韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  東南アジアで日本車に挑む中国車、独壇場に日本企業が警戒するワケ

東南アジアで日本車に挑む中国車、独壇場に日本企業が警戒するワケ

東南アジアは成長著しい新興国が数多く存在し、自動車市場も急成長を遂げている。中国メディアの捜狐は31日、数年前は中国人にすら質を疑問視されていた中国車が近年、日本の自動車メーカーに「東南アジアで戦いを挑んでいる」と伝える記事を掲載した。

記事は、東南アジアの人口は6億人を超え、成長著しいことを指摘しつつ、日本の自動車メーカーはすでに東南アジアの自動車市場で約75%という極めて大きなシェアを獲得していることを伝え、日本の各メーカーにとって非常に重要な市場となっていることを指摘した。一方、中国の吉利汽車や上海汽車、長城汽車といった自動車メーカーが近年、相次いで東南アジア市場に進出していることを紹介し、中国メーカーの動きについて、「危機意識の強い日本企業は市場を撹乱しかねない存在である中国自動車メーカーに強い警戒感を示している」とした。

中国自動車メーカーの東南アジア市場におけるシェアは全体の0.2%ほどにとどまり、日本メーカーのシェアとは圧倒的な差があることを紹介する一方、中国メーカーの強みはやはり「低価格」であることだと指摘。また、電気自動車(EV)では日本を先行しており、各国が環境保護政策などを打ち出せば、中国メーカーにも勝算はあるはずだと主張した。




また記事は、中国自動車メーカーの競争力は「数年前に比べて格段に向上している」と主張。東南アジアにおける消費者の中国車に対する認知を変えるためには長い時間がかかるとしながらも、中国の消費者は「中国ブランドの進歩をすでに知っているはずだ」と指摘した。さらに、「独壇場」にある日本車の地位をひっくり返すのは難しいとしても、中国政府が展開する「一帯一路」戦略を背景に、東南アジア諸国は中国メーカーに対して「門を開きつつある」と主張、こうした要因があるからこそ日本の自動車メーカーは中国メーカーの動きに危機感を感じているのだと論じた。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
世界の注目を集めている「低価格車」戦略の主戦場となりつつあるインド、中国に焦点を当てると、インドの低価格車開発・生産は、低コスト化設計手法を用いており、日本メーカーとしても学ぶべきところがある。中国は、旺盛な国内需要を満たすため、地場メーカーは当面、商品のフルライン化を急ぐ戦略にある一方で、今後の潜在需要としての電動 2 輪車メーカーの 4 輪車市場への参入可能性もみえてきた。なお、新エネルギー動力源の電気自動車に関しては、両国の地場メーカーにあって、新興国よりも欧米先進諸国への市場投入を計画している。

日本の自動車産業にとっては、地場メーカーが持つ低コスト化のノウハウ等を活用した戦略的提携のあり方、日本の空洞化懸念から国内産業振興の必要性、品質重視の従来型の発想を転換した技術革新の必要性を提言した。さらに、インド、中国、ASEANの EPA/FTA の影響は、部品メーカーにとって各市場のアクセスに好機となるため、アジア規模での最適調達から多極的集中調達への可能性を考慮する必要がある。インド、中国の両国の乗用車市場では、税制優遇の恩恵が受けられる小型車の比率が高くなっており、インドでは地場メーカーが従来から低価格の小型車を販売しており、外資系メーカーは新型の低価格車の現地生産化を急いでいる。

一方、中国メーカーのエンジンは日本とは言え、価格が安く、他の新興国で受け入れられれば脅威となる。ただ日本をはじめ世界企業が進出しており、それぞれ国に見合った方法と取っている。一方で限界もあるわけで、インドで断トツとなるスズキはトヨタと提携し模索している。今後は先端をゆく企業同士の提携と連携が必要となる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月01日 12:18 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(3)
まぁ、 甘くはみない方が..
 ホンダが4輪を始めた頃は、 当
時の通産省や運輸省まで 「やめ
れ」 つってたようですが、 立志
伝中の 「本田宗一郎」 が居てさ
え、 お役所はそんな感じ。 市場
だって最初は、 ホンダのクルマは、い
かにも安普請ってな捉え方をし
ていたように思うっす。

 初めて 「Nッコロ(N360)」 のエンジ
ンルームを見たとき、 まんま空冷バ
ーチカル・ツインのバイクのエンジンで、面白
かったのを覚えるっす。

 その前に、S800だとかTN360と
か、スポーツカーやDOHCの軽トラなんつ
う変態的にユニークな商品開発はや
ってましたけどね。

 N360は、 何だかんだ言っても
安くて、軽くてパワフルだったよう
で、 商用車への応用には当初は
向かなかったが、 車の普及に相
当貢献したのも事実。 んだモンで
、 どこが、 どんな形で出て来る
かなんて分かりませんよ。

 尤も、 支那みたいな共産圏で
夢のある商品がどこまで出来る
かは大いに疑問もありますけん
どね。 その代わりスケールメリットとか
国家の後押し、 相当汚い手段も
含めて、 そういうモンは有ります
わな。 日本だと考えられないっ
すが。

[ 2017/06/01 20:48 ] [ 編集 ]
日本の中古車が
日本車の価値は、まず中古車で認知されていると見えます。
中国車が最初に戦う相手は日本の中古車ではないか。
もちろん、各地域に合った車種、仕様、価格帯があるから、
中国車が売るセグメントはあると思います。

4月に日本の中古車は11万6000台輸出されていて
そのうちアジア圏は、

パキスタン
ミャンマー
モンゴル
ロシア
フィリピン
バングラデシュ
スリランカ
マレーシア
シンガポール

Youtubeで市街地風景を見ると、まさに
日本の中古車がいっぱいです。
カローラが一番多い。
うわさでは、カローラには「廃車」ということがないと。
[ 2017/06/02 00:26 ] [ 編集 ]
日本車の強みは..
 やっぱ耐久性と信頼性だと思
うっす、 過酷なアジア市場では、
こりゃやっぱ強みだと思うんす
よね。

 簡単にゃあ壊れないし、 壊れ
ても直ぐに安く直せる。

 サービスも性能のうち、なんて言
ってたのは、 大塚商会だったカナ
? でも実際、 その部分だけは
当時の巨人、IBMも敵ではなかっ
た記憶があります、 動かないオフ
コンの話はアチコチにゴロゴロ在った。
客もスキルが要求された。 IBMは筐
体を売るだけみたいな..今は知
らんすけど、拙い経験っす。 な
んせ、 ワテクシの座右の銘っつうか
は 「おんぶに抱っこ」 だったっ
すから(今も大して変わらん)。

 支那製のクルマ、 高温多湿やら、
砂漠の乾燥やら埃やら、 凸凹道
での走破性やら、 はたまたディー
ラーの対応やら、 日本車に、 どれ
だけ肉薄できるっしょうか?

 ある意味でオモロイっすね!
[ 2017/06/02 05:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL