韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  【韓国経済】他人のせいにする韓国 反転できる要素見当たらぬ

【韓国経済】他人のせいにする韓国 反転できる要素見当たらぬ

一般的に1人あたりGDPが2万ドルを超えると中進国、3万ドルを超えると先進国とされる。だが、3万ドル経済に向かおうとする中進国は、しばしば為替や労働コストが高くなって競争力を失い、3万ドルに近づくと落ちるという動きを繰り返す。これが「中進国のジレンマ」だ。

韓国経済も、調子が良くなるとウォンや労働コストが高くなり、そのたびに競争力を失って落ちるという悪循環に陥っている。韓国が「中進国のジレンマ」から抜け出せない最大の理由は、イノベーションがないことだ。では今後、韓国は何らかのイノベーションによって「中進国のジレンマ」から抜け出せる日が来るのだろうか?

残念ながら、当面は難しいだろう。なぜなら、戦後日本は財閥解体で従来の秩序が崩壊して経済にダイナミズムが生まれたが、韓国は未だに財閥支配で縦方向の秩序が固まっているからだ。その秩序を壊してイノベーションを起こすためには、松下幸之助氏や本田宗一郎氏のような学歴がなくてもアンビション(野望)のある起業家が必要となる。しかし、韓国は極端な学歴社会だから、アンビションを持っている人でも、いったん受験戦争に負けたら這い上がることが難しい。つまり、イノベーションが起こりにくい硬直した社会構造なのである。


また、受験戦争に勝って財閥企業に入った人たちも、ファミリー企業なので出世に「ガラスの天井」があるし、近年は45歳くらいでリストラされるケースも多く、すんなり定年までエリートの道を歩むことが難しくなってモチベーションが低下している。どこをどう切っても、反転できる要素が見当たらないのだ。

韓国の根本的な問題も指摘しておかねばならない。それは自分たちの問題を何でもかんでも日本のせいにする、ということだ。日本が高度成長した時に我々は朝鮮戦争で発展が遅れてしまった。その原因は日本の植民地支配だ。そういう“エクスキューズ(言い訳)文化”だから、自分たちも努力すれば日本に追いつき、追い越すことができるという発想が生まれにくい。ここが同じく日本の植民地だった台湾との大きな違いである。
https://www.news-postseven.com/

【管理人 補足記事&コメント】
財閥企業主体の韓国では、自分の存在を強くアピールするというのが異常な行動であったりするわけで、日本統治下以前の問題となる。国がなくなり、また国が作られを繰り返し、大国について回り、北朝鮮はロシアや中国、そして韓国はアメリカで、大国なしで生き抜くのは無理な国となる。朝鮮半島はいずれ大国へ編入されるだろう。今のトランプ大統領は自国中心であるから、他国は知ったことではないが、自国脅威には断固対応する姿勢でいる。

まるで北朝鮮のような考え方である。アメリカが北朝鮮と交渉外交力を持てば、情勢は今よりはるかによくなるだろうが、アメリカの存在は時に凶と化すわけで、危険と考えておくべきだろう。さて、他人のせいにする韓国だが、そうしないと企業では生き抜けないわけで、下手すればクビとなり生活のすべをなくすわけで、政治では惨めな終わりとなるだけに、何とも厄介な国である。それでいて反日政策の国であるから、なお厄介となる。一方で韓国経済の土台は日本技術であるから、その技術が限界点になれば、それ以上は無理である。

日本企業が下支えしているとはいえ、340万社の企業の下支えは出来ない。ただサムスンへ融資しているみずほや、家計負債の不動産を除いた部分は大半が日本の貸金業者であるから、関連は深い。今状況では撤退すべきと言うのが個人的意見である。また職を探しに訪日する韓国人も多いわけで、訪日する韓国人が増えるほどに韓国人の犯罪も増える。他人のせいにすれば自分は助かるという概念を捨てきれないのが、韓国内の異常な雰囲気であり、それに飲み込まれながら生活する国が韓国であるから、世界で一番嫌われる国と化しても、自覚でき無いでいるのも韓国の特徴と言える。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年05月02日 12:38 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(3)
韓国経済が成長したのは
不動産バブルが長く続いたから。
その背景には、狭い国土と5000万人の人口があった。
しかし人口ボーナスが終わり、地価の上昇は限界を迎える。
財閥支配構造が強いため、国全体でみればそれほど大きな落ち込みはないかも知れないが、路上にホームレスが溢れる可能性は高い。
[ 2017/05/02 18:58 ] [ 編集 ]
ご愁傷様です。
漢江の奇跡の真相(理解しようとしてない?)を知らない。資金は、技術は、イノベーションは、突如として起きたのか?。真相を理解しようとしない南鮮民族の不幸ですね。あなたたちには「明日はない。」合掌。
[ 2017/05/02 23:48 ] [ 編集 ]
経済人は静観
大前研一氏のような「先取りジャーナリスト」が韓国批判にでてきた。
これは何の感情も込めないで、クールに韓国の価値評価をやっていて、
「嫌韓」批判の圏外。何気に安倍首相に同調しているような。
次のステージは南北の勢力比較ですか。とにかく大統領選挙の結果を見よう。
どういう決着へ行くのか、交易は可能なのか。経済人は静観でしょう。
[ 2017/05/03 00:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp