韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  世界の小売店舗がネットショッピングに苦しむ中、日本だけが元気なワケ

世界の小売店舗がネットショッピングに苦しむ中、日本だけが元気なワケ

中国メディア・今日頭条は5月31日、オンライン小売業の発展に伴って世界的にオフライン小売業が苦戦を強いられているなか、日本の実体小売業は着実に発展している理由について考察した記事を掲載した。記事は、インターネット技術の成熟に伴ってオンライン小売業が従来の小売業に衝撃を与えているとし、米国では今年に入って9社の小売企業が破産し、中国でも実体店舗が生存の危機に立たされていると紹介。そのうえで、日本のオフライン小売業が良好な状態を保っている秘訣を分析している。

そのヒントは「極致」という言葉にあるという。記事は、日本の小売業はもはや旧来のものとは異なり、極致まで高められたものであると説明。デパートでは男性用商品と女性用商品がそれぞれ別のフロアに独立して存在し、各種商品のバリエーションも十分であるとともに、ジャンルの区分けが非常に明確だとした。また、消費者と連動を生み出すことに長けているほか、特に母の日や父の日をはじめとする各種プレゼント用品を目玉の1つに据えており「プレゼントの花を買うついでに他の商品も買う」という模式が存在するとしている。

記事によると、中国の小売業もモデルチェンジを図っている最中であり、その例として「ネットで注文して、店舗で受け取る」という業務の発展に力が注がれていると伝えた。 日本でもインターネットで注文して宅配便で届けてもらう機会が多くなったが、大切なものを購入する時には自分の目で確かめてから決めたいと思う人が多いのではないだろうか。




そしてまた、お店に足を運んで好きな商品を眺めたり、ある商品に一目ぼれしたりするのを楽しむ人も少なくない。実体店舗がオンライン小売業に負けないための一要素として、行って楽しいかどうかというのもありそうだ。
http://news.searchina.net/id/

【管理人 補足記事&コメント】
日本では、宅配便事業者から運賃の引き上げ要請を受け通販企業が対応に追われている。ヤマト運輸が4月末に大口顧客1000社に対して値上げと荷受量の抑制などを要請する交渉に着手していくことを明らかにしている。佐川急便をはじめとした他の宅配便事業者も値上げの動きを強めている。ドライバー不足が深刻化する輸送業界全般で労働環境の改善を進める動きが一層強まると見られ、運賃引き上げを飲まざるを得ない状況にある。

ヤマト運輸が4月末に運賃引き上げや荷受量の抑制などを内容とした「2017年度『デリバリー事業構造改革』」を発表した後、ニッセンは5月24日から5000円未満の購入の場合390円の運賃を徴収していたのを490円へと100円増額した。また別の大手総合通販企業も運賃の顧客負担額を増やす意向を示している。大手通販企業のこうした一連の動きは他の通販企業にも波及するものと考えられ、顧客負担部分を増額し今回の宅配便運賃値上げに対応していく企業が増えることが予想できる。

私はよくAmazonを利用するのだが、今現在では通常宅配もお急ぎ便もほとんど変わりがない状態だ。模索中だろうか…。今後の宅配便の改革実施が始まれば、またさらなるアイデアで雇用が生まれる可能性もあるが、今現在は厳しい状態にある。厳しい状態と言うのは、改革と背中合わせであるから、是非画期的なアイデアで乗り越えてほしいものである。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年06月02日 13:27 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
とっくに廃業してますが..
 ワテクシの遠縁に 「桶屋の才ちゃ
ん」 と言う者が居りましたが、
ワテクシが紅顔の美少年で有った幼
少期でも、 店にお客が入ってる
のを見たことがなかったように
記憶してますが、 時は下ってワテ
クシがイケメン高校生だった頃、 ほん
の一時期でしたが、 割とお客が
入って居りました。

 桶屋も普通に桶をコサえてたん
じゃあ商いにはならんのですよ
、 んで、 一時的にせよ、 お客が
入っていた理由なんですが、 桶
の技術を応用した湯豆腐セット か
なんかだったようっす、 それが
冬場で、 夏場は パッタリかと思っ
ていたら、 ビールやら冷酒を冷や
しておくバスケット代わりとして、
これも案外売れたんだとか。

 タバコ屋やコンビニなんて、道筋が
少し変わっただけで売れなくな
ったり馬鹿売れしたり、 商いも
これで仲々難しゅう御座います
なぁ~、 ねぇ、 MONの旦那さま。
[ 2017/06/02 22:12 ] [ 編集 ]
スーパーとコンビニで
「極致」・・・そんな高級な特徴で商うのは
ごく一部ですよ。

日本では道路沿いの小売店舗の大半は廃業した。
普通の品物を買うのはスーパーとコンビニ。
バックにあるのは仕入れと配送の集約です。

あと一つ、観光要素を加えた道の駅。
こちらも、棚の在庫が減ると電話一本で
農家がモノを持ってくる。
農家は常に待機しているのではないか。
[ 2017/06/03 00:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL