韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国国産の大型ジェット機が試験飛行に成功・・・大型旅客機のエンジンは作れない

中国国産の大型ジェット機が試験飛行に成功・・・大型旅客機のエンジンは作れない

中国初の国産大型ジェット機C919が5日、初の試験飛行に成功した。C919は中国が知的財産権を持ち、世界基準に基づいて開発したと主張するジェット旅客機であり、すでに各航空会社から570機の注文を獲得している。

初の試験飛行でC919に搭載されていたのは中国国産のエンジンではなく、CFMインターナショナル社製のエンジン「LEAP」だった。CFMインターナショナルはジェットエンジンメーカーであり、米GEと仏スネクマ社による合併会社だ。

メンツを愛する中国人にしてみれば、航空機の心臓部ともいえるエンジンも国産にできれば良かったに違いないが、中国メディアの看看新聞は2日付で、C919になぜ中国国産エンジンが搭載されていないのかを紹介する記事を掲載した。

記事はまず、世界には民間用航空エンジンメーカーとして、英ロールス・ロイス、米GEとプラット&ホイットニー、仏スネクマ、そして合併企業であるインターナショナル・エアロ・エンジンズ(IAE)とCFMインターナショナルなどがあると紹介。ここに中国企業の名前がないのは「単刀直入に言えば、中国には現時点で大型旅客機の航空エンジンを製造できる力がないため」であると指摘した。

さらに大型旅客機の航空エンジンの開発や製造は「工業力の結晶」と呼んでも差し支えないほど難易度が高いためであると説明、非常に高い技術力を持つ企業だけがこの市場に参入できるのだと論じた。 一方、中国製のエンジンが搭載される可能性については「大型ジェット機が自国で製造できるようになれば、エンジンのニーズも自然と拡大し、ニーズを背景に中国の技術力も高まるはずだ」とし、いずれは中国製のエンジンが搭載される可能性があることを指摘した。
http://news.searchina.net/id/1635330?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
中国の国産SUVのエンジンルームを覗くとエンジンに三菱のロゴが付いているのが見える。なぜドイツや米国のエンジンを使わないのか、なぜ国産エンジンを使わないのか、何故国産SUVの多くに三菱のエンジンが使われているのか、その理由を自国メディアが説明している。まず、三菱のエンジンが低価格であること、1990年代から中国では親しまれていることもある。また三菱自体がそもそも自動車メーカーであるとともにエンジンのサプライヤーであり、国産メーカーもエンジンを開発する実力を備えているものの、特に新技術はないが、耐久性が相当高いレベルにある、優秀な三菱のエンジンを超えるものを作れないのが現状だとした。

中国の加工技術はレベルが低い。もっとも韓国にも言える事だが…。特にエンジンとなると精度を要する部分で問題が大きい。三菱はエンジンを自主開発できない中国の自動車メーカーにエンジンを供給し、そのシェア率はほぼ独占状態である。三菱は1997年には遼寧省に瀋陽航天三菱汽車発動機製造有限公司を、98年には黒竜江省にハルピン東安自動車エンジン有限公司を設立し、中型エンジンと小型エンジンを製造し、中国の自動車メーカーへエンジンを供給してきた。 当時の三菱エンジンは旧型であったものの技術は成熟していてコストも安く、多くの中国メーカーが模倣してきたが、三菱エンジンを超える事が出来ずに今に至る。中国国産車にGMやフォルクスワーゲン、トヨタ、ホンダなどのエンジンが採用されていないのは、手に入れることができないか、コストが高すぎる事が理由だ。それは大型ジェット機にも同じことが言える。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年05月10日 11:54 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL