韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本は「高齢化というピンチ」を「チャンス」に変えられる

日本は「高齢化というピンチ」を「チャンス」に変えられる

「ピンチはチャンスなり」という言葉を見聞きしたことのある人は多いだろう。国でも企業でも、困難な状況を逆手に取り、それを打開するための努力をすることで、より大きく成長するきっかけになったという事例は枚挙にいとまがない。例えば、日本ではかつてオイルショックや公害という問題が起きたが、このような問題が今日における日本の「省エネ技術」や「環境保護技術」につながった。

日本は現在、少子高齢化という大問題に直面しているが、中国メディアの北京商報網はこのほど、中国社会科学院日本研究所に所属する研究者の見解として、日本は少子高齢化というピンチをチャンスに変えることができると説明した。記事は、世界の長寿国である日本では高齢化が深刻な問題となっており、高齢化率も非常に高いことを指摘。出生率は低下を続けており、すでに地方では人口減少が深刻化していることを紹介する一方、日本の高齢化という現象をビジネスという観点から見れば「日本は世界でもっとも進んだ高齢者向けビジネスが展開されている国の1つ」と言い換えることができると指摘した。

続けて、高齢者というセングメントを消費者のグループの1つとみなし、日本では手厚い介護のみならず、多種多様な高齢者ビジネスが展開されていることを指摘。日本経済にとって少子高齢化は大きなピンチではあるものの、「人間は誰でも老いるもの」であり、高齢者は世界中に存在するため、日本国内の事例を活用して日本企業は世界各国で高齢者向けビジネスを展開するというチャンスがあると指摘した。


日本の高齢者市場は2025年には100兆円を超える規模にまで成長するという見方がある。また高齢者市場には介護産業だけでなく、医療・医薬産業なども含まれるが、日本がかつてオイルショックや公害という問題を逆手にとって、世界をリードする「省エネ技術」や「環境保護技術」を開発したように、いずれは日本の高齢者向けサービスが世界をリードすることになるかもしれない。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
「ピンチはチャンスなり」というのだが、「ピンチはピンチ」だろうと思いますがね~。ピンチがチャンスになれば苦労はしないわけで、人間の精神面と言うのか、苦しいほどにアイデアを出し合って対応するという事であるから、常日頃教育訓練がないと難しい。一人で何とかできる問題ではない。何でも仕事にする中国などは逆に日本が見習う部分が多分にあると思いますが…。

日本は教育訓練の行き届いた国であり、社会システムもしっかりしていると考えれば、高齢化社会となれば、それに対応するために何をするべきかを問えば、おのずと答えは出てくるだろう。問題はそれを実行に移す技術力が不可欠なわけで、日本人の得意分野となるのではないか…。大手企業における小集団活動などは良い見本であり、アジアにおける近隣諸国の技術土台が日本と考えれば、どこよりも早く先を見つめた先端技術にトライするチャレンジ精神がもたらす結果ともいえる…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年04月30日 11:32 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(5)
労働人口を見ると
日本の総人口 1億2600万人のうち、外国籍は 1.5%の
191万人いて、そのうち就労者は 108万人。
20代人口のうちの外国籍は 8%くらい。

60歳台が 1,840万人にいるからこの年齢層の 1%が
再就労したとして労働人口は184万人増加する。

国の調査では、65歳以上の雇用者数は 13%であり、
まだ引き上げの余地がある。なので、国の政策は
外国人雇用より、自国の高齢者雇用のほうがまだ
重要視されていると思われます。

外国人受入れと外国人参政権をセットで推進して
獲得票を伸ばそうと企む政党があるが、まだ
時期尚早でしょう。
[ 2017/04/30 19:54 ] [ 編集 ]
何とか頑張って
 移民とかは入れずに乗り切り
たいモンですね。 特に特亜人は絶
対に入れたくない。

 外国人が日本に帰化、 或いは
定住するとしても、 今くらいの
ペースで十分、つまり、積極的に移
民を入れる制度などは特に設け
ずに、 それでも日本に住みたい
、 日本人になりたいと言う人で
、 出来れば一芸以上に秀でてい
て、 人格的にもシッカリしている人
、 日本の生活に馴染めるという
より、 日本式に憧れて来るよう
な人でなくてはなりません。

そんな基準でスクリーニングして行け
ば、 特亜人とかは自ずと残らな
くなるんじゃないでしょうか?

そうこうしているうちに、 何と
かして出生率UPして、 子育ても
十分可能な社会システムに変革して
行く必要もあるかと思います。

    えっ!

水道水に コッソリ 惚れ薬とか、 催
淫剤を混ぜちゃう? バイアグラも
入れちゃう?

  う~ん、 案外いいカモ?

   誰がやるの?

田中さんが、 ホッカムリ して浄水場
に潜り込む、 フーガさんが助手?

案外、 いけるカモ。

 でも、真面目に考えると、小泉
進次郎議員が 「こども保険」 と
かやってますけど、 愚生は一種
の税負担が増えるのはどうかと
思います。 国民負担にしちゃう
と、 またぞろ財務省あたりが悪
企みしそう、 人材育成は最も重
要な投資と考えれば、 「子育て
国債」 でも発行して予算確保し
た方が良くはないか? 国民の
金だと、 国は必死にならないか
ら。 借金なら、 それこそ国も必
死になって対策に取り組み、 結
果を出すように思うからです。

 でなきゃあ、 「こども保険」
と併用するとか。

 愚生の一族のように、 胞子で
生殖するとか。

 田中さんやフーガさんが、 お妾
さんをたくさん囲っちゃうとか

[ 2017/04/30 20:02 ] [ 編集 ]
ピンチはチャンスになりうる。これ事実
少子高齢化は日本だけの問題ではなく、世界中で訪れる問題です。
そして一番早く少子高齢化を経験した日本は、大きなアドバンテージを得ることになった。
このノウハウが日本を救う可能性は、かなり大きい。
東南アジアの人的資源を使い、利益は日本企業が回収する。
[ 2017/04/30 22:04 ] [ 編集 ]
働く女性
生物学的に根拠のある話で、出生数は男の方が多い。
日本の男女比は全体で男対女=105:100、これは
どこの国でも同じようです。
一人っ子政策をとった中国でも105:100らしいが、
実態、コントロールして出生数で男子が多いのに、
これだから、中国はかなり異常です。

知っての通り、平均寿命は女のほうが長い。
日本では男女比は57歳で逆転する。
よく働く高齢女性が多いような気がするが、
どうも女性の方が丈夫で長持ちです。

安倍政権が「女性の活躍促進」を運動するのは
人口統計の根拠があってのことと思われます。
[ 2017/04/30 23:26 ] [ 編集 ]
中国の新生児男女比はいまでも115程度のようです。
これに加えて直近、合計特殊出生率は1.1を割り込んでいて、
一人っ子世代が出産適齢期である以上、改善の見込みはほぼ無い。
[ 2017/05/01 02:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp