韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ大統領がまたもTHAAD発言、韓国次期政権に難題を予告

トランプ大統領がまたもTHAAD発言、韓国次期政権に難題を予告

金寛鎮(キム・グァンジン)大統領府国家安全保障室長は30日、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題)と電話で、高高度防衛ミサイル(THAAD)の展開および運営・維持費用は米国が負担するという両国の合意内容を再確認したと、大統領府が明らかにした。マクマスター補佐官は、トランプ大統領の「THAAD配備費用10億ドル(約1兆1300億ウォン)韓国負担要求」の主張と関連して、「同盟国の費用負担に対する米国民の希望を念頭に置いて一般的な脈絡で発言されたもの」と説明した。そして、「トランプ大統領が『韓米同盟は最も強力な血盟であり、アジア太平洋地域で米国の最優先順位である。米国は韓国と100%共にする』という確固たるメッセージを伝えた」と話したと、大統領府は付け加えた。
 
トランプ氏が先月27日のロイター通信とのインタビューに続き、28日に米紙ワシントン・タイムズとのインタビューでも「韓国がTHAAD配備の費用を支払うのが適切だ」と発言し、韓国で反発世論が爆発したことを受けた米国側の「応急措置」と見える。同日の通話は米国側の要請でなされた。ひとまず論議は水面下に沈むムードだ。 しかし、今回の論議は一回だけのハプニングというよりも、トランプ氏が同盟である韓国に対する認識と特有のビジネス交渉式の外交スタイルをそのまま表わしたという点で、「5・9大統領選」後に発足する韓国の新政府に迫る難題を予告している。トランプ氏は韓米同盟の重要性を強調しながらも、「米国第一主義」の基調の下、韓国との関係で最大の利益を追求するという点を明確にした。特に、北朝鮮の核の脅威に対抗するために原子力潜水艦「カールビンソン」など天文学的な戦略資産を大挙投入しているトランプ氏としては、北朝鮮核問題に伴ういわゆる「安保割増料金」を韓国政府に要求することはできる。

さらに、「ワシントンのアウトサイダー」であるトランプ氏は、敏感な韓米同盟の事案を高官級チャンネルではなくメディアとのインタビューを通じて先に明らかにした後、韓国の反応を見て参謀が収拾に乗り出しており、新政府発足後、両国間の意思疎通が円滑でなければ、第2、第3のTHAAD請求書論議が再演される可能性が懸念される。実際に、トランプ氏のTHAAD発言後、ホワイトハウスと国務省では「知らなかった」という反応が相次いだ。米政府のある関係者は28日、韓国側に「THAAD発言の波紋を最小限に抑える方法を講じている」と遺憾の意を示した。最近ワシントンで開かれた第11回韓米統合防衛対話(KIDD)の米国側出席者も、トランプ氏のTHAAD発言について「事前に知らなかった」と当惑の色を示した。
http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/912323/1

【管理人 補足記事&コメント】
米国側の「応急措置」と見えるというが、新大統領が決まったのちの難題となるのは正しいだろう。韓国大統領府の発表によると、電話協議は米国の要請で実施した。トランプ米大統領が米軍による地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の韓国配備の費用10億ドル(約1100億円)を韓国が支払うべきだと米メディアに語ったことについて、マクマスター氏は米国の世論をくんだ一般論だと説明。両氏は韓国が土地や基盤施設を提供し、THAADの展開と運用にかかる費用は米国が負担する米韓合意を再確認しているとした。

トランプ氏はこの中で、「韓国が費用を負担するのが適切だろうと韓国側に伝えた」言及。「あれは10億ドルのシステムだ」と述べているわけで、トランプの腹の中での気持ちであるから、防衛費負担外交合戦前にトランプ大統領の気持ちを先に韓国に与えて圧力をかけた形と言える。損得で考えるトランプがこのまま単純にアメリカが負担するとは思えないが…。その先に何かあると考えたほうが良いだろう~。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年05月01日 11:05 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
ただ単純に
トランプがサード設置に関する米韓合意を知らなかっただけでしょ。
トランプが知らないことなんて、山ほどあるよ。
トランプはスタッフに相談する前に、Twitterで呟いちゃうから。
[ 2017/05/01 19:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL