韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  中朝関係崩壊、正恩氏暴挙に北内乱寸前 懸念は韓国大統領選か?

中朝関係崩壊、正恩氏暴挙に北内乱寸前 懸念は韓国大統領選か?

「正恩氏は、習氏を『裏切り者』『無能』などと罵(ののし)っている。北朝鮮メディアも中国を直接批判するなど、中朝関係は崩壊した。正恩氏は、米軍特殊部隊の『斬首作戦』や『限定空爆』に異常におびえて、側近すら疑い、わめき散らしている」

旧知の米情報当局関係者はこう語った。そして、「正恩氏は狂乱状態だ」と明かした。ご承知のように、北朝鮮の秘密警察、国家保衛省は5日突然、「正恩氏を狙った暗殺計画が最近発覚して、粉砕した」「主導したのは、CIA(米中央情報局)と、韓国の国家情報院(国情院)」「米国はテロ国家だ」と、激しく非難した。国営メディア「朝鮮中央通信」が伝えた。北朝鮮が主張した「暗殺計画」は驚くべきものだ。概要は次の通りだ。

《CIAと協力した国情院が2014年、ロシア極東で働く北朝鮮労働者1人を買収した。主導したのは国情院の李炳浩(イ・ビョンホ)院長だ。韓国の工作員は、北朝鮮労働者と直近で4月20日に接触した》

《80回以上の指示があり、計12万ドル(約1350万円)以上の工作資金が渡された。正恩氏が軍事パレードに出席したときなどに、放射性物質や毒性を含む生化学物質を使う計画だ。標的に接近する必要がなく、死に至るのは半年か1年後。CIAにとっては最善の方法だ》

米韓両国は、即座にこれらを否定した。言っておくが、北朝鮮は、国連安保理決議を無視して核・ミサイル開発を強行し、今年2月には異母兄の金正男(キム・ジョンナム)氏を猛毒の神経剤VXで暗殺した。そんな凶悪テロ暴走国家、北朝鮮に、他国を批判する資格などない。旧知の外事警察幹部は「実は十数年前から、米韓情報当局は北朝鮮の軍内部に協力者をつくり、北朝鮮の民主化、金王朝転覆工作を仕掛けてきた」といい、続けた。 「だが、今回の『暗殺計画』はデタラメだ。笑い話だ。北朝鮮は米国をテロ国家呼ばわりして、米国が北朝鮮をテロ支援国家に再指定し、制裁強化に動くのを阻止したい。それで話をつくった。それだけ、正恩氏は追い詰められ、必死ということだ」http://www.zakzak.co.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
記事では、北朝鮮内部で大変なことが起きているとし、複数の米韓情報当局、米軍関係者から入手した情報によると、正恩氏は11年に3代目を世襲してから、4回以上の暗殺未遂に遭っており、危機感を覚えた正恩氏は、中国から極秘裏に高級ジープなどを輸入し、金日成主席の生誕記念日(4月15日)に、軍幹部にプレゼントして忠誠心を買ってきたが、その数、2000台以上という。ところが、昨年から途絶え、一方で残酷な粛清と処刑を繰り返し、軍部の怒りは爆発寸前だという。

どこまで真実性があるのかは難しいが、交渉のテーブルはアメリカであり、恐ろしい軍事力を持つのもアメリカと言う認識だろう。ロシア同様に中国は大国とはいえ、中国も北朝鮮民を必要とし、北朝鮮は外貨もエネルギーもほしいわけで、金正恩と云々と言うのは難しいが、中国政府と言う面では、程々ではないかと感じるのだが…。もし記事通り金正恩が追いつめられていれば、戦争を起こす確率は高まるが、北朝鮮と言う国がなくなる確率も同時に高まるわけで、むしろ韓国の新政権発足後に拉致する可能性のほうが高いのではないか…。金正恩の幹部連中を含め、忠誠を正すためにも、今できる事と言えば韓国政府を拉致する事だろうと思うのだが…。アメリカに攻撃されずに、韓国を抑えることが一番確実で実施しやすいと考えれば、答えは出てくるのではないか…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年05月09日 13:27 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(2)
このリポーターはチトね!
 愚生はあんま信用できまへん
。 アホみたいに踊らされるのは真
っ平つうか。

 そりゃあね、 金正恩とその一
味は、 クーデターかなんかで粛清さ
れるのが最も、サッパリしますけん
どね。

 でも、 このレポーターの話は、 ど
うも胡散臭いっす。
[ 2017/05/09 14:31 ] [ 編集 ]
韓国政府を拉致ってどういう意味ですか?
[ 2017/06/22 00:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL