韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  Google検索、アルゴリズム変更の狙いとは?

Google検索、アルゴリズム変更の狙いとは?

Google日本法人が今年2月3日、日本語検索のアルゴリズムを変更したと発表し、内容の薄い記事を大量に掲載するキュレーションメディアについて、検索にヒットしにくくした。Googleが日本語の検索アルゴリズムの変更について発表するのは極めて異例。「WELQ」騒動に端を発したキュレーションメディア問題に、Googleがついに本腰を入れて対策し始めた。

Googleの発表によると、今回の変更により、検索上位に表示されることのみを重視し、記事の内容や質が低いサイトの検索順位は低下。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、上位に表示されるようになる――という。 辻さんによるとこの変更は、「アルゴリズムで抽出された特定サイトの一部ページだけに影響する」という。アルゴリズムの対象になった場合「ページ自体の評価が下がる処理が行われ、結果的に多くの人の目には触れないようになる」という。

辻さんが確認した限り、アルゴリズム変更の影響を受けたとみられるサイトは、旅行を扱う「RETRIP」、商品情報の「KAUMO」、健康情報の「カラダノート」、育児情報の「マーミー」など。「情報が薄いキュレーションメディアとテキストを中心とした新興メディアをターゲットにしていることはほぼ確実」とみている。

昨年末、ディー・エヌ・エー(DeNA)のキュレーションメデイア「WELQ」が、「検索上位に表示されるのに、間違った情報や他サイトからの無断転載が多い」などを批判を浴び、閉鎖に追い込まれた。ただ、同様なキュレーションメディアはベンチャー企業などによって多数運営されており、検索上位に出続ける状態だった。これらのサイトを検索上位に出し続けるGoogleへの批判も根強かったが、Googleは今回のアルゴリズム変更で、一気に網をかける構えのようだ。
http://www.itmedia.co.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
掲載しても良いのかどうか迷ったのですが、ある時期に広告枠を増やせるシステムを構築し、間にパートナー企業を入れて、増枠審査基準を設けて、間のパートナー企業に利益の20%を支払う事で我々でも、多数の広告を掲載できるようになった。しかし企業も個人も広告だらけのサイトが目立ち、記事なのか広告なのかの議論は尽きなかった。そこでこのシステムを中止とした経緯がある。今では広告掲載率を追加し70%まで低下させることを要望している。従って白紙の広告が発生し、デザイン的に問題となる大手企業は、他企業への広告と契約をし始めている。

広告単価の低下に伴い、他の企業の広告代理店業にチャンスが訪れたわけで、グーグルに代わる大手企業が躍進し始めている。日本では同時に企業業績鈍化もあり、成長戦略が進まないでいる実態は広告費削減につながり、販管費を削減していると思われる。当然広告単価に影響し、入札企業数減少に伴う影響が発生する。このサイトは大きく広告単価が減少し、その一方で、検索エンジンの最上位に表示される枠があるのですが、その審査を通過するのは難しいと言われつつ、掲載されているいるところを見ると合格しているようである。

画像を掲載していないので、掲載される比率は低いが、検索順位も大きく下げたのが、上位に戻されている。その一方で収益面では単価の減少を含めて、とても語れる状態には無い。グーグルの一番の目的は過剰広告廃止にある。広告全体で見れば利益は上昇祖ているグーグルだが、日本だけで見れば、各企業ともに広告費は削減しているわけで、コンテンツにもよるが、ユーチューブをはじめとして、ブログなどは特に厳しいのではないか…。まだまだシステムI変更が加わっている最中であり、今年はそういう意味でコンテンツ重視の前に、他企業との契約で広告だらけに舞い戻っている実態もある。今後大手企業を含めて、罰則強化が増えたとたんに、グーグルを利用しない大手企業も増加するのではと言う懸念がある…。今後どうなるのかは注視するようである。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年05月18日 10:41 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL