韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】日本のスマホ市場シェア、サムスンは3.8%で5位

【韓国経済】日本のスマホ市場シェア、サムスンは3.8%で5位

日本のスマートフォン市場でアップルが51.3%を占めシェア1位に上がったと集計された。市場調査会社のストラテジーアナリティックス(SA)は22日、アップルが今年1-3月期に日本市場で400万台のスマートフォンを出荷し51.3%の市場シェアを記録したと明らかにした。

アップルの日本市場でのシェアは年を追うほどに上昇傾向を見せている。2012年の18.4%から、2013年が33.2%、2014年が40.8%、2015年が44.6%、2016年が54.0%を記録した。年間出荷量も2012年の670万台から2013年が1420万台、2014年が1760万台、2015年が1780万台、2016年が1960万台と着実に増えている。

アップルが日本のスマートフォン市場で半分を超えるなど市場支配力を誇示していることから他のスマートフォンメーカーの成績は目立たない。日本のソニーは1-3月期にスマートフォン110万台を出荷して13.5%のシェアを記録した。ソニーは出荷量で2位だが1位のアップルとの格差は大きい。富士通が5.9%、シャープが4.1%と続いた。

サムスン電子の1-3月期の日本のスマートフォン市場シェアは3.8%で5位にランクされた。サムスン電子の日本のスマートフォンシェアは2012年の14.8%から2013年に10.7%、2014年に5.6%、2015年に4.3%、2016年に3.4%と下落傾向を見せている。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
IDC Japanは、2016年第3四半期(7月~9月)の携帯電話とスマートフォンの日本国内出荷台数を発表している。スマートフォン出荷台数のうち、iPhoneが389万台出荷され、55.3%のシェアを獲得している。2位のシャープが12.5%、3位のソニーが11.1%と続き、以下、富士通が6.9%、京セラが6.7%と続いており、世界的にシェアを伸ばす中国系ブランドはトップ5には入っていない。一方、海外ではAndroidが安いために高いシェアを誇っている。

ZTE Warp、LG Motion、サムスン社のCaptivateなどといったモデルは1万円を切るほど安い端末代となっており、給与水準を考えると非常に魅力的と言える。インド・インドネシア・中国・ブラジルではiPhone 5(16GB)の価格は平均月収の2.5~3倍となる。ほとんどの国ではiPhoneは高級品扱いになっている。2016年度の世界シェアでみると、iOSは25%でAndroidで69%となる。世界で見ればアンドロイド主体となる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年05月22日 14:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
サムスンの携帯なんか使ってて
在日と間違えられたら、末代までの恥!
ご先祖様に顔向け出来ませんw

[ 2017/05/23 00:18 ] [ 編集 ]
出荷台数
出荷台数で比べたら韓国に勝てない。飛ばしの可能な決算だからね。メモリーもいっしょ。
作った半導体を自社製品に乗せる。しかも在庫の山。従業員は健康被害でばったばった逝ってしまう。これが現実。で金はみずほから借りる。しかも返さないし。
[ 2017/05/23 02:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL