韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】中国人客急減で、韓国旅行収支37億ドルの赤字 

【韓国経済】中国人客急減で、韓国旅行収支37億ドルの赤字 

韓国銀行(中央銀行)や観光業界によると、1~3月期の旅行収支は37億4340万ドル(約4280億円)の赤字で、赤字幅は2007年10~12月期(37億6310万ドル)以来の高水準となった。米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反発する中国が3月、自国の旅行会社に韓国旅行の取り扱いを中止させ、中国人客が急減したことが主因と分析される。

3月の単月では13億5000万ドルの赤字で、中東呼吸器症候群(MERS)の流行で韓国の観光業が打撃を受けた2015年7月(14億7000万ドルの赤字)以来、1年8カ月ぶりの高水準となった。1~3月期に海外旅行した韓国人は651万4859人だったが、韓国に入国した外国人客はその3分の2にも満たない370万6415人にとどまった。中国人客の減少は続いているのに対し、韓国からの海外旅行者は前年比で増え続けていることから、大幅な旅行収支の赤字は上半期いっぱい続く見通しだ。

3月の訪韓中国人客は36万782人で前年同月比40.0%減少した。一方、韓国人の海外旅行者は前年同月比で1月は10.9%、2月は18.9%、3月は23.7%、それぞれ増加。旅行会社の統計によると、4月も海外旅行者の増加は続いた。特に、4月末から5月初めにかけての連休期間に海外へ出かけた旅行者が多く、旅行収支の赤字は拡大すると見込まれる。
http://www.chosunonline.com/site/

【管理人 補足記事&コメント】
旅行収支とは、日本人旅行者の海外での消費を「支出」、訪日外国人の日本での消費を「収入」とし、収入から支出を引いたもの。国際収支の中の貿易・サービス収支の一部で、日本の国際収支の大幅黒字が国際問題になった1980年代は、日本人海外旅行者が増加し旅行収支の赤字が膨み、旅行収支は国際収支の黒字減らしに貢献するとされた。

21世紀に入ると、訪日外国人旅行者が増加し旅行収支の赤字額は減少傾向をたどり、ついに会計年度の2014(平成26)年度に2099億円の黒字となった。これは1959(昭和34)年度以来55年振りのこと。暦年で見た場合は、2015(平成27)年が53年振りに1兆1217億円の黒字に転じた。欧米との関係は日本人旅行者が多いため赤字となっているが、近隣アジアは訪日外国人旅行者が多く大幅な黒字となっている。2011(平成24)年度以降、貿易収支が赤字に転じたことから、貿易・サービス収支の調整弁として大いに期待されてきた。

2015年度の国際収支統計では、訪日外国人の消費の大きさを映す旅行収支の黒字が同じ条件で比べられる1996年度以降で最大になった。14年度から2年連続の黒字で、2年以上続けて黒字になるのは51~59年度以来となる。約半世紀に及ぶ旅行収支の赤字を解消させたのが新興国の経済成長と円安を背景とした訪日客の急増だ。訪日客が今後も増えれば、黒字が定着することになる。 旅行収支は外国人が日本で使ったお金から日本人が海外で使ったお金を差し引いて計算する。15年度の黒字額は1兆2731億円だった。

訪日外国人数は中国、タイ、ベトナムからの旅行者に対する査証(ビザ)の発給要件の緩和などで13年ごろから急増し、日本政府観光局の調べでは、15年度の訪日外国人数は2135万人と初めて2千万人の大台を突破した。外国人が日本で使ったお金は過去最多の3.2兆円に上ると日本経済新聞は報じている。 旅行収支は日本の経済成長に合わせ、1960~2013年度は赤字の時代が続いた。観光や仕事で海外に出かける日本人が増えたためだとした。

しかし、アベノミクスに伴う円安などの影響で13~15年度は3年連続で海外に出かける日本人が減っている。15年度には日本を訪れる外国人の数が海外に出かける日本人の数を上回り、旅行収支の黒字を押し上げた。一方で、日本政府は訪日外国人数を20年に4000万人に増やす目標を掲げている。SMBC日興証券の宮前耕也氏によると、政府目標を達成すると旅行黒字は約6兆円に膨らむと試算している。旅行収支の黒字が増えれば、その分、経常黒字を押し上げる事になる。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年05月11日 11:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL