韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国企業までが日本のロボットを爆買いする理由

中国企業までが日本のロボットを爆買いする理由

2015年の流行語大賞に選ばれた「爆買い」という言葉は、中国人旅行客の購買能力の巨大さを形容した言葉だ。中国人旅行客が日本製品を爆買いしたのは中国製品にはない品質の高さや使いやすさが日本製品にあるためとされるが、中国の製造業界の各メーカーにとって「爆買い」という言葉は、自分たちが生み出す製品の質が日本製品に及ばないことを痛感させる言葉だったとも言えるだろう。

旅行客による爆買いが減少していると言われるが、製造業界では中国メーカーが日本製品を爆買いする事例が今なお見られるという。中国メディアの観察者は5日付で、中国企業はなぜ日本の産業用ロボットを「爆買い」するのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

記事は、日本メディアの報道を引用し、ファナックが産業用ロボットを「爆買い」する中国に対応するため、新工場を建設する計画を発表したことを紹介。中国では労働人口が減少しているうえ、人件費も上昇しているため、労働集約型の産業では若い労働力の確保が年々難しくなっていることは事実であり、こうした要因が産業用ロボットの活用に向けた動機になっていると論じた。


スポンサードリンク
   


一方、中国企業が日本の産業ロボットを爆買いしているとはいえ、中国にも産業用ロボットメーカーは存在すると指摘。2013年に中国メーカーが販売した産業用ロボットは1万台未満だったが、14年は1万6000台、15年は2万2000台、また16年は3万5000台と着実に販売台数を伸ばしていると紹介、「中国が産業用ロボットを製造できないということは決してない」と説明した。

だが、中国の産業用ロボットメーカーはいずれも企業規模が小さく、スケールメリットを生かした生産ができないうえ、技術力も低いため半導体など極めて精密な作業が求められるハイエンド向けの産業用ロボットの分野では日本や欧州のメーカーに及ばないと紹介。だからこそ、中国企業は日本の産業用ロボットを「爆買い」せざるを得ないのだと伝えた。
http://news.searchina.net/id/

【管理人 補足記事&コメント】
2016年~2019年までに年率13%の市場成長が見込まれ「インダストリー・4」や「ファクトリー・オートメーション」といった未来の製造業の鍵をにぎる産業用ロボット市場で存在感のある日系メーカーが多くある。2016年現在、設置済み産業用ロボットの70%は自動車工場の製造ラインむけ。ロボットアームを使って人が重くて運べないような部品を運ぶ。車体の溶接もロボットアームである。一方、新規の販売先をみると電機・電子業界、鉄鋼業界が高い割合をしめる。

2016年にはグローバルで29万台の産業用ロボット販売が見込まれる。2015年対比で14%の成長率であり、世界のGDP成長率よりもかなり大きい数字となる。産業用ロボットは今後も先進国、途上国とわず伸びていく。とくに中国、自動車生産が好調な北米市場での伸びが著しい。2017~2019年の成長率見通しは年率13%規模と言われる。



最新コメント
関連記事

お勧め記事

ブログパーツ
[ 2017年05月12日 13:12 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL