韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国で中古車市場がなかなか拡大しない理由

中国で中古車市場がなかなか拡大しない理由

消費者のニーズに合わせて商品を販売することは商売をしていくうえで当たり前のことだ。日本人消費者にとって「中古車」は非常に身近な存在だと言えるが、世界最大の自動車大国となった中国では中古車は、まだ消費者のニーズに合致した存在とは言えないようだ。

中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の中古車販売台数は新車販売台数を上回っているのに、「なぜ中国人は中古車を購入しないのか」と疑問を投げかけ、その理由を考察する記事を掲載した。記事はまず、多くの人が知っていることとして、「ヨーロッパやアメリカ、そして日本など、自動車産業の発展している国において、中古車やクラッシックカーなどの中古車産業も新車販売市場に負けてはいない」と紹介した。では、なぜ中国の中古車市場はまだ発展していないのだろうか。

その理由として、米国で有名な中古車情報誌やヨーロッパにおける中古車販売のインターネットサイトを例に挙げ、「中古車市場が拡大していくには、自動車文化、消費の概念、政府の政策などが関係してくる」が、中国では「中古車市場についての情報が不足していることに加えて、中古車の走行距離を偽るなど悪いことをたくらむ人も多い」ことを紹介。ゆえに、「中国の消費者は、中古車を購入することに二の足を踏んでいる」と紹介した。

さらに、中古車市場の不透明さも中古車市場が拡大していかない理由だとした。例えば、車の程度や修理回数や状況について、消費者が購入するときにはそうした情報が提供されない場合も多いと指摘。購入後、車に問題が発生した場合、誰が責任を負うのか、誰が処理する問題なのかも明確ではない。「多くの中古車業者は、問題が発生しても責任を負わない」ことも中古車市場発展の妨げとなっている理由だとした。



中国においても、経済力に限りがある人にとって中古車はとても良い選択肢だ。だが、多くの中国人は、「豪華な中古車ではなくてコンパクトな新車を選ぶ」と紹介した。理由として、中古車は「後々多くの費用が必要になってくる」ことだと紹介。しかし、近年、中国の中古車業者が提供する中古車の質が向上してきていることも紹介し、消費者の懸念を払拭できれば、今後、中国の中古車市場も発展を見せるだろうと結んでいる。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
中古車業界の規模の推移を見ることでその市場の大まかな現状や動向を把握することが出来る。平成27-28年の中古車業界の業界規模(主要対象企業12社の売上高の合計)は5,678億円となっている。中古車業界の過去の推移を見ると、平成19年までは増加傾向にあったが、平成19年以降は減少、横ばいとなり、平成25年には増加に転じ、平成27年も堅調な推移を見せている。平成19年までの中古車業界をけん引してきたのが買取及びオークション型の企業。業界最大手のガリバーインターナショナルをはじめ、ユー・エス・エス、アップルインターナショナル、カーチスなど買取・オークション型企業が好調な業績を残した。

しかし、米国におけるサブプライムローン問題に端を発した世界的な金融危機による影響が自動車流通市場にも直撃。自動車販売台数が大幅に減少。また、中古車オークション市場の相場も下落し、各社とも厳しい結果となった。平成24年に入り、エコカー補助金の影響もあり新車販売が好調。こうした影響により、下取り、買取りなどオークション市場が活況となり、平成25年には、日本経済の景況感の回復、消費増税前の駆け込み需要などが追い風となり、プラスに転じている。と同時に、中古車とは言えサービスと品質の競争も激化しているわけで、同時に価格競争はさらに激しい。と考えれば、中国では中古車の信頼となると難しい…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年05月29日 13:13 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
車検とか在るんすかね?
 だいたい、 支那人の車の取り
扱い方も方も分からんですし、
思うに、オイル交換すらロクにしない
のでは? なんつう疑問も出て
来るっす。

 でもまあ、 中古車が大規模に
流通するようになれば、 日本車
の耐久性も再々認識されるカモ?

 ただ、 支那人の商売だと、 記
事の指摘にも在るように、 売り
逃げみたいな事になるんでしょ
うね、 見た目はピカピカ、 中身は
ボロボロなんちゅう事は、 支那人
は得意そうっす。

 それにしても、 支那人は新車
を購入したら、 乗り潰すんすか
ね?

 エンジン&ミッションなんかのリビルド
技術を持った会社なんかも、 あ
りそうにないっすし。 日本や欧
米には在るんすよね、 凄い技術
を持ってる再生メーカーなんかも。
何でも、 折れたクランクシャフトなんか
でも繋いでしまうくらいなんだ
とか、KTMって言ったかなぁ~。

 フランスなんかだと、 シトロエン2CVな
んつう70年も前のクルマでも、 「新
車」 で買えちゃうみたいっすし
ね。 メアリ・カシス社っつう会社が、意
地で、 昔の設計のまま生産して
るらしいっす。 すんごいですね
ぇ~! 脱帽っす。
[ 2017/05/29 20:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL