韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領、プーチン大統領に「北朝鮮核問題の解決に向けたロシアの役割に期待」

文大統領、プーチン大統領に「北朝鮮核問題の解決に向けたロシアの役割に期待」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は就任3日目を迎えた12日にも、ロシア・ドイツ・英国など欧州諸国を中心に各国の首脳と“電話外交”を続けた。

文大統領は同日夜、ロシアのプーチン大統領との電話会談で「朝鮮半島と国境を接したロシアはユーラシアの平和と繁栄に向けた最適のパートナー」だとしたうえで、「北朝鮮が核挑発を止め、非核化の道を歩めるよう、ロシア側の建設的な役割を期待する」と述べた。文大統領はさらに、「南北対話と6カ国協議の早期再開を模索する」とし、「早いうちにロシアに特使を派遣する」と明らかにした。

文大統領はさらに、「両国が極東地域の開発協力を拡大していくことを望んでいる。シベリアの天然ガスパイプラインが韓国まで届き、韓国の鉄道がシベリア鉄道に繋がる時代が一日でも早く訪れることを期待し、そのために努力する」と述べた。南北関係の改善まで念頭に置いた発言だ。
 
これに対してプーチン大統領は「北朝鮮の核問題を解決するため、ロシアは建設的な役割をする用意がある」としたうえで、「今日、取り上げられたすべての分野で引き続き協力していきたい」と答えた。プーチン大統領は、文大統領の要請を受け、特使団を直接接見すると約束した。

これに先立ち、文大統領はオーストラリアのマルコム・ターンブル首相や英国のテリーザ・メイ首相、ドイツのアンゲラ・メルケル首相とも電話会談を行った。文大統領は、メルケル首相との会談で「ドイツは分断の悲劇や苦痛を誰よりもよく理解している国」だとしたうえで、「朝鮮半島の平和統一に対する国際的支持や共感を広げていくうえで、ドイツの積極的な支持と声援を期待する」と述べた。メルケル首相は、7月初め、ドイツ・ハンブルクで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議を前後にした韓独首脳会談を行うことを提案した。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27338.html

【管理人 補足記事&コメント】
文大統領が考えないとならないのは、日本統治後、日本の敗戦で朝鮮半島を開放した時点で、大喜びしたはずが…、北と南の政策が一致しないで、朝鮮半島の主権争いに発展し、結果朝鮮戦争の勃発につながった。一方で北はロシア、南はアメリカであり、北の優勢で朝鮮半島の主権がロシアになるのを懸念したアメリカが押し上げて、軍事境界線を引くことで合意となった。という事を考えれば旧ソ連であるロシアとアメリカの問題とも言い換えることができる。

本来北と南がしっかりしていれば朝鮮として国は大きく進歩させる事が出来ただろう。だが互いのわがままで北は閉鎖的となり南は日本のODAでみるみる経済発展を遂げたが、朝鮮戦争は冷戦状態のままである。韓国大統領が実施すべきことは、北の政策不一致を解消し、ロシアとアメリカの軍事戦略を外交で説得できれば、北はアメリカからの脅威から解放されるだろう。核保有の国から攻撃対象とされている国である北朝鮮は、普通に考えれば自国防衛で核を保有したくなるのが普通では?

個人的にはそう感じるが…。そもそも北と南のわがままであり、朝鮮人の問題である。自分たちの問題として、積極的に北の外交を実施し、解決の糸口をつかんでほしいと願うが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年05月13日 10:10 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
六カ国協議
文在寅は六カ国協議を再開して議長を狙っているのか。
元々まとまらない協議体だから、開くだけでいい。
北が来ても、来なくても、形だけは北に優位に立てる。
[ 2017/05/14 21:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp