韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】現代車、105カ国のディーラーが韓国に集結

【韓国経済】現代車、105カ国のディーラーが韓国に集結

現代自動車が全世界代理店社長団を韓国に招き、グローバル販売競争力の強化戦略を議論する。 現代車は11日、「『第9回全世界代理店大会』を10日~13日に行う」と明らかにした。1年おきに行われる代理店大会は現代車の役職員とグローバル代理店社長団が一堂に会し、未来競争力強化戦略を論じる場だ。

「過去50年、そして未来-驚異的な同行」を主題に開かれたことしの代理店大会には鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車副会長をはじめとし、現代車役職員や105カ国の代理店社長団など300人余りが参加した。 ソウル・グランド・インターコンチネンタル・ホテルで10日に開かれた開幕式では市場環境の苦境にも関わらず販売を増やした優秀地域代理店に賞を授けた。

大会2日目の11日には現代車未来競争力強化のため、販売・ブランド・商品・デザインなどの分野別に今後の戦略を議論した。この席で現代車は▼商品のラインナップを強化して▼オンラインで顧客の意見に接することができる空間を構築して▼顧客の感性的満足度を高めて▼コネクティッド・カーなど未来技術への投資を強化するなどグローバル先導企業として飛躍するための方案を提示した。

具体的にはスポーツユーティリティー車両(SUV)を発売して商品ラインナップを強化し、小型SUV「コナ(KONA)」やコンパクト・ラグジュアリーセダン「ジェネシスG70」の感性満足度を高める方案を出した。具体的な推進計画もグローバル代理店社長団と議論した。 鄭義宣副会長は歓迎の挨拶で「顧客の需要を考慮した製品と環境の変化に足並みをそろえた新技術により(グローバル代理店社長団の)販売を支援する」とし、「変化・革新して共にグローバル自動車市場を導こう」と話した。

全世界代理店社長団は11~12日に「現代モータースタジオ」を見学して現代車ブランドを体験し、済州道(チェジュド)に移動してアイオニックに試乗する予定だ。105カ国から来た代理店社長団が今後韓国を再訪するきっかけを作るために韓国文化を直接体験できる機会も提供する。
http://japanese.joins.com/article/

【管理人 補足記事&コメント】
グローバル販売競争力の強化戦略を議論というのは実は難しい。単に寄り集まりで終わる可能性が高い。売るための集まりよりは、なぜ売れないかという情報を集めるほうが実は効果的なわけで、自己都合の現代自経営幹部連中が、代理店の悩みを引き出し、次の販売するべき車にどの様に反映し、どのように宣伝しサービス展開してゆくのかにあるわけで、もともとマーケティングに問題があり、現代自が伸び悩み、他の先端企業が伸びていると言うのは、結果として現代自が取り残されていることを示しているわけで、打開するには、マーケティング手法の中の顧客情報を収集し活用することが重要となる。

さて、そういう動きになるだろうか、単に現代自動車の新車説明と販売を強化せよで終わるのではないか…
技術限界点に達しているという危機感を持たない限り、真の意味での新技術は生まれないし育たない。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年05月12日 11:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL