韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  国際 >  ドイツ人は1日6時間しか働かないのに経済が安定しているのはなぜ?

ドイツ人は1日6時間しか働かないのに経済が安定しているのはなぜ?

昨年ごろから労働時間の短縮、とくに残業時間の削減について議論が日本国内で活発に繰り広げられている。労働時間の削減は仕事の仕方や効率、企業や社会の体制にまで影響する難しい課題だ。中国メディア・今日頭条はこのほど、「どうしてドイツ人は毎日6時間労働で経済を安定させられるのか」とする記事を掲載した。

記事は経済協力開発機構(OECD)の調査で、ドイツの年間平均労働時間が1371時間と加盟国中で最も短いことが明らかになったと紹介。1営業日あたり平均6時間という労働時間について「わが国は毎日残業に迫られているというのに、幸せすぎるではないか」とした。一方、短い労働時間にもかかわらず欧州で最も安定した経済状況であると説明し、その理由について分析している。

示された理由は「ドイツでは従業員に大きな裁量権が与えられており、勤務時間をフレキシブルに設定することができる」、「ドイツ人は勤務時間は仕事に集中するため効率が極めて高い」、「その代わりプライベートをとても大切にし、一たび会社を離れて休息時間に入れば、仕事は持ち込まない」の3点だ。


スポンサードリンク
   


記事は「ドイツ人は仕事に対して非常にまじめで、生活に対しても非常にまじめ。その区別がしっかりついている。この点もわが国の文化と大きな違う点だ。ドイツ人にとって残業は仕事が低効率だからという考え方があり、残業を非常に嫌うのだ」と解説している。

「生活や仕事に対する態度は、非常にわれわれが学ぶに値する。われわれの残業は本当に必要なのか、残業するために残業しているのではないか、と考えてしまう」と記事は結んでいるが、中国の労働状況のみならず、日本にも同じことが言えるのではないだろうか。ドイツの方式をそのまま模倣するのは不可能かもしれないが、仕事への集中力と、プライベートを大切にする心構えは学べるはずである。
http://news.searchina.net/id/1634825?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
経済協力開発機構(OECD)の統計によると、日本では就業者1人当たりの1年間の平均労働時間が1745時間(2012年当時)だった。これに対し、ドイツは1393時間と約20%も短く、日本人より年間で352時間も短い。352時間といえば、およそ14日間に相当する。ドイツは、世界でも労働時間が最も短い国の1つで、OECDの調査の対象となった35カ国の中で、オランダに次いで短い。一方、日本の年間労働時間は35カ国の中で8番目に長い。OECDによると、ドイツの1時間当たりの労働生産性は日本よりも高いが、その理由の1つに労働時間が日本よりも短いことが挙げられる。労働生産性は、国内総生産(GDP)を労働時間で割って算出されるからだ。労働時間が短くなればなるほど、1時間当たりの労働生産性は高まる。

ドイツは、企業で働く社員の労働時間は、1994年に施行された「労働時間法(ArbZG)」によって規制されている。この法律によると、平日(月~土)1日当たりの労働時間は8時間を超えてはならないとあり、1日当たりの労働時間は、最長10時間まで延長することができるが、その場合にも6カ月間の1日当たりの平均労働時間は8時間を超えてはならない。ただし経営者と社員が特別の雇用協定を結ぶことは許されている。また緊急事態の例外は認められてろ、ドイツの企業は、1日当たり10時間を超える労働は、原則として禁止されている。企業が社員に長時間労働を課さないもう1つの理由は、企業イメージを守るためである。

ドイツのISO監査人と話をすると、ISOシステムは顧客要求事項に対し、日本は余計な文言が多くシステムが複雑であると語っている。また監査時では優遇されるのも日本の特徴だ。ドイツでは逆に監査人が訴えられるだけに監査人は神経を使う反面、システムは単純で責任と権限を下に移動しつつ、組織もスリムで明確となり、社員全体のレベルアップにつながる。日本もそろそろ自社システムを見直す時期だろう。システムは棚に収められ、内部監査は行きIつまり、組織の改編などの実施は少ないのではないか…。ぜひ組織をプロジェクト化し、責任と権限の委譲で、役員或いは幹部を減らし、より効率的な組織が能力アップにつながることを認識してほしいものであるが…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事

ブログパーツ
[ 2017年05月02日 10:19 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(5)
労働事情
隣りの庭はきれいに見えるもの。
ドイツは労働階層が固定的で、かつ多数の移民が
低所得労働を担っている。という制度の違い。

こういう報告もあります。

2015年の報告によるドイツの労働事情
雇用を守るために残業
http://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2015/11/germany_01.html

ドイツの事業者は需要変動に合わせて、増員か残業か、選択する。
失業率は 4%くらいだから、求人は比較的容易じゃないですか。
低所得労働をどういう階層が担っているか、ここを見るべき。
中国にはいわゆる「農民工」がいる。

「経済が安定している」というのは全く別の問題で、残業とは
関係ない。経済の強弱は製品の強さと、サプライチェーン、
需給バランスを見る経済の回転です。
[ 2017/05/02 15:51 ] [ 編集 ]
ドイツの経済が安定してるのは
永遠の割安通貨「ユーロ」のおかげでしょ。
[ 2017/05/02 18:49 ] [ 編集 ]
ばか?
安定している?どこが?だれが言ったの?
ドイツ銀行は破産寸前なんだけど?
つまり、政府の財務的問題を引き受けているのがドイツ銀行。
見掛け上政府はよく、企業は悪く見える。だけ。
反対が、韓国!政府は企業を背負っているから、政府は弱い。企業は強い。はず。
だが、今の韓国はだめだね。見掛け上サムスンだけ。
ドイツ銀行の職員は一年毎の契約。高給は首切りが早い。
どこが安定しているんだろう。。。ああ、あれあれ、フェイクニュース!
[ 2017/05/02 19:10 ] [ 編集 ]
 Nanashi2さんみたいに、 データ
や知見に基づいて言うワケではあ
りませんが、 ドイツの経済が堅調
なのと労働時間が短いのとは、
あんまり直接的な関係はないと
思いますね。 経済が良いのは、
EUという括りの恩恵も有るだろ
うけど、 基本的にはドイツが生み
出す製品やサービスに、高い付加価
値が在るから。 まっ、 そこに持
ってきて、 EUの括りによる、ユーロ
という通貨の恩恵はデカイかも知
れませんが、マルクのままなら、 今
のようには行かないカモ知れませ
んね、 必ずマルク高になりそう。

 んで、 労働時間ですが、 愚生
もかつては 「身体」 で稼いでた
クチだから偉そうな事は言えない
んですが、 文化とか意識の違い
が大きいんじゃないでしょうか
? 放棄やシステム、 企業内に於け
る制度も在るでしょうが、 例え
ば法規にしても、 文化や意識が
反映すると思うんですよね。

 一部の職人なんかは、 「残業
すんな!」 と言ったって残業し
ちゃいますしね。

 割り切りの良いのが欧米の文
化、 割り切りの悪いのが日本の
文化、 働いてりゃあ (働くフリだ
けでも)、文句言われなかったし
、 少なくとも、 愚生が 「身体」
で稼いでいた時代は、 労務管理
なんかテキトーで、 残業すれば全部
収入になったモンで、 今みたいに
、 サービス残業なんて無かった。

 世知辛い世の中になりました
ね。
[ 2017/05/03 00:13 ] [ 編集 ]
友人がドイツ在住ですが、確かに一般社員は早く帰りますが、管理職以上は非常に長時間労働だそうです。単純に皆が皆短時間労働ではない様です。但し、誰もがバケーションを楽しみに、集中して働いているのは確かな様です。
[ 2017/05/03 08:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL