韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「生涯ニート」の危機に直面する韓国青年

「生涯ニート」の危機に直面する韓国青年

就職活動中のKさんは今年30歳だ.大学時代に肉体労働で授業料を稼ぐため、2年間休学した影響で就職活動も遅れた。大学を卒業後は2年間アルバイトをして、数多くの就職試験に挑戦したが、いまだに職場は見つかっていない。 先月の韓国の青年失業率は11.2%となり、4月としては過去最高を記録した。青年層の体感失業率は23.6%にもなる。収入が少ないアルバイトでもよいから働きたいが、それも見つからないという人も含めると、青年の4人の1人が事実上の失業者ということになる。

今年から生産年齢人口が減り始めたことを根拠として、青年の失業問題も遠からず解決されるという「バラ色の期待」も聞かれる。楽観論を主張する人は最近まで青年の就職難を経験していた日本を例に挙げる。しかし、韓国の状況は日本とは異なる。日本は50-59歳の就業率が高く、彼らがリタイヤする際に青年層が就職するチャンスが多い。また、日本は中小企業の賃金が大企業の75-83%で好条件の職場も多いが、韓国では中小企業の勤労者の賃金が大企業の62%にすぎず、若者が働きたいと思う職場が少ない。

世界各国の事例を見ると、生産年齢人口の減少初期は失業率が高いという傾向がある。低成長に伴う需要低迷と人口減少が重なるためだ。韓国も似たような状況と言える。その上、韓国では生産年齢人口の減少が青年の失業解消につながる時期が2025年以降になるとみられている。

今後7-9年は青年の就職氷河期が続くことになる。最も問題となるのが現在25-34歳の青年だ。彼らは数年以内に職場が見つからない場合、年齢が高くても経歴がないという理由で雇用市場から無視され、「生涯ニート」に陥る懸念がある。こうした「生涯ニート」の恐怖に直面している青年は最大で141万2000人と推定される。25-34歳の青年のうち、失業者は34万4000人だった。また、就職活動をしなかった人が19万7000人、就職準備に集中した人が32万3000人いた。さらに、日雇い労働者が多数を占める「週36時間未満の就業者」も54万8000人に達する。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
体感失業率とは、就業を断念した者、就業の準備をしている者、働いているものの追加して働きたいと思っている者を含めた広義の概念となる。青年層の体感失業率は23.6%というのは、精神的部分を除けば失業者である。ご都合データーとして扱われやすい言葉と言える。大半の韓国における失業者は、就職をあきらめているならば、実質の失業者は非常に少なくなり、失業率は低下するが、現実は楽に20%を超えているだろうという推測とともに、瞬間値では30%を超えるのではという事を掲載したが、間違ってはいないようだ。

さらに自国メディアは数年前に公表値の3倍違う事を記事掲載している。正しい数値を掲載してほしいものである。これだけ大手企業が倒産し、リストラが増加し、ゾンビ企業が40%と報じておきながら、ほとんど変わらない失業率では、理屈が合わないのではないか…。 韓国内の情勢はむしろ体感失業率を重要視したほうが良い。ほとんどあきらめムードと言うわけだ。訪日する韓国人は昨年500万人を突破した。何と人口の10%である。単純に10人に一人が訪日するわけである。日本は訪韓する日本人は人口の1.9%ほどである。個人的にはそれでも多く感じるが…。今の韓国経済を考えれば異常値であるから、日本で仕事を探すための訪日人数は…という部分をぜひ報じてほしいと思うが…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年05月20日 11:48 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
あれ!変だなあ ! 韓国の景気はすごくいいって事なのに!
韓国のサムスン電子は今年最大利益をたたき出したと言うのに、さらに韓国の財閥企業は飛躍的な成長を遂げていると、韓国メディアが報じている事は、全て嘘だったのか。
やはり、いつも道理の朝鮮人であったか。
財閥企業がバタバタと倒れて、青年失業率が実質20~30パーセントだと言うのに、捏造データーを発表している韓国政府。
韓国国民は一生救われないだろうな!


[ 2017/05/21 03:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL