【管理人 補足記事&コメント】
米グーグルは3日、日本語での検索結果が表示される順番を決めるアルゴリズムを変更したと発表した。ネット上では不正確な内容の記事をそのまま掲載するなどした「キュレーション(まとめ)サイト」が問題となっている。グーグルは、こうしたサイトが検索結果の上位に表示されにくくなるよう改良を施した。グーグルはアルゴリズムをどのように変えたかについては明らかにしていない。ただ、今回の変更で一部のまとめサイトで表示順位が下がったとの指摘も出ている。

まとめサイトの中には検索結果で上位に表示されるような「検索エンジン最適化(SEO)」と呼ぶ技術を駆使し、必ずしも内容が充実していないページが上位に表示される場合があった。グーグルは今回の変更を「低品質なサイトへの対策のため」としており、「今後も継続的にアルゴリズムを改良していく」としている。このサイトが上位から転落した理由は、このシステムが原因です。一つにはまとめサイトの位置付けとみている部分と、ちょうど二カ月ほど前から、異常な書き込みがありましたからね。実はこの内容をグーグル検索エンジンは読み取りますので、不確実な情報として低品質なサイトと位置付けられればさらに順位が落とされるという事になります。

皆さんの重要なコメントや付随記事とコメント主流のコンテンツなわけですが、記事量に比べて私のコメント量がまだまだ少ないですから低品質レベルと位置付けられても仕方がありませんが、グーグルからこんな情報がきました。記事数よりはコンテンツの高い短い記事が良い。さらには長い記事よりは、しっかりとまとめ上げた解りやすい短い記事のほうが良いとの事。このサイトでいえば記事数よりは、内容重視で、ニュース記事紹介は短く、【管理人コメント】コメントは長くと言ったところでしょうかね~。いずれにしてもコメントコンテンツ重視で、まとめサイトとは違うという認識を得るまで時間がかかるという事です。

ちなみに新システムは現在スマホの検索エンジンなどに展開中です。韓国経済のキーワードでは、今3ページから4ページ目にこのサイトがありますが、まだまだ落ちそうですね~。様子見ながらレベルを上げる必要がるという事です。ふるいにかけたシステムですから、いずれは落ち着くのではないでしょうか~。ただ異常なのはグーグルアカウントに入ったまま検索をかけると上位に表示されるわけで、グーグルサービス重視になりつつあるように感じます。さらに言えば同時にアドワーズサービス展開メールも送られてきましたから、様々な意図があるのでしょう。大手企業も広告単価や広告数を数多く掲載しすぎて指摘を受けたようで、対応に追われている様です。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月29日 12:33 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL