韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  スマホ産業で「絶対的優位」なのは中国ではなく、日本

スマホ産業で「絶対的優位」なのは中国ではなく、日本

2016年の世界スマートフォン市場における出荷台数ランキングで、トップ10には中国から華為(ファーウェイ)やOPPO、vivo、小米(シャオミ)、Lenovo、TCL、ZTEの6社がランクインした。一方、日本からは残念ながらトップ10に1社もランクインしなかった。

中国スマートフォンメーカーの躍進は単に安いスマホを製造しているからではなく、品質の向上も大きな要因であると言えるが、中国メディアの今日頭条は21日付で、「中国のスマホ産業は日本を圧倒していると言えるのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。 記事は、スマートフォンはディスプレイやCPUなど、さまざまな電子部品で構成されているが、電子部品1つ1つの競争力を見てみると「日本企業の競争力は圧倒的に強く、中国企業にはほとんど付け入る隙がない」と指摘した。

さらに、スマホ産業において日本にはトップレベルの部品供給メーカーが勢ぞろいしているとし、例えばソニーのイメージセンサーは各メーカーのフラッグシップモデルに必ずと言っても良いほど搭載されていると指摘。また、シャープやジャパンディスプレイのディスプレイパネルも中国メーカーにとって「第一の選択肢」であると説明した。

確かに中国企業はスマホ市場で大きな存在感を示しているとする一方、スマホ産業の上流にいる日本メーカーには「絶対的優位」があり、この領域における中国の競争力は明らかに不足していると繰り返し指摘した。スマートフォンにおけるカメラ機能は、消費者の心を最も強く惹きつける機能の1つだと言える。ディスプレイの美しさももちろん同様だ。こうした部品を開発し、供給しているという点で日本メーカーが大きな存在感を示しているというのは実に喜ばしいことだ。
http://news.searchina.net/id/1634894?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
スマホとはいえ重要部品は日本である。しかし部品と製品を単純に考えれば、製品開発として製品を売るほうが利益は大きいのが常である。部品企業が中小企業で製品が大手企業という構図は変わらない。日本技術の優れた点と言うのは部品と言う側面ではない。製造する設備であったり、そのメンテは日本であるという事。サムスンを含めた半導体設備や検査にメンテという付加価値の高い部分では日本である。確かに半導体分野では日本の電機メーカーは大きくシェアを落としたのは事実。しかし新技術として日米で最先端技術の取り組んでいる。

スマホ内部の半導体にしても、市場シェアを大きく減少させた日本とはいえ、、自動車用の半導体ではダントツである。今後を考慮すれば、スマホCPUはGPUとの融合であるから、RAMも融合しワンチップ化になれば、よりシンプルなチップに置き換わるだろう。技術はどんどん進んでいるわけで、単にシェアだけで予測しても難しい時期に来ているのも事実。特に日本技術においては今後が楽しみである。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年05月03日 11:49 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
棲み分け
スマホ産業のサプライチェーンの中で、セット(最終製品であるスマホ)と
パーツの棲み分けが今のところ無事にできている、ということです。
民生機器だからスマホはB2C、パーツはB2B。パーツは採用されたら、
あとはセットメーカー同士の競争を上からながめていればいい。
シェアが固まると買いたたかれますけどね。
ソニー、村田、TDKあたりはまだいけるでしょう。
[ 2017/05/04 00:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL