韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】現代ウィア、後輪駆動ベースの四輪駆動システムを韓国内初開発

【韓国経済】現代ウィア、後輪駆動ベースの四輪駆動システムを韓国内初開発

現代(ヒョンデ)自動車グループ系列の自動車部品メーカーである現代ウィアが、起亜(キア)自動車のスティンガーに搭載する四輪駆動システム(AWD)の韓国国産化に成功した。9日、現代ウィアは、後輪基盤電子式AWDシステムであるATC(Active Transfer Case)の開発を終えて量産に入ったと明らかにした。

ATCは、後輪駆動方式の自動車で動力の一部を前輪に伝えて四輪を同時に回す部品である。これまで全量を海外輸入に頼ってきたが、今回、韓国内で初めて現代ウィアが開発に成功した。現代ウィアは、従来の海外製品と比較したときの性能においても引けを取らないと明らかにした。

後ろから前に伝わる動力伝達効率を最大化させることで、エネルギー損失がほとんど生じないようにしており、騒音も最小化した。量産は、慶南昌原(キョンナム・チャンウォン)にある現代ウィア昌原第2工場で行われ、年間生産4万台、年間売上200億ウォン以上になるものとみられる。
http://japanese.donga.com/




【管理人 補足記事&コメント】
現在は多彩な駆動方式を採用しているBMWですが、「駆け抜ける歓び」をテーマに掲げる同社のラインナップの中心はFR(後輪駆動)車となる。BMWが2015年に開発した四輪駆動システム「xDrive」は、走る歓びと安全性を両立していると言える。「xDrive」の大きな特徴は、ステアリングの切れ角やホイールの回転速度などの車両データから危険を察知した場合、瞬時のうちに駆動力を前後タイヤに配分するインテリジェンスなシステムだという。

二輪駆動とくらべ、四輪駆動の大きなアドバンテージは四輪全てのタイヤに動力を伝達するため路面とのグリップ力(摩擦力)が高いい。 ただ、多くの車種が採用している四輪駆動方式はホイールが空転し始めて駆動トルク配分を行う機械式であるために、路面状況によっては一瞬、不安定な状態に陥ることが出てくることがある。「xDrive」が採用したのは、路面や走行状況を常にモニターして走りが不安定な状態に陥る前に、システムが瞬時に前後アクスルへの駆動トルク配分をコントロールする電子制御式となる。

ひとつのタイヤが空転しても、路面に接地している別のタイヤにより多くのトラクションを与え、最大限のグリップ力を発揮するメリットを持っているため悪路を安心して走り抜けることを可能とした。「xDrive」の特徴は、電子制御式多板クラッチを用いて、前後アクスル(車軸)へ路面状況に応じて柔軟に駆動力を配分していることです。詳しく説明すると、クルマを走らせている状況に応じて駆動力を前50:後50から前0:後100までの広い範囲で自在に配分できるため、あらゆる路面で最大限のトラクションを発揮できるシステムと言える。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年05月30日 12:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
正直に..
 さっぱりと正直に 「やっとこ
さパクれたニダ」 って書きゃあエエ
のに。

 これじゃあ アアタ、 「女性の貧
困について実直に調査」 と発言
した元官僚トップと変わらんじゃ
ないっすか?

 愚生も 「女性の貧困について
」 実地に調査したいんやけど、
先に立つモンが無いから出来まへ
ん、MONさんでもフーガさんでも田
中さんでも、 誰でもエエから、 軍
資金、 もとい 「調査経費」 出し
てくれまへんか?

 調査実施地域は歌舞伎町!

[ 2017/05/30 15:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL