韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本はなぜ米国抜きでTPPの発効を目指すのか

日本はなぜ米国抜きでTPPの発効を目指すのか

トランプ大統領は2017年1月、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)から永久に離脱するとした大統領令に署名した。日本にとって米国の離脱は大きな誤算だったと言える。だが、日本は米国抜きのTPPの可能性も模索しており、麻生太郎財務相は19日、米国抜きの11カ国でTPPの発効を目指す「TPP11」の協議が5月に行われると見通しだと述べた。

しかし、香港メディアの鳳凰網は24日付で、米国という大きな市場の存在しないTPPは意味をなさず、日本もTPPを牽引するリーダーにはなれないと主張する記事を掲載した。

記事は、かねてよりTPPに反対していたトランプ氏が大統領になったことで、日本をはじめとするTPP参加国は「針のむしろ」の状況に追い込まれたと指摘。麻生財務相が日本政府を代表して語ったTPP11構想について「米国に対する乱暴な言論」だと表現する一方で、日本の思惑はTPP11の成立以外にも3つあると説明した。

まず1つ目として、オーストラリアなどの国は大きな市場を持つ中国のTPP参加を希望しており、それによりTPP構想を存続させたいと願っていると説明。しかし、これはアジアの主導的地位にいる日本にとっては非常に不愉快なことであり、それゆえ「中国の参加」を排除するためにTPP11に踏み切ったと論じた。


スポンサードリンク
   


2つ目として、安倍首相がトランプ大統領が考えを変えて再びTPP参加を表明すること期待し、米国の反感を買う可能性があると知りつつもTPP11を持ち出したと説明。また、3つ目として日本は米国との2国間交渉を有利に進めるためのカードとしてTPP11を用いるつもりであると主張した。最後に記事は、日本がTPP11に対してこうした思惑を抱いているとしても、日本を除いた10カ国は米国という大きな市場のないTPPに対して魅力を感じていないうえ、大きな市場を持つ中国も参加しないのであれば、日本がリーダーシップを取るTPP11には魅力がないものだと論じた。

中国がTPPに参加すれば、大きな市場を持つ中国に主導権を奪われる可能性は排除できない。また、中国は東アジア地域包括的経済連携(RCEP)を主導しており、TPPに参加しなくても、自国の影響力を拡大するための枠組みを持っていると言える。TPPやRCEPは日本と中国の経済的影響力をかけた駆け引きの場でもあると言えよう。
http://news.searchina.net/id/1634837?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
日米の主導でアジア太平洋の12カ国が大筋合意に至ったTPPの合意文書には、米国抜きでは発効しないとする文言が含まれている。一方でグアハルド経済相は、日本がリーダーシップを発揮すれば、その文言を含む条項は「問題なく」削除でき、メキシコなど他の参加国は米国抜きでTPPを発効させることのメリットとデメリットを評価することが可能だとした。米国を除く11カ国でTPPを推進させる考えを示している。TPP参加国は、ベトナムで今年11月に開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で貿易に関する踏み込んだ協議を行う予定で、閣僚らは5月に準備会合を開始する。TPPとは簡単に言えば、関税をできるだけ取っ払って、自由貿易を進めようというのがTPPである。 「 環太平洋戦略的経済連携協定」と呼ばれ、2006年、シンガポール・ニュージーランド・チリ・ブルネイの4か国によって発足された。

日本はアベノミクス経済発展の起爆剤にしようと考え、2013年に参加方針を表明しました。TPPは関税が撤廃され日本の輸出が増えるメリットがある一方、日本の農家は大打撃となる可能性がある。日米FTAでも同じだが、二国間貿易と違って多国間貿易であるから関税その他が緩和され、輸出国である日本からすれば、TPPの交渉がまとまり関税が撤廃され、より多くの製品を輸出することで、日本のGDP(国内総生産)は約3.2兆円も増加すると試算されている。日本政府は、日本の農産業を守るため、「米・小麦・乳製品・砂糖・牛豚肉」の5品目は“聖域”として輸入品の関税を撤廃しないことを前提にTPP参加の方針を決めわけで、アメリカ離脱でどれほどのメリットがあるのかは再検討を迫られる。



最新コメント
関連記事

お勧め記事

ブログパーツ
[ 2017年05月02日 09:48 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL