韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国有権者の66%「THAAD奇襲配備に否定的」

韓国有権者の66%「THAAD奇襲配備に否定的」

先月26日、在韓米軍と韓国政府がTHAAD(高高度防衛ミサイル)システムを慶尚北道星州(ソンジュ)ゴルフ場に奇襲配備したことについて、有権者の間では否定的な認識が圧倒的であることが分かった。THAAD配備に肯定的な有権者たちも配備費用については10人のうち9人が「米国が負担すべき」と考えていることが明らかになった。

ハンギョレとリサーチプラスが今月1~2日、全国の19歳以上の男女1011人を対象に行った世論調査の結果、韓米当局が最近、THAADを電撃的に配備したことに対し、「よくやった」と評価した回答者は28.4%に止まった。一方、全体回答者の65.7%がTHAAD配備自体に反対したり、配備過程に問題意識を感じていた。全体の36.8%は「THAAD配備は必要だが、こんなに急ぐのは間違っている」と答えており、28.9%は「THAAD配備は間違ったことなので、次期政府で再検討すべき」との意見を示した。

奇襲的なTHAAD配備を肯定的に評価した回答は60代以上(47.6%)と自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補の支持層(75.3%)で最も多かった。「THAAD配備を急ぐのは間違っている」と回答した人は主に20代以下(44.1%)や40代(42.7%)、国民の党の安哲秀(アン・チョルス)候補支持層(47.6%)だった。また、THAAD配備を「再検討すべき」との意見は30代(42.8%)と共に民主党の文在寅(ムン・ジェイン)候補の支持層(48.9%)で多かった。

THAAD配備の必要性に共感する有権者たちを対象に、最近韓米間で論議になっているTHAAD配備費用の処理に関する意見を聞いた結果、92.6%が「元々協議された通り、費用は米国が負担すべき」と回答したことも目を引く。「トランプ米大統領の要求を受け入れて費用も韓国が負担すべき」と答えた人は3.1%に止まった。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27254.html

【管理人 補足記事&コメント】
韓国で米国による「THAAD」(終末高高度ミサイル防衛システム)の配備が開始され、中国の韓国企業への報復が拡大している。中国からの訪韓観光客の制限、THAAD配備の土地を提供したロッテに対する中国での圧力は高まるばかりである。そもそも米国が韓国にTHAADを配備したのは、度重なる北朝鮮の核実験や弾道ミサイル実験が招いた事態である。つまり、北朝鮮による軍事的脅威への対処として、米韓で合意されて配備が決まったわけである。

その一方で北朝鮮をこれまでにした北国の主犯は中国であるから、その中国に北朝鮮の非核化を実施せよと語ったところで無理である。北朝鮮民を雇い入れ、一方で金正恩体制の北朝鮮を温存させようとしてきた中国であるから、互いの利益のために何でもする両国には、何を伝えても通用しないのではないか。その一方で朝鮮戦争以後在韓米軍に守られてきた韓国である。そういう部分ではアメリカに守られてきた日本と似た側面を持つが、平和をずっと経験してしまった韓国が日本のODAで経済成長し、北と比べ物にならないほどの生活力を確保したわけで、今でさえ家計負債で崩壊寸前とは言え、通貨危機ごとに他国に助けられ、韓国民はすでに朝鮮戦争冷戦期であるという認識すら薄いのではないか…。

徴兵制度があるとはいえ、不正の場所となっている国であるから、いざ北朝鮮が攻め入ればひとたまりもないほどに、米国依存である。挙句に他人任せで責任転嫁の国でもあるわけで、ご都合主義ではTHAAD設置を真剣に考えるよりは、防衛は費用もアメリカ任せという連中も多いのだろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年05月04日 09:43 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
韓国人がサードに素直に賛成出来ない気持ちもわかります。
サードでソウルは守れない。
このこと韓国人は知ってるのかな?

[ 2017/05/05 09:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL