韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  4カ国語を操る自販機が東京に上陸

4カ国語を操る自販機が東京に上陸

訪日外国人の数が年間2,000万人を大きく超えて増加している。昨年は過去最高となる2,403万9千人を記録し、今年も1月-4月の累計で昨年を上回るなど、今後も2020年の東京五輪もあり、一段と増加することが予想されている。増え続ける訪日外国人を迎えるにあたって、五輪招致で世界的に発信された「日本のお・も・て・な・し」が、ますます重要になってくる。

外国人が日本に来て驚くことの1つに「自販機の普及」が挙げられる。街中のいたるところに設置されている自販機は、日本特有の文化として大変高い関心がもたれている。そのような中、2016年4月より大阪・京都を中心に、中・韓・英・日の4カ国語で挨拶や自販機の使い方を説明する自販機が登場し、ちょっとした話題になっている。開発したのは、ダイドードリンコ。「訪日外国人を“おもてなし”する機能をもつインバウンド対応自販機」として、これまでに約60台を展開しているという。

この自販機が、いよいよ東京にも投入される。音声選択ボタンで、中国語、韓国語、英語、日本語の4カ国語から1つを選択。また、男性・女性の声も選択できる。ボタンを押すと、「ニーハオ!」「アニョハセヨ!」「ハロー!」「こんにちは!」で始まり、「お金を入れてお好きな商品のボタンを押してください」など、使い方をナビゲートしてくれる。その上で、中国で縁起が良いと言われる8が揃えば当たりになる「8888」ルーレットで、当たれば1本プレゼントもついている。

このインバウンド自販機は、導入によって1カ月あたりの販売本数が前年を上回るなどの効果がでているそうで、2017年度中に約300台へと拡大するという。
http://news.searchina.net/id/

【管理人 補足記事&コメント】
ダイドードリンコ株式会社では、2016年4月より大阪・京都を中心に訪日外国人向けの “おもてなし”として、「おしゃべり機能」などを活用したインバウンド対応自動販売機)を設置してきた。今年から展開エリアを拡大し、東京での導入を開始した。

●インバウンド対応自販機の機能について
(1) 音声選択ボタン(中国語、韓国語、英語、日本語の4か国語を男性・女性の声で喋り分け)
(2) 購入方法を説明するステッカーを貼付
(3) 商品カテゴリーを説明するステッカーを貼付
(4) 中国で縁起が良いと言われる8が揃えば当たりになる「8888」ルーレット(当たれば1本プレゼント)

【画像: http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103124/201705231993/_prw_PI1im_n8vIj404.png
ダイドードリンコ株式会社では、中・韓・英・日の4か国語で挨拶や自販機の使い方をおしゃべりして、訪日外国人を“おもてなし”する機能をもつインバウンド対応自販機を開発し、2016年4月より大阪・京都を中心に約60台展開してきた。その結果、1か月あたりの販売本数が前年を上回るロケーションが表れるなどの効果が見られているという。そこで、大阪・京都とともに、多くの外国人が訪れている東京でもインバウンド対応自販機を導入し、2017年度中に約300台へ拡大するとの事。日本の“おもてなし”文化の1つとして、インバウンド対応自販機を展開することで、日本の自販機の魅力を発信してゆくという。

多種類の自動販売機を設置し、観光の一つになるのも面白いが…。
自動販売機の歴史なども設置し、会話で応対できるとなお面白いのではないか…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年05月26日 14:20 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL