韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍総理、GW終わるやいなや改憲加速化を指示

安倍総理、GW終わるやいなや改憲加速化を指示

安倍晋三首相(自民党総裁)が、ゴールデンウィークが終わるやいなや平和憲法の改正議論をはやく進めてほしいと自民党に指示した。安倍首相はゴールデンウイークが終わった初日の8日、自民党役員会で「衆・参議院の憲法審査会で、自民党が現実的で具体的な議論を主導する責任がある。今年は歴史的一歩を踏み出したい」として、改憲議論の加速化を指示したと東京新聞などが報道した。安倍首相は憲法記念日の3日、読売新聞に掲載されたインタビューと改憲派の集いに送った映像メッセージで、交戦権を放棄した憲法9条に自衛隊の存在を明示する規定を追加したいと明らかにした。改正憲法の施行時期は東京オリンピックが開かれる2020年にしたいとして、具体的日程まで提示した。GW連休が終わるやいなや自身が明らかにした改憲意志を具体化しつつあるわけだ。

安倍首相の改憲推進に日本の財界も動いている。日本経済団体連合会(経団連)は8日、記者会見で改憲に対する提言を年内に発表すると明らかにした。自衛隊の地位に対する議論を中心に意見を集約すると明らかにしたが、経団連が改憲に対する意見を発表したのは2005年が最後だった。 安倍首相は国会では改憲に対する具体的言及は避けている。8日、参議院予算委員会で改憲日程を明らかにした意図に対する質問に「国会で党と政府の間の議論を活性化するため」と答えたが、具体的改憲項目については「首相としてこの席に立っているので、詳細な言及は避けたい」と述べた。「党の総裁としての考えは読売新聞の(インタビュー)記事を熟読してほしい」と話した。


スポンサードリンク
   


民進党の野田佳彦幹事長は「行政府の長(首相)が立法府の審議に大きく関与している」として批判した。安倍首相は9日、参議院予算委でも2020年改憲目標を明らかにしたことについて「自民党内の議論を加速して党としての憲法審査会への提案を、いかに苦しくてもまとめ上げるという決意だ」と述べた。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/27301.html

【管理人 補足記事&コメント】
安倍首相は8日の同党役員会で、2020年の施行を目指すとした憲法改正について、「党は一丸となって本年、いよいよ歴史的な一歩を踏み出したい」と表明している。憲法9条への自衛隊明記や高等教育無償化を念頭に、具体的な改正案の検討を急ぎ、憲法審査会での議論を加速させるよう指示した発言となる。首相は衆院予算委員会集中審議で、20年施行を目標に掲げた狙いについて「国会における政党間の議論を活性化するためだ」と強調している。「議論を永遠に続けていくということではなく、いつまでに、ということを自民党総裁として述べるべきだと考えるに至った」とも語っている。

首相の党総裁としての任期は18年9月までで、3選を果たせば21年9月まで続投が可能。在任中の改憲を実現するため、年限を区切って国会での議論促進を図る狙いがある。ただ昨日も安倍総理と野党のやり取りを聞いていると、読売新聞のインタビュー問題などなど次元が低い。総理自身ふくめて、最近の自民党は余計な一言が多すぎるのも事実。一方で野党連中は揚げ足取りに専念しており、一向に議論の焦点となる、野党の業務となるチェック機能システムが理解できていないらしい。どのように変更するのか、あるいは憲法変更しないで下位システムで対応できるか否かすら不明となる。

あるべき姿では無く、単に批判の嵐となる国会は幼稚園並みと言ってよいだろう。韓国の国会レベルと変わらないのでは困りごととなる。裁判員制度ではないが、国会審議制度にも適用してほしいものだが、自国民の意見のほうが的確さを秘めているのではないか…。戦後アメリカに守られてきた日本である。しっかりと戦後からの経緯を説明してほしいものである。だからこうしたいという部分が大きくかける。自国を守るのに単純に考えれば、核などの脅威がある以上、敵基地を先制攻撃することが一番となる。もっともそうならない外交手段が不可欠となるが、とはいえ最悪の状態を考慮すれば、何をどうするのかは明確だろうと思うが…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事

ブログパーツ
[ 2017年05月10日 10:10 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL