韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  【韓国経済】文在寅大統領では止められぬ・・・財閥企業の海外移転

【韓国経済】文在寅大統領では止められぬ・・・財閥企業の海外移転

改めて、韓国はグローバリズムの優等生だ。グローバリズムとは、モノ、ヒト、カネの国境を越えた移動を自由化し、世界を「フラットな市場」として捉える考え方である。グローバルなビジネスを拡大するためには、当然ながら国民の賃金は「安い」方が都合がいい。(夕刊フジ)

賃金に限らず、大手輸出企業が国内の下請け企業から買いたたき、売り上げ総利益(粗利益)を増やし、各種の利益を圧縮し、法人税も政府に引き下げさせた方が、株主の配当金の原資たる最終利益は増える。グローバル株主に支配された国の企業は、配当金最大化のために、国内の企業や生産者、政府に「損」をさせる必要があるのだ。 無論、上記のスキームを実現するためには、大手輸出企業やグローバル株主に「政治力」がなければならない。実際、過去の韓国政権は大手輸出企業に支配され、韓国国民が望む経済民主化(財閥経済からの脱却)は果たせないままだった。

現在、韓国では財閥企業が不思議な動きを見せている。韓国財界が政治力を発揮する際の「窓口」であった、全国経済人連合会(全経連)から、財閥企業が続々と脱退していっているのだ。 現代自動車は2月21日、全経連を正式に脱退した。実は、すでにサムスン、LG、SKといった大手財閥も、全経連から脱退している。サムスン、LG、SK、現代自の四大財閥は2015年基準で、全経連の年会費の77%を負担していたとされる。韓国の経団連である全経連は、このまま解体に向かうのだろう。





全経連は、前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告が実質的に支配していた2つの財団への大企業からの寄付を主導したことで、韓国国民の怨嗟(えんさ)の的となり、解体を求める声が大きくなっている。このまま、韓国は最大の「ロビイスト」たる全経連を解体し、財閥企業は韓国国民のための企業として、生まれ変わるのだろうか。

残念なことに、そうはならない。何しろ、韓国はグローバリズムの下で「カネの移動」が自由化されている。すなわち、財閥企業が資本や生産拠点を外国に移転することを止めることはできない。全経連が解体され、韓国政府に対し政治力を発揮できなくなった韓国の財閥企業は、より「おいしい」国へと本拠を移すだろう。文在寅(ムン・ジェイン)新大統領が「積弊清算」(=旧体制の弊害を清算する)と叫んでいる以上、尚更である。
http://www.sankei.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国では、サムスン電子のほかに若者が就職を希望しているのは、現代自動車やLG電子、SKテレコムといった財閥企業となる。 しかし現在、韓国の20代の青年失業率は10%を超える割合で推移しており、就職は困難を極めている。狭き門をくぐり抜けて就職した財閥企業が経営不振に陥るケースが続いている。最近では、韓国の海運最大手、韓進海運が経営破綻して世界中で入港を拒否されるという事態になっている。ほかにも、東洋グループ、STXグループ、熊津グループといった財閥系企業が立て続けに倒産している。

国内総生産の約70%を財閥企業が占める韓国にあって、その財閥企業すらも信頼できないほど経済が悪化している。そのため、最新の調査では、大学生の8割以上が海外企業への就職を望んでいるという。実際に海外へ出られる人は多くはないと考えられるが、今や韓国は若者に見捨てられつつあるといっても過言ではない。優秀な人材が海外に流出してしまえば、韓国の未来はさらに暗いものになる。

一方で韓国の財閥企業は、自国に法人税を払い、一方で外資家企業であるから、海外株主への配当は出来るだけ高く配当を実施したいわけで、全国経済人連合会から、財閥企業が続々と脱退も、余計な負担を減らすという行動に過ぎない。また日本のような内需型国家ではないので、海外における比率を高めないと、利益を出せない状態にあるわけで、経営者は韓国財閥でも製造企業の開発技術を含め、主力は海外工場になりつつある。中国依存度を高めた結果、業績低迷状が加速したわけで、さらに今後は他の新興国などへ移動するだろう。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年06月03日 09:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
右腕はだれだ
文在寅は内政には手を打ったつもりで、批判をかわすネタはある。
企業の海外移転は彼にはどうでもいいこと。
手が出ないのは外交、そこで潘基文と組むことにした。
潘基文に協力要請したそうだ。驚きの左右合作。

次期外相(候補)の康京和という実力不明の女性が、元国連勤務だから
潘基文とは相性がいいだろう。しかしこの人では親北の役は張れない。
康京和という人は慰安婦問題を蒸し返して仕事を作ろうと企てている。
二国間外交は無理っぽい。
[ 2017/06/04 00:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp