韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】日本の対外純資産が349兆円…対米投資は過去最高の53兆円

【韓国経済】日本の対外純資産が349兆円…対米投資は過去最高の53兆円

日本が26年連続で世界最大の純債権国の座を守った。 26日、日本財務省によると、日本の対外純資産は2016年末の時点で前年比2.9%となる349兆1120億円だった。 日本企業の海外M&A(企業の合併・買収)等が加速して直接投資が増え、国内投資家の外債投資も拡大した。 対外資産残高は前年末比5.0%増となる997兆7710億円、対外負債残高は6.2%増となる648兆6580億円と7年連続で増加した。

特に、日本の国別対外投資額のうち、米国に対する直接投資の残高は53兆1842億円で過去最高水準を記録した。対外純資産とは、国が海外に保有している資産から負債を除いたものをいう。具体的な形態は,資産としては外貨準備、銀行の対外融資残高、企業の直接投資残高などがあり、負債としては海外からの証券投資、借入金などがある。この純資産の増加額は、ほぼ経常収支の黒字に等しくなる。国際収支が企業の損益計算書とすれば,対外純資産は貸借対照表だといえる。




【管理人 補足記事&コメント】
財務省は26日、日本の政府や企業、個人投資家が海外に持つ資産から負債を差し引いた平成28年末時点の対外純資産残高が349兆1120億円だったと発表した。 この数値は、27年末に比べて2・9%増えている。日本は平成3年から26年連続で世界最大の債権国となった。日本企業による海外企業のM&A(合併・買収)など直接投資が増えたほか、国内投資家の外債投資が拡大した。一方、米国向けの直接投資は、日本企業の現地生産などが進み、5・4%増の53兆1842億円となり、過去最大を更新した。

対外純資産の増加は2年ぶりで、26年末(363兆4090億円)に次ぐ2番目の高水準となった。対外資産残高は5・0%増の997兆7710億円で8年連続増加。機関投資家による証券投資が増え、保有する外国証券の価格が上昇したことなどが寄与したとみられる。対外負債残高は6.2%増の648兆6580億円と7年連続で増加。海外投資家による日本の株や債権の取得額が増えている。日本に次いで対外純資産額が多かったのは、中国で210兆3027億円。3位はドイツで209兆9234億円となる。

金融危機・財政危機を引き起こしている国の共通点は、経常収支が赤字であり、対外純資産がマイナスである事が条件となる。ただし、経常収支が赤字であるオーストラリアや世界最大の対外純債務国家であるアメリカを考慮すると、対外純資産がマイナスだけでは判断は難しい。対外純資産がマイナスは、国家破綻に必要な条件のひとつでしかない。韓国についても対外純資産がマイナスに突入している。条件の一つである。

韓国は2010年度のデータで1480億ドルの対外純負債を抱えているが、日本の下支えや、大手企業は大半が外資系企業である。しかも日本の企業統治下にあり、日米の金融統治下でもある。崩壊したくても下支えが強すぎて、逆に困りごととなる。韓国通貨危機が恐れられているが、社会情勢は昨年から韓国通過危機状態とほぼ同じ状態である。すでにIMFから融資を受けたりと、アジア通貨危機も経験しているわけで、多少は知恵がついているのだろう。ただ貿易依存度が高く、為替に左右され、挙句に貿易大国で動かすドル量は大きいだけに、危険が付きまとうが…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年05月27日 11:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL