韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国人による日本での「医療爆買い」ブームが起きた理由

中国人による日本での「医療爆買い」ブームが起きた理由

日本を訪れる中国人の行動様式は多様化している。「爆買い」の対象も、便座や家電製品から化粧品、医薬品から各種サービスにまで広がりつつある。中国メディア・今日頭条は17日、中国人の間で日本での「医療爆買い」が流行しているとする記事を掲載した。

記事は、日本を訪れる中国人による「物的な爆買い」現象はすでにEC分野へと移行したと紹介。その代わりに、実際に日本に行かないと体験できない「爆買い」が注目を集めるようになり、その例の1つが医療サービスに対する「爆買い」であると伝えた。そのうえで、多くの中国人が日本に医療サービスを受けにやって来る理由や背景について説明している。 まず、医療サービスを受ける中国人の主力層となっている中間層の間における「クチコミ力」を挙げた。「中間層の1人が日本の医療に満足すれば、たちまち中間層のコミュニティで話題となる。群集心理によって試さずにはいられなくなるのだ」と説明した。

次に、医療スタッフの優しさや質の高さ、診療や検査体制の充実ぶり、検査結果の詳細さや正確さといったクオリティの高さに起因するコストパフォーマンスの高さについて言及している。

続いて、経済発展に伴う中国の中間層が拡大したことを挙げた。そして最後に、医療仲介機関の存在についても触れている。外国人が日本で医療サービスを受ける際にハードルとなる言葉の問題を解決してくれるばかりでなく、客にふさわしい病院を選んで診療に付き添ってくれるサービスが、多くの中国人客を魅了していると紹介した。
http://news.searchina.net/id/

【管理人 補足記事&コメント】
中国の病院は、金儲けのことばかり考えている。本当に効果があるのか分からない薬を出されたり、通院の頻度を上げようとする。それでも湿疹ひとつ治らないことも頻繁にあるという。もちろん日本の病院も利益を上げることを考えてはいるが、何より症状が治まるという安心の度合いがまったく違う。さらに言えば、病院の数の問題だが、医者の数も足りないわけで、挙句に仲介する悪徳連中によって診察や薬代がどんどん跳ね上がる。

国民性と国の死住むに問題があるのだが、13億院の人口の中国である。まともに日本医療で訪れたらたまらない。純粋な医療を目的として来日する人が一方で、日本観光の中に医療体験を組みこんだ“医療ツアー”も広がりを見せている。 ANAが中国人向けに提供する、ビジネスクラスを利用した「人間ドック受診ツアー」がその一例となる。中国の自宅から空港までの送迎も行い、千葉県の総合病院で1泊2日~2泊3日(費用は40万円~)の人間ドックを行うというもので、宿泊先は病院の付近のみならず、都内の高級ホテルを設定することもできる。健診ではオプションとして頭部MRIや大腸CTなどの検査を取り入れることも可能だ。

日本へのツアープランの中に人間ドックを組みこむ旅行会社も増えており、予約受付を開始するとすぐに希望者が殺到する状況だという。日本では、医師不足に、診察時間は短く、会計と薬局でまたまたされるわけで、日本政府は中国人の医療爆買いについてしっかりと監視し指導してほしいものであるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年05月20日 11:02 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL