韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の「軽自動車」って独特・・・中国でも人気を得ることは可能?

日本の「軽自動車」って独特・・・中国でも人気を得ることは可能?

2016年における日本の新車販売台数に占める軽自動車の割合は約34%に達した。軽自動車税の引き上げによって軽自動車の販売台数は伸び悩んでいるものの、それでも軽自動車の人気は安定していると言えるだろう。軽自動車は品質もデザインも向上を続けており、SUVタイプ、ワンボックスタイプなど、種類も非常に豊富だ。

しかし、軽自動車が人気であるのは日本独特の傾向と言えるだろう。中国における軽自動車のイメージは「価格が安くてチープさが目立ち、作りも粗い」というものだという。軽自動車は厳密に言えば、日本独自の車種なのだが、中国では軽自動車のように小型の車はどちらかと言えば人気がないのが現状だ。だが、将来的には中国でも軽自動車のような小型の車が人気となる可能性はあるのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本で大きな市場を獲得している軽自動車は中国でも成功できるか」を議論する記事を掲載した。

中国人ネットユーザーから寄せられた意見を見ると、日本の軽自動車について、自動車としてのレベルの高さは評価されていることが分かる。あるユーザーは、軽自動車が「とにかく小さい」のに、見た目がSUV車かスポーツカーにすら見えるほど「かっこいい」と称賛。また、日本では「政府の優遇策」をきっかけに、自動車の各メーカーが軽自動車の規定の範囲でイノベーションを行った結果、今日では消費者のどんな需要にも応えられるほど多くのタイプの軽自動車が存在するようになった、とメーカーの努力を評価した。

では、仮に中国で軽自動車が発売された場合、成功を収めることは可能だろうか。ネットユーザーたちの共通の見解としては、今のところは「成功はまずあり得ない」というものだった。軽自動車の売りである「小ささ」は、自動車は大きいほどメンツが立つという中国人消費者の考えと相反するためだ。また、日本のように「軽自動車だけに対する政府の優遇策」がないため、日本のように軽自動車を所有するメリットもないためだという。

その一方で、「いつになったら中国から無駄な流行がなくなるのだろうか」、「政府がその気になれば軽自動車は増やすことができ、そうなれば渋滞だって緩和される」といった意見も見られ、日本のように軽自動車が流行してくれたら良いと願う本音も垣間見られた。 自動車の普及が遅かった中国では、今でも自動車がステータスの1つとみなされるため、小さな自動車は実用的ではあっても好まれない傾向がある。しかし、コンパクトな車は街中では大変便利だ。自動車の普及に伴い、中国人消費者の意識が変わる日もやがて来るかもしれないが、今すぐには難しいようだ。
http://news.searchina.net/id/1635171?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
中国の環境汚染は深刻だ。すべての車を軽自動車に変えるだけでも、大きく改善する…。などと中国政府が公表し、変更する事で補助金でもだして徹底すればすべて軽自動車となる。それもハイブリッド軽自動車かぁ~。どこでどうなるのかは別として、中国では売れない商品が突如売れる事になり兼ねない可能性を秘めた国だけに、中国政府次第となるが…。中国人消費者の意識が変わる日もやがて来るかもしれないが、今すぐには難しいようだと言うのが物語るが…。

ただ環境汚染が恐ろしくて空気の良い国へ海外旅行するわけで、そろそろ限界点にきているのではないか…。環境汚染と中国経済は大きく関連があるだけに、中国経済低迷の余波は中国政府も待ったなしと自覚始めているだけに、軽自動車レベルの電気自動車が求められるのも事実…。時間の問題か。。。



関連記事
最新コメント

お勧め記事

ブログパーツ
[ 2017年05月08日 13:13 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(3)
Alternative(代案)
中国自動車市場では台数規模を維持する策がいろいろ
検討されている模様。現状、政府の小型車減税で
1.6L以下の小型車が売れている。この「限定市場」はいずれは
終了するだろう。さらに売るにはどうするか、という問題。

小型車からさらにダウンサイズした超小型車は代案に
なりうるか、ひとつのモデルを日本の軽自動車に
見てみようという検討課題に見えます。

2012年の北京モーターショーでEVシティコミューターが出展された。
このプロジェクトは今も続いているが「代案」にはまだなれないようです。
決め手は、政府による燃費規制でしょう。国の規制がきびしければ
日本の軽自動車(のサイズ・性能)は可能性がある。
[ 2017/05/08 16:13 ] [ 編集 ]
Volvo は
 Volvo が、 2019年に電気自動
車を生産すること、 その生産国
は支那となることを発表してお
りますね。

 資本がどこにあるか、 また、
メーン・マーケット がどこであるか、 そ
う考えた時に、 当然の選択であ
ると、 Volvo は考えているよう
ですが、 どうなんすかね?

 愚生は、 どうしても、 カントリーリ
スク有り過ぎと考えちまいますが
、 他の国ならともかく、 支那で
すからね。 下手すりゃ乗っ取ら
れますよ。

 ちなみに、 Volvo の支那工場
は、 EV生産に特化した、 内燃機
関車は生産しない工場とするよ
うです。 設備その他をEV生産に
特化させても、 支那の政策と市
場規模からして ペイしうるっつ
う判断みたいっす。

 ところで..

 軽自動車はどうっすかね? 
支那人は、 派手でデカイのが好き
なんでは? まぁ、 ああいう国
っすから、 国、 つうか党、 つう
か為政者、 つうか独裁者、 の、
考え一つなんかもっすが?

[ 2017/05/08 20:03 ] [ 編集 ]
クルマのサイズって
国土のサイズに比例するんじゃないっすか?
国土が広ければ道路幅も広い。
コンパクトカーは必要ないわけで…


[ 2017/05/08 21:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL