韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  爆買いをやめた中国人観光客が日本を再訪「今考えるととんでもない無駄遣いだった」

爆買いをやめた中国人観光客が日本を再訪「今考えるととんでもない無駄遣いだった」

観光バスの大群が銀座など繁華街に押し寄せ、降りて来た中国人観光客一行が大量の箱や袋を抱えてショッピングに奔走する「爆買いツアー」の光景は、過去のものになった。中国メディア・今日頭条は5日、「爆買いをやめた中国人観光客が、ついに日本の生活を楽しむようになった」とする記事を掲載した。

記事は、日本旅行をした中国人観光客によるネット上への書き込みに変化が起きているとし、これまでは「2時間並んでようやくお目当ての商品をゲットした」というものだったが、現在では「美容院へ行った」、「温泉に入った」、「ライブを見に行った」などより日常的な楽しみを味わう書き込みが増えていると紹介した。

そして日本を訪れる中国人観光客の消費額減少は、「便座や炊飯器、化粧品、紙おむつから体験型消費へ」という消費構造の変化の表れであると説明。温泉やエステ、ライブ、競馬にスポーツ観戦、アニメの「聖地巡礼」、さらには決して有名ではない現地の居酒屋巡りまで、心や体の体験を求める傾向が顕著となり「より旅が本来持つ重要な意義に近づいている」と評した。


そのうえで、かつての「爆買い」経験者で今では日本での体験型旅行を楽しむ中国人観光客が「青い空、白い雲の中で鳥たちが自由に飛んだり止まったりするのが見えるようになった。街を見ると、多くの中国人がドラッグストアで買い物に熱中している姿を見かけるが、初めて日本を訪れた時は自分のその1人だったことを思い出した。そしてふと、当時の自分はこんな柔らかな風や太陽の光を無駄遣いしていたんだなと感じた」と語ったことを紹介している。

記事は「中国人観光客は、物的な消費の機会を持つほかに、現地人と知り合い、現地の文化に注目し、現地の生活に入り込むことで、日本を知るチャンスを持つべきなのだ。それは、日本に中国人観光客を知ってもらうチャンスにもなるのである」と結んだ。 中国人観光客の「爆買い」が落ち着き、体験を重んじるようになりつつあるこれから、真の意味での中国人観光客と日本社会との身近な触れ合いが始まるのかもしれない。
http://news.searchina.net/id/1635280?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
2015年の新語・流行語大賞に選ばれた「爆買い」。中国人観光客の日本での爆買いは1つの社会現象となった。しかし2016年に入ってその衰えが目立つようになった。日本観光庁は「中国人観光客の消費パターンに変化が生じた。円高も爆買いの勢いが衰えた原因」と指摘する。実際のところ、中国人が海外の商品を購入するルートはますます増え、入手方法もより簡単になった。今では多くのネット通販業者が海外業務を展開し、世界の日用品が中国市場に押し寄せている。

上海市、江蘇省、浙江省が形成する長江デルタは中国で経済が最も発達しているエリアである。1人当たりの平均購買力も国内トップとなる。2015年末に江蘇省南京市にオープンした海外商品を取り扱うショッピングセンターは品質の高さと値段の安さを武器に、わずか2カ月で会員数2万人突破した。店内は外国産の食品や日用品、家電製品など1万種類以上の商品が並ぶ。訪日中国人客に人気の粉ミルクやおむつ、化粧品もここで手に入れることが可能だ。

爆買は中間富裕層が副業で儲けた金で旅行しているわけで、それすらできない状態と化せば、シャドーバイキングの崩壊など心配ネタは今もあるのだが、まだそこまででは無い様だ。紙一重でかわしている状態ともいえる。本来の旅行に戻るとはいえ、あくまで中国経済が維持されていればの話である。現状でも福祉関連或いは病院などは不足しているわけで、日本を訪れる中国人は後を絶たない。中国政府の動きと自国環境によるのではと思うが…。むしろ韓国人の訪日比率のほうが増える頻度は高いわけで、こちらは500万人を突破する。10人に一人が日本に行くわけであるから、韓国経済大低迷の時期に、これも異常ではと思うのだが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年05月09日 13:41 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp