韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓米首脳会談、早ければ6月に開催

韓米首脳会談、早ければ6月に開催

文在寅(ムン・ジェイン)大統領とドナルド・トランプ米大統領が韓米首脳会談を早期に開催する方向となり、首脳会談がいつどのような内容で開かれるかに関心が集まっている。 韓米首脳会談の早期開催は、10日夜、文大統領とトランプ大統領の電話通話を通じて表面化した。トランプ大統領の公式招請に対し文大統領は「なるべく早いうちにワシントンを訪問し、虚心坦懐に意見を交換できることを願う」と答えた。これにトランプ大統領も早期の韓米首脳会談を希望すると付け加えた。

韓国外交部は、両首脳の通話内容を事実上の「指針」と見て、米国側と首脳会談の日程調整など本格的な協議の準備に入った。外交部当局者は11日「両首脳が早期開催を言及したので、もうそれに合わせて準備しなければならない」とし、「5月は現実的に不可能で、6月中の開催と考えればよいのではないか」と話した。

外交部北米局では、新しい大統領が就任すればなるべく早いうちに韓米首脳会談を開くのが望ましいという立場だった。一方、「勝負師」気質のあるトランプ大統領を相手にするためには、THAAD(高高度防衛ミサイル)と防衛費分担金、自由貿易協定問題をはじめ、北朝鮮と北朝鮮核問題までを網羅する文在寅政府の外交の青写真を準備するのが先だという慎重論も持ち上がった。


スポンサードリンク
   


これに先立ち文大統領の選挙キャンプではいくつかの状況を考慮し、9月に首脳会談を行う方向で検討していたと伝えられる。文候補陣営側のキム・ギジョン延世大学行政大学院長は11日、ハンギョレに「首脳会談をする場合、米国が一番先でなければならないということに異論の余地はなかった」とし、「時期は9月頃がいいのではないかという考えだった」と話した。

来る7月7日~8日、ドイツのハンブルクで開かれる主要20カ国(G20)首脳会議をきっかけに初の対面接触をし、文大統領が9月の国連総会前後にワシントンを訪問してトランプ大統領に会う案が有力に検討されたということだ。キム教授は「朝鮮半島危機説が出て、(THAAD費用)1兆ウォン(約1000億円)を出せと言うので状況が急迫しており、(企業家出身の)トランプ大統領は事を早く解決しようとするタイプ」だとし、「6月もあり得ると思う」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27329.html

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、これまでの空白を埋めるためにも、文大統領はトランプ大統領をはじめ、主要国の首脳らに会って個人的親密な関係を築くと同時に、乱麻のように絡み合っている外交懸案を解決する必要があると報じている。各国首脳との出会いは何より重要だが、その中でも最も急がれていたのは韓米首脳会談だとし、米国は、米軍分担金および韓米自由貿易協定(FTA)に対してのみ重要な意味を持つわけではない。北核問題はもちろん、中国との高高度防衛ミサイル(THAAD)体系配備をめぐる問題、日本との慰安婦問題をめぐる対立など他の懸案に対しても米国の影響力は大きいと伝えている。

慰安婦問題でアメリカを引き合いに出すのは如何なものか…。むしろ北朝鮮問題云々と同時にアメリカ経済に対し何を実施するのかと言う土産付きでないと、トランプを説得するのは難しいう。そうでなくとも現行設置されたTHAAD費用において冷ややかな側面を持つトランプである。自己都合ばかりではなく、しっかりとした戦略で韓米首脳会談を実施しないと空振りに終わる。いずれにしても韓国経済低迷に家計負債限界点にある韓国が、トランプ大統領とどんな外交を実施するのかは関心ごとではあるが、今までの韓国大統領を見ると実に難しいと言わざる負えない…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事

ブログパーツ
[ 2017年05月12日 10:33 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
現状打破の意欲があれば
北朝鮮問題がカギを握る。中国は対米調和のため北に経済制裁を
加えるが。同時に韓国には経済締め付けというバランス策できた。
文在寅の対中、対北政策は動きをとりにくい。一番やりやすいのは
米国という事情。トランプはそこを突いたダメ押しをやるでしょう。
米国が一気にカタを付けないのは、北の緊張問題を当分続けたい
という思惑じゃないですか。

文在寅という人物に現状打破の意欲があるかどうか。
平壌へ行くと言っているが、行ってナンボという計算は
あるでしょう。
[ 2017/05/12 11:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL