韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】サムスンのスマホ、中国市場で出荷台数6割減

【韓国経済】サムスンのスマホ、中国市場で出荷台数6割減

2017年5月11日、中国のポータルサイト・今日頭条はサムスンのスマホが中国市場で出荷台数が6割減少したと伝えた。
香港の市場調査会社Counterpoint Technologyによると、2017年第1四半期の中国スマートフォン市場は、国産メーカーの天下であり、サムスンのスマートフォンは出荷数がわずか350万台にとどまり、昨年同期比で60%も減少した。これにより、サムスンのシェア率は昨年第1四半期の8.6%から3.3%まで減少した。

記事は、世界的にはサムスンはいまだに出荷台数で王者であるものの、中国市場においては中国国産メーカーを相手に苦戦していると指摘。今年第1四半期の出荷台数は、昨年同期比でファーウェイが25%増、VIVOが60%増で、OPPOは80%も伸ばしている。

この理由について記事は、国産メーカーはコストパフォーマンスが高く、販売ルートが豊富で、現地化したアプリケーションやサービスを標準装備していることが、多くの消費者を惹きつけたと分析。一方のサムスンは、中国市場において現地化が突出しておらず、しかも価格が高いため多くの消費者が離れたと指摘した。

最後に、サムスンは5月下旬に中国国内での発売を予定しているGalaxy S8での再起を図っているものの、サムスンはインドでも中国同様の問題に直面していると論じた。 これに対し、中国のネットユーザーから「周囲でサムスンを使っている人はほとんど見なくなったな」「まだ350万人もサムスンを買う人がいるということが恥ずかしい」などのコメントが寄せられた。

また、「サムスンは質が高くデザインも良く、ハイテク感がある。だからGalaxy S8が出たら俺はすぐにファーウェイのmate9を買おうと思う」「この2年ほど、ファーウェイのmateを使っているが、確かに質が良く値段も妥当だ。ファーウェイのファンになりつつある」との意見もあり、中国市場において中国メーカーは消費者の人気と信頼を得たようである。
http://www.recordchina.co.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
2016年第1四半期の世界スマートフォンの出荷台数に関するレポートが発表されている。主に中国を中心とするアジア勢の世界スマホシェアが伸びている中で、同じ中国スマートフォンメーカーの、XiaomiとLenovoが上位5位以内から陥落し、代わりに同じく中国のスマホメーカーであるVivoとOPPOが一気に上位5位以内に飛び込んでくるなど、中国勢同士の争いが激化している。

2017-05-14-k001.jpg

上図で見るとサムスンの出荷数量よりも、その他に是非注目してほしい。40%以上のシェアである。今後その他の企業が増加し、サムスンを含めた企業は低下するのではと考えるが…。技術限界点となるほどに平均化されてくる。そこで生き抜いた企業がさらなるアイデアを駆使することになる。アップルとて例外とは言えない状態にある。ただサービス面で、OSとCPUと関連アプリストアで連携し、それぞれで革新的であれば生き残るだろう。



関連記事
最新コメント

お勧め記事

ブログパーツ
[ 2017年05月14日 10:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL