韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】ベンツとBMWの販売台数 韓国が初めて日本上回る

【韓国経済】ベンツとBMWの販売台数 韓国が初めて日本上回る

韓国でドイツの自動車ブランド、メルセデス・ベンツとBMWの販売が急増し、初めて日本の販売台数を上回った。韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、韓国のベンツ販売台数は2万4877台、BMWは1万8115台と前年同期比でそれぞれ48.0%、32.4%増加した。

一方の日本はベンツが同0.7%増の2万1365台、BMWが2.2%増の1万5818台が売れた。韓国の人口が5000万人程度であることを踏まえると、両ブランドの人気は非常に高いと言える。今年1~4月の韓国での輸入車販売台数は前年同期比1.6%増の7万5017台。日本は4.6%増の9万6877台だった。

韓国ではフォルクスワーゲン(VW)の俳ガス不正問題などでVWと傘下のアウディの販売が激減。同じドイツのベンツとBMWの販売が大きく増えた。韓国輸入車市場に占めるベンツとBMWの割合(1~4月)は計57%で前年同期より16ポイント上昇した。日本での両ブランドの割合は38%で前年同期の40%より減少した。
http://www.chosunonline.com/


【管理人 補足記事&コメント】
ドイツを代表する自動車ブランドであるメルセデス・ベンツとBMWの人気が高まり、韓国での販売台数が初めて日本を抜いた。韓日両国の輸入車業界団体によると、今年1-4月に韓国ではベンツが2万4877台、BMWが1万8115台売れた。前年同期比でベンツは48%、BMWは32.4%の伸びだ。これに対し、日本ではベンツが2万1370台、BMWが1万5818台売れ、それぞれ0.7%、2.2%の伸びだった。両国を比較すると、韓国では日本よりベンツが3507台、BMWが2297台多く売れたことになる。

朝鮮日報は、日本は人口が韓国の2倍近く、年間の新車販売台数も約480万台で韓国の市場規模を2倍以上上回るとし、昨年まではベンツ、BMWの販売台数も韓国を上回っていた。しかし、最近は韓国で新車登録台数に占める輸入車の割合が14.5%(昨年時点)に達し、ベンツとBMWの韓国市場での成長率が平均40%を記録するなど急成長下と報じている。日本での両ブランドの販売台数を抜き去った格好だ。昨年時点で日本での輸入車販売割合は6%にとどまっている。

韓国内の輸入車販売において、2015年でベンツが4.7万台規模、BMWも4.7万台規模である。2016年にはベンツが5.6万台規模、BMWが4.8万台規模と増加している。しかし輸入車全体では2015年には24万台規模が22万台機微に落ちている。国内企業で2015年が158万台で、2016年が159万台であるから、1万台ほど国内販売は伸びている。海外販売台数では2015年で743万台で、2016年が730万台と13万台マイナスとなった。

何でも日本より上が好きな韓国である。ある輸入車で日本を追い越したことが何なのかを語ってほしいものだが…。日本での輸入車販売割合は6%という事は、自国企業で潤っているからよいのではないか…。一方で現代自低迷とは言え、程々の台数は確保しているわけで、韓国経済低迷の中で、高級ベンツやBMWで日本を上回って、経済上昇とでも言いたいのだろうか…。家計負債は増えているが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年05月22日 11:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp