韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国新大統領、就任式なしで国会宣誓後、直ちに執務

韓国新大統領、就任式なしで国会宣誓後、直ちに執務

当選直後から任期が始まる新大統領の就任場所と方式に関心が集まっている。前職大統領の罷免で長期間続いた国政空白を終わらせることが急務だという共感の下で、各候補者サイドでは就任式の規模を大幅に縮小したり延期または省略する案を検討している。

大統領就任式は、新政権の国政哲学を内外に知らせる重要な行事だ。1987年の直選制改憲以後、大統領就任式は毎回2月25日午前にソウル汝矣島(ヨイド)の国会議事堂前広場で開かれてきた。正常な状況ならば、大統領には当選後2カ月間の準備期間があるが、今回は状況が違う。10日午前に中央選挙管理委員長が当選者の確定を宣言すれば、直ちに大統領の任期が始まる。

共に民主党の文在寅(ムン・ジェイン)大統領候補側では「もう勝ったかのように行動している」という批判を憂慮して「まだ何も決まっていない」として言葉を慎んでいるが、国会で簡単な就任宣誓をする線で意見が集約されている。民主党の選挙対策委員会の主要な関係者は「外賓招請や舞台設置など行事を準備する物理的な時間が迫っているので、当面は大々的な就任式をすることが現実的に難しい」と話した。


スポンサードリンク
   


ただし文候補側では就任式をまったく省略するか否かについては留保の立場を示している。主要国家の首脳と外交使節が一堂に集まる就任式は、それ自体が重要な外交現場なので、就任式を省略することは得より損が多いという判断もあるためだ。これに対し文候補側は、1、2カ月の余裕を置いて「正式就任式」を行う案も検討している。文候補が「光化門(クァンファムン)大統領」になると宣言しただけに、通常の国会での就任式ではなく「光化門広場就任式」をしようという案も議論されている。

国民の党の安哲秀(アン・チョルス)候補は「今は就任式をする時間的余裕がない」として、別途の就任行事は行わないと明らかにした。国会で就任宣誓をした後、直ちに大統領府での執務に突入するという構想だ。安候補はこの日午前、ソウル汝矣島の党事務所で記者たちと会い「今最初にしなければならないことは、競争した候補たちと電話で話し、各政党の代表に協調を求め、協力政治の枠組みを作ること」として「緊急3大懸案の安保、外交、経済、特に若者失業問題を同時に解決できるよう早急にチームを組んで積極的に推進する」と明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27290.html

【管理人 補足記事&コメント】
韓国にとっては、健全な民主政治を取り戻すための第一歩となるはずが不穏な空気は消えない。朴氏の罷免は、韓国社会と朝鮮半島情勢がさらなる混乱へ突き進む序章に過ぎなかったと言える。大統領選に向け、最大野党「共に民主党」は3月27日、党候補を選ぶ初の予備選を光州で行ない、本命とみられた文在寅氏が60%を超える票を獲得し圧勝した。もうすぐ選挙結果が出るだろう。一連の朴槿恵スキャンダル追及で国民の人気を博した文氏だが、支持率が高いもう一つの理由は、慰安婦問題について日韓合意の見直しを求めるなど、反日路線を強調しているのも理由にある。

対照的なのが対北朝鮮外交で、「金正恩は北朝鮮の指導者であり、対話の相手として認めなければならない」「当選したらまず平壌に行く」など、融和的な発言が目立つ。もともと北と南で折り合いが合わずに70年が過ぎてしまったわけで、韓国は日本のODAで経済発展を遂げ、そのまま高齢化社会に突き進み、挙句に自国維持すら限界点にある。その韓国が北朝鮮を融和に向けてと言うのは、莫大な統一資金を考えれば無理だろう。一方北朝鮮はそもそも貧乏な国と化しているわけで、北朝鮮にとっては、やりたい放題の南と言える。ただどちらもロシアと中国そしてアメリカが維持したい朝鮮半島という事になるが…。

大統領任期が終わりに近づくにつれて高まる反日政策と反日感情であるから、新大統領決定ですぐ反日政策には出ないだろう。まずは、日本から得るのもは引き出し作戦となるのではないか。雇用或いは技術提携に実施したいことは山ほどある。日本にとっては無視し続けてほしいが…。日米韓の北朝鮮対応策のほうが不可欠で重要度が高いわけで、韓国が融和に外交で結果を出せば、世界は韓国を見直すだろう。その確率は極めて低いのだが…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事

ブログパーツ
[ 2017年05月09日 10:47 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL